モーニングレクチャー
無作為比較試験
2024年02月29日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Semaglutide and Cardiovascular Outcomes in Obesity without Diabetes
Author:
A Michael Lincoff
DATA:
N Engl J Med . 2023 Dec 14;389(24):2221-2232.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37952131/
Discussion:
心血管病の既往があり,かつ過体重あるいは肥満を有する非糖尿病患者において,週1回のセマグルチド2.4mg皮下注射は,プラセボに比し,心血管死・非致死性心筋梗塞・非致死性脳卒中の発症を有意に抑制した.

2024年02月15日(木) 担当:神山智子(助教)
Reference:
Title:
Faster-acting insulin aspart versus insulin aspart in the treatment of type 1 or type 2 diabetes during pregnancy and post-delivery (CopenFast): an open-label, single-centre, randomised controlled trial
Author:
Sidse K Nørgaard
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2023 Nov;11(11):811-821.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37804858/
Discussion:
糖尿病合併妊娠において、妊娠中、産後のFaster aspartの使用はinsulin aspartと比較して、児の成長やHbA1cは同等であり、安全性の問題もなかった。
2024年01月11日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Efficacy and safety of once-daily oral semaglutide 25 mg and 50 mg compared with 14 mg in adults with type 2 diabetes (PIONEER PLUS): a multicentre, randomised, phase 3b trial
Author:
Vanita R Aroda
DATA:
Lancet . 2023 Aug 26;402(10403):693-704.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37385279/
Discussion:
血糖コントロールが不十分である成人2型糖尿病患者において,セマグルチド25,50mgは,セマグルチド14mgに比し,強い血糖コントロール改善および体重減少効果を認めた.

2023年12月21日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Teplizumab and β-Cell Function in Newly Diagnosed Type 1 Diabetes
Author:
Eleanor L Ramos
DATA:
N Engl J Med . 2023 Dec 7;389(23):2151-2161.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37861217/
Discussion:
1型糖尿病患者を対象として、テプリズマブを12日間2クール毎日静脈内投与した結果、78週後のβ細胞機能(負荷試験のCペプチド頂値)の維持は有意差があった。しかし、HbA1c、TIR、1日インスリン量、低血糖の頻度には有意差は認められなかった。

2023年11月09日(木) 担当:伊藤 達哉(初期研修医2年)
Reference:
Title:
Tight Blood-Glucose Control without Early Parenteral Nutrition in the ICU
Author:
Jan Gunst
DATA:
N Engl J Med . 2023 Sep 28;389(13):1180-1190.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37754283/
Discussion:
早期非経口栄養を受けていない重症患者において、厳格な血糖コントロールは、ICU における治療期間と死亡率に影響を及ぼさなかった。
Category:
無作為比較試験
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ