モーニングレクチャー
2020年10月08日(木) 担当:三浦 渉(初期研修医)
Reference:
Title:
Once-Weekly Insulin for Type 2 Diabetes without Previous Insulin Treatment
Author:
Julio Rosenstock
DATA:
N Engl J Med . 2020 Nov 26;383(22):2107-2116. doi: 10.1056/NEJMoa2022474. Epub 2020 Sep 22.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32960514/
Discussion:

ウィークリーインスリン製剤(アイコデック)の第2相臨床試験である。

2型糖尿病患者を対象とし、アイコデックはデイリーインスリン製剤(グラルギン)と比較し非劣性であり、1週間のインスリン投与単位数はアイコデックの方が少ない単位数であった。

 

Category:
2型糖尿病
2020年09月03日(木) 担当:國司直史(初期研修医)
Reference:
Title:
Influenza Vaccination Is Associated With Reduced Cardiovascular Mortality in Adults With Diabetes: A Nationwide Cohort Study
Author:
Modin D
DATA:
Diabetes Care 2020;43:2226-2233
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32647052/
Discussion:
デンマークの全国登録データを用いて成人糖尿病患者におけるインフルエンザワクチン接種と心血管合併症との関連が検討された結果,ワクチン接種は全死亡,心血管死亡,急性心筋梗塞・脳卒中による死亡のリスク低減と有意な関連が認められた.
2020年08月13日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Variations between women and men in risk factors, treatments, cardiovascular disease incidence, and death in 27 high-income, middle-income, and low-income countries (PURE): a prospective cohort study
Author:
Marjan Walli-Attaei
DATA:
Lancet . 2020 Jul 11;396(10244):97-109. doi: 10.1016/S0140-6736(20)30543-2. Epub 2020 May 20.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32445693/
Discussion:
  • 心血管疾患の1次予防においては、心血管疾患の治療は女性では男性よりも、より行われていたが、2次予防では逆であった。
  • しかし、心血管疾患既往の有無によらず、男性より女性では良好な転機を示した。
  • 中低所得国においては、男女ともに精力的な心血管疾患の予防と治療を追求するべきである。
2020年08月05日(水) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Can sodium fluorescein cause contrast-induced nephropathy?
Author:
Donghwan Yun, et al.
DATA:
Nephrol Dial Transplant 2019 Nov 26;gfz243. doi: 10.1093/ndt/gfz243. Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31773157/
Discussion:
フルオレセイン蛍光眼底造影は副作用として腎障害を惹起する可能性が示唆された.さらに,腎障害を起こした患者ではその後に末期腎不全に至るリスクが高いかもしれない.
2020年07月09日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
①Glycemic Control in Type 1 Diabetes Mellitus During COVID-19 Quarantine and the Role of In-Home Physical Activity ②Blood Glucose Control During Lockdown for COVID-19: CGM Metrics in Italian Adults With Type 1 Diabetes
Author:
①Gianluca Tornese1, et al., ②Brunella Capaldo,, et al
DATA:
①DIABETES TECHNOLOGY & THERAPEUTICS 22(6), 462-467, 2020 ②Diabetes Care 2020 Aug; 43(8): e88-e89.
Abstract:
①https://doi.org/10.1089/dia.2020.0169 ②https://doi.org/10.2337/dc20-1127
Discussion:
①ハイブリッドクローズドループ(HCL)を施行中の若年1型糖尿病患者13名において、イタリアのロックダウン前と最中の血糖コントロール状況を比較した。ロックダウン中のTIR(time in rage(70-180mg/dL))はロックダウン前と比較して有意に上昇、TBR(time below range; <70 mg/dL)は有意に低下した。特に週3時間以上の定期的な運動を励行していた群でTIRが有意に上昇した。

②CGMを施行している成人1型糖尿病患者207(男性96)名において、イタリアのロックダウン前後の血糖コントロール状況を比較した。前後でHbA1cは、有意差がなかったが、TIR、TBR特に54mg/dL未満の時間およびCV%は有意に低下した(それぞれp=0.002, <0.001, 0.001)

Category:
1型糖尿病
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ