モーニングレクチャー
1型糖尿病
2024年03月21日(木) 担当:深田 花菜(初期研修医1年)
Reference:
Title:
Autoimmune comorbidity in type 1 diabetes and its association with metabolic control and mortality risk in young people: a population-based study.
Author:
John Samuelsson
DATA:
Diabetologia . 2024 Apr;67(4):679-689.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38252314/
Discussion:
自己免疫疾患合併率は1 型糖尿病患者で 19.2 %、コントロール群で 4 % であった。セリアック病は若年の1 型糖尿病患者で発症率が高値であった。1 型糖尿病発症後 5 年以内にセリアック病のスクリーニングを行う必要がある。炎症性腸疾患、全身性結合組織障害、多発性硬化症の発症リスクに有意差は認めなかった。
2024年03月21日(木) 担当:平賀利奈(初期研修医 1年)
Reference:
Title:
Metabolic effect of adrenaline infusion in people with type 1 diabetes and healthy individuals
Author:
Rui She
DATA:
Diabetologia . 2024 Mar 1.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38427076/
Discussion:
1型糖尿病患者において、72-108 mg / dL 血糖値を維持するように段階的アドレナリン注入を行ったところ健常人と比較して脂肪分解反応の亢進を認めた。アドレナリンのグルカゴン分泌に対する刺激作用は、生理的レベルではインスリンの抑制作用に勝らないことも示された。
Category:
1型糖尿病
2024年02月29日(木) 担当:高木 聡(助教)
Reference:
Title:
Title: Predictors of the effectiveness of isCGM usage in adults with type 1 diabetes mellitus: post-hoc analysis of the ISCHIA study
Author:
DATA:
Diabetology Int 2024 15 February
Abstract:
https://doi.org/10.1007/s13340-023-00683-5
Discussion:
ISCHIA研究の事後解析により、isCGMのより頻繁なスキャンが1型糖尿病をもつ成人のtime below
rangeを減少させるのに有益である可能性が示唆された。

Category:
1型糖尿病
2024年02月22日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Demographic, Clinical, Management, and Outcome Characteristics of 8,004 Young Children With Type 1 Diabetes
Author:
Jessica L Sandy
DATA:
Diabetes Care . 2024 Feb 2:dc231317.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38305782/
Discussion:
本研究では、 Diabetes Prospective Follow-Up Registry(DPV)、T1D Exchange Quality Improvement Network (T1DX-QI) 、Australasian Diabetes Data Network(ADDN)の3つの前向きのレジストリーにおける横断研究である。どのレジストリーでも、HbA1c値は10年前より低下していたが、目標血糖値HbA1c<7.0%の達成率は全体で37.5%であった。ADDN、T1DX-QIと比較してDPVでは目標達成率は高値であった。CGMの普及率は高かったが、 インスリンポンプの使用は3つのレジストリーでばらつきがあり、ハイブリッドクローズドループの使用率はどのレジストリーも低値であった。HbA1cと先進糖尿病治療技術の使用に関する登録施設間の差異に関する研究は、1型糖尿病の幼児とその家族に  対するケアを最適化するための問題点を明確にしうるであろう。

Category:
1型糖尿病
2024年02月15日(木) 担当:神山智子(助教)
Reference:
Title:
Faster-acting insulin aspart versus insulin aspart in the treatment of type 1 or type 2 diabetes during pregnancy and post-delivery (CopenFast): an open-label, single-centre, randomised controlled trial
Author:
Sidse K Nørgaard
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2023 Nov;11(11):811-821.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37804858/
Discussion:
糖尿病合併妊娠において、妊娠中、産後のFaster aspartの使用はinsulin aspartと比較して、児の成長やHbA1cは同等であり、安全性の問題もなかった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ