モーニングレクチャー
肥満
2021年05月13日(木) 担当:小倉 龍樹(初期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy of Sleeve Gastrectomy with Duodenal-Jejunal Bypass for the Treatment of Obese Severe Diabetes Patients in Japan: a Retrospective Multicenter Study
Author:
Takeshi Naitoh
DATA:
Obes Surg . 2018 Feb;28(2):497-505. doi: 10.1007/s11695-017-2874-4.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28795271/
Discussion:
ABCD score ≧ 6 の場合、LSGとLSG / DJB はともに効果的だった。ABCD score < 5 の場合、LSG / DJB が有意に効果的であった。
インスリン使用者やABCD score 低地の患者ではLSG / DJB がより推奨される。

Category:
肥満
2020年11月12日(木) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
Life expectancy after bariatric surgery in the Swedish obese subjects study.
Author:
Carlsson L, et al
DATA:
N Engl J Med 2020; 383; 1535-1543
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33053284/
Discussion:
スウェーデン肥満研究対象患者の30年弱の追跡により、減量手術は従来療法と比較し、死亡率を低下させ、平均寿命を3年延長させることが示された。
Category:
肥満
2020年07月01日(水) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
A Randomized, Controlled Trial of Liraglutide for Adolescents with Obesity
Author:
Kelly AS
DATA:
N Engl J Med 2020; 382:2117-2128
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32233338/
Discussion:

12歳から18歳未満のBMI 30以上の肥満青年において,リラグルチド(3.0mg)と生活習慣療法を併用した場合,プラセボと生活習慣療法を併用した場合に比べてBMIの有意な低下がみられた.

2020年03月04日(水) 担当:片峰 亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Predicting 10-Year Risk of End-Organ Complications of Type 2 Diabetes With and Without Metabolic Surgery: A Machine Learning Approach.
Author:
Aminian A
DATA:
Diabetes Care. 2020 Feb 6. pii: dc192057. doi: 10.2337/dc19-2057. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32029638
Discussion:
IDCリスクスコアは肥満手術を施行した場合と施行しない場合の将来の心血管イベントの発生と死亡率を予測する。
Category:
肥満
2020年02月05日(水) 担当:大屋 純子(助教)
Reference:
Title:
Association of Metabolic Surgery With Major Adverse Cardiovascular Outcomes in Patients With Type 2 Diabetes and Obesity.
Author:
Aminian A
DATA:
JAMA. 2019 Sep 2. doi: 10.1001/jama.2019.14231. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31475297
Discussion:
肥満 2 型糖尿病患者に対するメタボリック手術は、通常治療群と比較して主要血管イベントの発生リスク低下と有意に関連していた。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ