モーニングレクチャー
薬物療法
2023年01月19日(木) 担当:望月 翔太(助教)
Reference:
Title:
Imeglimin exerts favorable effects on pancreatic β-cells by improving morphology in mitochondria and increasing the number of insulin granules
Author:
Junpei Sanada
DATA:
Sci Rep . 2022 Aug 2;12(1):13220. doi: 10.1038/s41598-022-17657-3.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35918386/
Discussion:
2 型糖尿病モデルマウス(db/dbマウス)にイメグリミンを投与し、β細胞に与える影響を評価した。イメグリミンは、2 型糖尿病マウスにおいてインスリン分泌顆粒の増加とミトコンドリア構造の維持により血糖コントロールを改善することが判明した。
2022年12月29日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・基幹分野長)
Reference:
Title:
Renin-Angiotensin System Inhibition in Advanced Chronic Kidney Disease
Author:
Author: Bhandari S, et al.
DATA:
N Engl J Med . 2022 Dec 1;387(22):2021-2032.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36326117/
Discussion:

RA系阻害薬を使用中のステージ45CKD患者において,同剤中止の腎機能に対する影響を検討した結果、腎機能の悪化,改善のいずれも認めなかった。

2022年12月08日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Association of Rosuvastatin Use with Risk of Hematuria and Proteinuria
Author:
Shin JI, et al
DATA:
J Am Soc Nephrol . 2022 Jul 19;33(9):1767-1777.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35853713/
Discussion:
アトルバスタチンと比較し,ロスバスタチンは血尿・蛋白尿・腎代替療法を必要とする腎不全の発症リスクが高いことが明らかとなった.腎機能別での解析で,腎機能低下患者でそのリスクが増大することはなかったが,CKD患者では,ロスバスタチンの血中濃度が増加すること,また,血尿・蛋白尿・腎不全発症の頻度が非CKD患者より高いため,より注意が必要と考えられる.

2022年10月20日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Correlates and Consequences of an Acute Change in eGFR in Response to the SGLT2 Inhibitor Dapagliflozin in Patients with CKD
Author:
Jongs N, et al
DATA:
J Am Soc Nephrol, Online ahead of print
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35977807/
Discussion:
DAPA-CKD trialの事後解析において,ダパグリフロジン開始から2週後のeGFRのacute dropが,その後の腎アウトカムのリスク増加につながることはなかった.
しかし,30%以上のacute dropは97名 (4.7%) のみであり,より大きなacute dropの意義は今回の研究では明らかにすることはできなかった.

2022年10月13日(木) 担当:森川慶子(初期研修医1年)
Reference:
Title:
Favorable impact of long-term SGLT2 inhibitor for NAFLD complicated by diabetes mellitus: A 5-year follow-up study
Author:
Norio Akuta
DATA:
Hepatol Commun . 2022 Sep;6(9):2286-2297.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35581956/
Discussion:
2型糖尿病を伴うNAFLD患者へのSGLT2阻害薬を用いた5年間の追跡調査では、組織学的に良好な影響があることが示された.組織学的特徴と臨床転帰を含む長期的な影響を明らかにするために、さらなる大規模研究が必要である.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ