モーニングレクチャー
その他合併症
2021年12月23日(木) 担当:中西 遥(初期研修医2年)
Reference:
Title:
Effects of Glycemic Control on Hearing Outcomes in Diabetes Patients With Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss.
Author:
Euyhyun park
DATA:
J Int Adv Otol. 2021 Mar;17(2):109-114. doi: 10.5152/JIAO.2021.9276.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33893779/
Discussion:
発症前の血糖コントロールは突発性難聴の重症度に影響を及ばしたが,発症前後の厳格な血糖コントロールは聴力回復に影響はなかったた。また、発症から治療まで期間が長いこと、めまいがあること、70dB以上の重度な難聴であることの3つが聴力回復の予後不良因子であり、早期の治療が大切であると考えられた。
2021年11月25日(木) 担当:荒川 奈緒子(初期研修医2年)
Reference:
Title:
Increased Risk of Incident Heart Failure and Death Is Associated With Insulin Resistance in People With Newly Diagnosed Type 2 Diabetes: UKPDS 89.
Author:
Malgorzata Wamil
DATA:
Diabetes Care. 2021 Aug;44(8):1877-1884. doi: 10.2337/dc21-0429. Epub 2021 Jun 23.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34162666/
Discussion:
2型糖尿病の診断時に測定されたHOMA2-IRは心不全発症と将来の死亡のリスクを予測する重要なリスク因子となり得る。HOMA2-IR高値の患者を抽出し、心不全に効果があるとされるSGLT-2阻害薬を使用することで心不全発症を抑制できる可能性が考えられた。
2020年02月26日(水) 担当:高松 優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Higher free triiodothyronine concentration is associated with lower prevalence of microangiopathic complications and better metabolic control in adult euthyroid people with type 1 diabetes.
Author:
Falkowski B
DATA:
Endocrine. 2018 Jun;60(3):458-465. doi: 10.1007/s12020-018-1582-8. Epub 2018 Mar 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29603069
Discussion:
細血管障害がある群と比較して、細血管合併症の存在のない1型糖尿病患者は FT3 濃度が高く、FT3 と HbA1c は負の相関であり、HbA1c はFT4 よりも強い因子であった。
2019年12月14日(土) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Associations of dairy intake with risk of mortality in women and men: three prospective cohort studies.
Author:
Ding M
DATA:
BMJ. 2019 Nov 27;367:l6204. doi: 10.1136/bmj.l6204.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31776125
Discussion:
乳製品の摂取と死亡との関連において、明らかな逆相関や非相関は認めず、むしろその全摂取量は軽度の全死亡リスク上昇と、また、癌死亡については用量依存性のリスク上昇の可能性が示唆された。全乳の摂取は心血管死や癌死を含めた死亡リスクの上昇との関連があることが示唆された。これらは乳製品の代替により、リスク変化をさせられる可能性も認めた。
2019年11月14日(木) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors in Patients With Type 1 Diabetes and Rates of Diabetic Ketoacidosis.
Author:
Hampp C
DATA:
Diabetes Care. 2019 Oct 10. pii: dc191481. doi: 10.2337/dc19-1481. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31601640
Discussion:
  • SGLT 2 阻害薬を投与した患者に占める 1 型糖尿病患者の割合は研究対象全体としては低かったが、若年者で高かった。
  • 1 型糖尿病に SGLT 2 阻害薬を適応外使用した患者の中で、特に 45 歳未満の女性の DKA リスクが顕著だった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ