モーニングレクチャー
1型糖尿病
2022年04月14日(木) 担当:東 晴名(助教)
Reference:
Title:
Impact of newly diagnosed diabetes on coronavirus disease 2019 severity and hyperglycemia
Author:
Masaki Uchihara
DATA:
J Diabetes Investig . 2022 Jan 24.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35075818/
Discussion:
入院時に糖尿病と新たに診断された新型コロナウイルス陽性患者は、重症化しやすく、血糖管理に難渋しやすい。
2022年01月22日(土) 担当:馬 俊才(初期研修医2年)
Reference:
Title:
Randomized Trial of Closed-Loop Control in Very Young Children with Type 1 Diabetes.
Author:
Julia Ware
DATA:
N Engl J Med. 2022 Jan 20;386(3):209-219. doi: 10.1056/NEJMoa2111673.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35045227/
Discussion:
ハイブリッドクローズドループシステムは低血糖に陥る時間を増やすことなく、小児1型糖尿病患者の血糖コントロールを有意に改善した。ハイブリッドクローズドループ療法はSAP療法よりも効果的に夜間の低血糖を改善する可能性がある。
Category:
1型糖尿病
2022年01月06日(木) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
CGM Metrics Predict Imminent Progression to Type 1 Diabetes: Autoimmunity Screening for Kids (ASK) Study
Author:
Andrea K Steck
DATA:
Diabetes Care . 2022 Feb 1;45(2):365-371. doi: 10.2337/dc21-0602.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34880069/
Discussion:
time above 140mg/dLが10%超であることは自己抗体陽性の小児において1年以内に臨床的な糖尿病に進展するリスクが高いことと関連していた。
Category:
1型糖尿病
2021年11月11日(木) 担当:井倉 和紀(助教)
Reference:
Title:
Long-term population-based trends in the incidence of cardiovascular disease in individuals with type 1 diabetes from Finland: a retrospective, nationwide, cohort study
Author:
Valma Harjutsalo
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2021 Sep;9(9):575-585.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34303414/
Discussion:
  • 1965年~1999年にフィンランドにて15歳未満で発症した1型糖尿病患者11,766名のうち1,761名が心血管疾患を発症。(観察期間中央値 29.6 年)
  • 若年発症の1型糖尿病患者において、心血管疾患の発症リスクは経年的に減少しているが、一般人口と比較するといまだ罹患率は高く、心血管疾患に対する早期かつ効果的な予防法の検討が必要である。
2021年11月04日(木) 担当:金箱勇太郎 (医療練士)
Reference:
Title:
The Beneficial Effects of Earlier Versus Later Implementation of Intensive Therapy in Type 1 Diabetes
Author:
John M Lachin
DATA:
Diabetes Care . 2021 Aug 11;dc211331. doi: 10.2337/dc21-1331.Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34380706/
Discussion:
DCCT 試験後の EDIC 試験に参加した 1 型糖尿病患者 1396 人を 1 ~ 10 年、11 ~ 20 年の前半、後半において HbA1c 7 % 、9 %の期間での大血管障害、eGFR の低下について比較試験を行った。
HbA1c 7 %を達成していた期間が前半であった患者群のほうが、HbA1c 7 % を後半期間に達成した患者より大血管障害、eGFR の低下のリスクは低かった。
1 型糖尿病において発症初期段階で HbA1c を改善することは、長期的な合併症予防において重要であることが示された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ