モーニングレクチャー
肥満
2022年07月14日(木) 担当:大屋純子(講師)
Reference:
Title:
症例報告「当院における減量・代謝改善手術の経過」
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
内容:当院では、2021/2から減量・代謝改善手術(腹腔鏡下胃スリーブ切除術)を行っている。現在までに7例 (36-68歳, BMI 36.7-54.8kg/m2)施行しており、術後合併症なく経過している。
Category:
肥満
2022年06月09日(木) 担当:佐藤 恵(後期研修医)
Reference:
Title:
Semaglutide once a week in adults with overweight or obesity, with or without type 2 diabetes in an east Asian population (STEP 6): a randomised, double-blind, double-dummy, placebo-controlled, phase 3a trial
Author:
Takashi Kadowaki
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2022 Mar;10(3):193-206.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35131037/
Discussion:
2型糖尿病の有無に関わらず,東アジア人の肥満をもつ成人において,セマグルチド 2.4 mg/週の投与はプラセボと比較し,有意に体重と内臓脂肪面積を減少した.東アジア集団におけるセマグルチド 2.4 mg/週の投与は体重管理における治療選択肢となることが示唆された.
2022年03月31日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
②Diabetes, hypertension, body mass index, smoking and COVID-19-related mortality: a systematic review and meta-analysis of observational studies
Author:
Yahya Mahamat-Saleh
DATA:
BMJ Open . 2021 Oct 25;11(10):e052777
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34697120/
Discussion:
2021年05月13日(木) 担当:小倉 龍樹(初期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy of Sleeve Gastrectomy with Duodenal-Jejunal Bypass for the Treatment of Obese Severe Diabetes Patients in Japan: a Retrospective Multicenter Study
Author:
Takeshi Naitoh
DATA:
Obes Surg . 2018 Feb;28(2):497-505. doi: 10.1007/s11695-017-2874-4.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28795271/
Discussion:
ABCD score ≧ 6 の場合、LSGとLSG / DJB はともに効果的だった。ABCD score < 5 の場合、LSG / DJB が有意に効果的であった。
インスリン使用者やABCD score 低地の患者ではLSG / DJB がより推奨される。

Category:
肥満
2020年11月12日(木) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
Life expectancy after bariatric surgery in the Swedish obese subjects study.
Author:
Carlsson L, et al
DATA:
N Engl J Med 2020; 383; 1535-1543
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33053284/
Discussion:
スウェーデン肥満研究対象患者の30年弱の追跡により、減量手術は従来療法と比較し、死亡率を低下させ、平均寿命を3年延長させることが示された。
Category:
肥満
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ