モーニングレクチャー
1型糖尿病
2022年08月18日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Reduced hypoglycaemia using liver-targeted insulin in individuals with type 1 diabetes
Author:
Ruth S Weinstock
DATA:
Diabetes Obes Metab . 2022 Sep;24(9):1762-1769.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35546449/
Discussion:
頻回インスリン注射法で HbA1c<8.5%の1型糖尿病患者において、肝臓を標的とした食前インスリン (HDV-リスプロインスリン)による治療により血糖値を上昇させることなく、低血糖イベントと症候性低血糖を減少させることができた。

2022年06月16日(木) 担当:下村友香(初期研修医1年生)
Reference:
Title:
New-onset type 1 diabetes in Finnish children during the COVID-19 pandemic
Author:
Heli Salmi
DATA:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34045208/
Abstract:
Arch Dis Child . 2022 Feb;107(2):180-185. doi: 10.1136/archdischild-2020-321220. Epub 2021 May 27.
Discussion:
フィンランドのヘルシンキ大学病院で、COVID-19パンデミック期に重症DKAを発症した1型糖尿病小児が増加したが、これには、SARS-Cov-2感染症よりも医療機関へのアクセスや診断アプローチの変化が1型糖尿病診断の遅れにつながった可能性が考えられた。
Category:
1型糖尿病
2022年05月27日(金) 担当:金箱勇太郎 (医療練士)
Reference:
Title:
Management of Type 1 Diabetes With a Very Low-Carbohydrate Diet
Author:
Belinda S Lennerz
DATA:
Pediatrics . 2018 Jun;141(6):e20173349.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29735574/
Discussion:
1 型糖尿病の小児と成人、316 人を対象に低炭水化物食(1日あたり 20 ~ 50 gの炭水化物、炭水化物のカロリーの割合が 5 ~ 10 %の食事と定義)での低血糖などの有害事象の発現状況を調査した。
低炭水化物の食事の開始前後で HbA1c は‐1.45 ± 1.04 % ( n = 127、P < 0.01 )と改善を認めた一方で、重症低血糖やDKAでの有害事象は、7 人( 2% )が 12 回の入院とそれほど多くなかった。
Category:
1型糖尿病
2022年05月19日(木) 担当:根本彩香(後期研修医2年生)
Reference:
Title:
Sleep deprivation prevents counterregulatory adaptation to recurrent hypoglycaemia
Author:
Svenja Meyhöfer
DATA:
Diabetologia . 2022 Apr 21.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35445819/
Discussion:
睡眠不足により、再発性低血糖へのカウンターホルモンの適応が損なわれることから、睡眠は神経代謝記憶の形成に不可欠であり、無自覚低血糖の治療のターゲットとなりうる可能性がある。
Category:
1型糖尿病
2022年04月14日(木) 担当:東 晴名(助教)
Reference:
Title:
Impact of newly diagnosed diabetes on coronavirus disease 2019 severity and hyperglycemia
Author:
Masaki Uchihara
DATA:
J Diabetes Investig . 2022 Jan 24.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35075818/
Discussion:
入院時に糖尿病と新たに診断された新型コロナウイルス陽性患者は、重症化しやすく、血糖管理に難渋しやすい。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ