モーニングレクチャー
1型糖尿病
2021年07月01日(木) 担当:滝田 美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Expression of SARS-CoV-2 Entry Factors in the Pancreas of Normal Organ Donors and Individuals with COVID-19
Author:
Irina Kusmartseva
DATA:
Cell Metab . 2020 Dec 1;32(6):1041-1051.e6. doi: 10.1016/j.cmet.2020.11.005. Epub 2020 Nov 13.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33207244/
Discussion:
非糖尿病膵と 2 型糖尿病膵において ACE 2 受容体は膵内分泌組織(α cell , β cell )に発現はなく、血管内皮や導管に発現を認めた。非糖尿病膵の ACE 2 受容体発現は BMI と相関を認めた。COVID-19 感染者の膵臓における SARS-CoV-2 ヌクレオカプシド蛋白は導管上皮と外分泌腺において陽性であり、膵内分泌組織(α cell , β cell )には認めなかった。 SARS-CoV-2 の膵臓への侵入門戸として血管内皮や導管の可能性を示唆した。
2021年05月06日(木) 担当:森 友実(助教)
Reference:
Title:
The Full Spectrum of COVID-19 Development and Recovery Among Kidney Transplant Recipients
Author:
Cristelli, Marina P. MD
DATA:
Transplantation: March 18, 2021 - Volume Online First - Issue - doi: 10.1097/TP.0000000000003751
Abstract:
https://journals.lww.com/transplantjournal/abstract/9000/the_full_spectrum_of_covid_19_development_and.95303.aspx
Discussion:
腎移植後の患者における死亡率には年齢と併存疾患が関連していた。
セロコンバージョンには効率で認めたが、ウイルスの持続排出における臨床的意義は今後の研究が必要と考えられた。
2021年04月08日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Cardiovascular and renal disease burden in type 1 compared with type 2 diabetes: A two-country nationwide observational study
Author:
Kristófi R, et al
DATA:
Diabetes Care 44:1211-1218, 2021
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33653822/
Discussion:
スウェーデンとノルウェーの全人口を対象としたコホート研究の結果,成人T1D患者は、T2D患者と比較して,全年齢で心不全およびCKD,中高年で心筋梗塞および全死因、若年で脳卒中のリスクが高かった.
2020年07月09日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
①Glycemic Control in Type 1 Diabetes Mellitus During COVID-19 Quarantine and the Role of In-Home Physical Activity ②Blood Glucose Control During Lockdown for COVID-19: CGM Metrics in Italian Adults With Type 1 Diabetes
Author:
①Gianluca Tornese1, et al., ②Brunella Capaldo,, et al
DATA:
①DIABETES TECHNOLOGY & THERAPEUTICS 22(6), 462-467, 2020 ②Diabetes Care 2020 Aug; 43(8): e88-e89.
Abstract:
①https://doi.org/10.1089/dia.2020.0169 ②https://doi.org/10.2337/dc20-1127
Discussion:
①ハイブリッドクローズドループ(HCL)を施行中の若年1型糖尿病患者13名において、イタリアのロックダウン前と最中の血糖コントロール状況を比較した。ロックダウン中のTIR(time in rage(70-180mg/dL))はロックダウン前と比較して有意に上昇、TBR(time below range; <70 mg/dL)は有意に低下した。特に週3時間以上の定期的な運動を励行していた群でTIRが有意に上昇した。

②CGMを施行している成人1型糖尿病患者207(男性96)名において、イタリアのロックダウン前後の血糖コントロール状況を比較した。前後でHbA1cは、有意差がなかったが、TIR、TBR特に54mg/dL未満の時間およびCV%は有意に低下した(それぞれp=0.002, <0.001, 0.001)

Category:
1型糖尿病
2020年03月11日(水) 担当:滝田 美夏子(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Prospective virome analyses in young children at increased genetic risk for type 1 diabetes.
Author:
Vehik K
DATA:
Nat Med. 2019 Dec;25(12):1865-1872. doi: 10.1038/s41591-019-0667-0. Epub 2019 Dec 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31792456
Discussion:
エンテロウイルスの持続的な便中の排泄は膵島関連自己抗体の出現と相関していたが、1型糖尿病発症とは相関は認めなかった。エンテロウイルスだけではなく、アデノウイルスに関しても膵島関連自己抗体の出現と相関を認めた。今後持続的な感染のメカニズムについて宿主側によるものか、ウイルスによるものか調査を進める必要がある。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ