モーニングレクチャー
肥満
2024年02月08日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Hemoglobin A1c and Type 2 Diabetes Incidence Among Adolescents With Overweight and Obesity
Author:
Francis M Hoe
DATA:
JAMA Netw Open . 2024 Jan 2;7(1):e2351322.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38231515/
Discussion:
・米国の肥満(BMI 85%タイル以上)青少年において, ベースラインのHbA1cが6%を超えるとT2D発症リスクは上昇する。他の関連リスクとして, 肥満度重症度, 加齢, 女性, アジア・太平洋諸島の人種があげられた。

・最もハイリスクな青少年においてどのような介入(例:生活習慣の変容, 薬物療法, 他の治療法)がT2D進行を最も効果的に予防できるかを評価判断するための今後の研究が必要である。


Category:
2型糖尿病肥満
2024年01月11日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of once-daily oral semaglutide 25 mg and 50 mg compared with 14 mg in adults with type 2 diabetes (PIONEER PLUS): a multicentre, randomised, phase 3b trial
Author:
Vanita R Aroda
DATA:
Lancet . 2023 Aug 26;402(10403):693-704.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37385279/
Discussion:
血糖コントロールが不十分である成人2型糖尿病患者において,セマグルチド25,50mgは,セマグルチド14mgに比し,強い血糖コントロール改善および体重減少効果を認めた.

2023年10月26日(木) 担当:山田 貴大(初期研修医 2 年)
Reference:
Title:
Trajectories of fasting glucose and glycated haemoglobin in obese and non-obese incident diabetes: Results from two large cohort studies
Author:
Hong-Jie Yu
DATA:
Diabetes Obes Metab . 2023 Oct;25(10):2835-2845.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37336785/
Discussion:
肥満の有無に関わらず糖尿病と診断される前の空腹時血糖の経過は同等であった。HbA1cに関しては、肥満糖尿病患者は非肥満糖尿病患者と比較し、より急激に高値となる傾向があった。非肥満患者における糖尿病発症のメカニズムを明らかにするには更なる研究が必要であると考えられた。
Category:
肥満
2023年09月28日(木) 担当:大屋純子(講師)
Reference:
Title:
Daily Oral GLP-1 Receptor Agonist Orforglipron for Adults with Obesity
Author:
Sean Wharton
DATA:
N Engl J Med . 2023 Sep 7;389(10):877-888.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37351564/
Discussion:
非ペプチド経口GLP-1受容体作動薬であるオルフォルグリプロンは、体重減少に有効であった。
安全性は既存のGLP-1受容体作動薬注射剤と同様であった。

Category:
肥満薬物療法
2023年09月28日(木) 担当:野村 華那(初期臨床研修医2年)
Reference:
Title:
Clinical and Safety Outcomes With GLP-1 Receptor Agonists and SGLT2 Inhibitors in Type 1 Diabetes: A Real-World Study
Author:
Khary Edwards
DATA:
J Clin Endocrinol Metab . 2023 Mar 10;108(4):920-930.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36268825/
Discussion:
1型糖尿病患者においてGLP-1RAは体重、HbA1c、総インスリン量の有意な減少をもたらし、インスリンに追加する有用な治療法となり得る。しかし、1型糖尿病患者におけるこれらの薬剤のリスク・ベネフィットを適切に判断するためには、2型糖尿病患者において実証された長期の心腎転帰に関するデータを、合併症の重大なリスクを有する1型糖尿病患者でも今後更なるフォローが重要となる。
Category:
1型糖尿病肥満
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ