モーニングレクチャー
2021年11月11日(木) 担当:井倉 和紀(助教)
Reference:
Title:
Long-term population-based trends in the incidence of cardiovascular disease in individuals with type 1 diabetes from Finland: a retrospective, nationwide, cohort study
Author:
Valma Harjutsalo
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2021 Sep;9(9):575-585.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34303414/
Discussion:
  • 1965年~1999年にフィンランドにて15歳未満で発症した1型糖尿病患者11,766名のうち1,761名が心血管疾患を発症。(観察期間中央値 29.6 年)
  • 若年発症の1型糖尿病患者において、心血管疾患の発症リスクは経年的に減少しているが、一般人口と比較するといまだ罹患率は高く、心血管疾患に対する早期かつ効果的な予防法の検討が必要である。
2021年11月04日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
②Effect of dapagliflozin on urinary albumin excretion in patients with chronic kidney disease with and without type 2 diabetes: a prespecified analysis from the DAPA-CKD trial
Author:
Jongs N, et al.
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol 2021;9:755-766
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34619106/
Discussion:
ダパグリフロジンは腎機能低下速度を緩徐にし、かつアルブミン尿減少効果を有することが再確認された.ダパグリフロジンの腎機能低下およびアルブミン尿に対する影響は、非糖尿病患者と比較し、2型糖尿病患者でより大きなベネフィットを有する可能性がある.

2021年11月04日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
①Effect of dapagliflozin on the rate of decline in kidney function in patients with chronic kidney disease with and without type 2 diabetes: a prespecified analysis from the DAPA-CKD trial
Author:
Heerspink HJL, et al.
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol 2021;9:743-754
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34619108/
Discussion:
Discussion:ダパグリフロジンは腎機能低下速度を緩徐にし、かつアルブミン尿減少効果を有することが再確認された.ダパグリフロジンの腎機能低下およびアルブミン尿に対する影響は、非糖尿病患者と比較し、2型糖尿病患者でより大きなベネフィットを有する可能性がある.

2021年11月04日(木) 担当:金箱勇太郎 (医療練士)
Reference:
Title:
The Beneficial Effects of Earlier Versus Later Implementation of Intensive Therapy in Type 1 Diabetes
Author:
John M Lachin
DATA:
Diabetes Care . 2021 Aug 11;dc211331. doi: 10.2337/dc21-1331.Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34380706/
Discussion:
DCCT 試験後の EDIC 試験に参加した 1 型糖尿病患者 1396 人を 1 ~ 10 年、11 ~ 20 年の前半、後半において HbA1c 7 % 、9 %の期間での大血管障害、eGFR の低下について比較試験を行った。
HbA1c 7 %を達成していた期間が前半であった患者群のほうが、HbA1c 7 % を後半期間に達成した患者より大血管障害、eGFR の低下のリスクは低かった。
1 型糖尿病において発症初期段階で HbA1c を改善することは、長期的な合併症予防において重要であることが示された。
2021年10月14日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
家族性高コレステロール血症 (FH)の最近の話題
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
病因、診断基準、知っておきたい検査項目、最近の治療について話した
Category:
脂質異常症
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ