モーニングレクチャー
2022年08月25日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Albuminuria-Lowering Effect of Dapagliflozin, Eplerenone, and Their Combination in Patients with Chronic Kidney Disease: A Randomized Crossover Clinical Trial
Author:
Provenzano M, et al
DATA:
J Am Soc Nephrol . 2022 Aug;33(8):1569-1580.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35440501/
Discussion:
CKD患者を対象としたrandomized open-label crossover trialにおいて,ダパグリフロジンとエプレレノンの併用は両単剤と比較し,有意に強いアルブミン尿減少効果を認めた.

2022年08月18日(木) 担当:原 奈都子(初期研修医2年)
Reference:
Title:
Prolonged Use of Proton Pump Inhibitors and Risk of Type 2 Diabetes: Results From a Large Population-Based Nested Case-Control Study
Author:
Stefano Ciardullo
DATA:
J Clin Endocrinol Metab . 2022 Jun 16;107(7):e2671-e2679.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35428888/
Discussion:
PPI による長期間の治療が特に若年層や他の患者集団に比べて臨床的複雑性が高い患者において、糖尿病発症の高リスクと関連する可能性が示唆された。
Category:
2型糖尿病
2022年08月18日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Reduced hypoglycaemia using liver-targeted insulin in individuals with type 1 diabetes
Author:
Ruth S Weinstock
DATA:
Diabetes Obes Metab . 2022 Sep;24(9):1762-1769.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35546449/
Discussion:
頻回インスリン注射法で HbA1c<8.5%の1型糖尿病患者において、肝臓を標的とした食前インスリン (HDV-リスプロインスリン)による治療により血糖値を上昇させることなく、低血糖イベントと症候性低血糖を減少させることができた。

2022年08月04日(木) 担当:徳永修也(初期臨床研修1年目)
Reference:
Title:
Impact of Insulin Therapies on Cancer Incidence in Type 1 and Type 2 Diabetes: A Population-Based Cohort Study in Reggio Emilia, Italy
Author:
Massimo Vicentini
DATA:
Cancers (Basel) . 2022 May 31;14(11):2719.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35681699/
Discussion:
Discussion:非糖尿病患者と比べて、2型糖尿病患者は癌の罹患率が20%高かったが、1型糖尿病患者は、罹患率の上昇は顕著ではなかった。インスリン使用により19%の癌罹患率が上昇した。インスリン単独治療では癌罹患率は38%上昇した。特に肝臓、膵臓、膀胱、神経内分泌癌はインスリン使用と発癌の関連性が強かった。
Category:
その他
2022年07月28日(木) 担当:斎藤大幹(後期研修医)
Reference:
Title:
Health impact of seven herpesviruses on (pre)diabetes incidence and HbA1c: results from the KORA cohort
Author:
Tim Woelfle et al
DATA:
Diabetologia . 2022 Aug;65(8):1328-1338.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35538159/
Discussion:
HSV2 及び CMV は糖代謝異常の発症に寄与している可能性がある。
今後、効果的なワクチンの開発を含むウイルス予防戦略をすすめていく必要がある。

Category:
2型糖尿病
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ