モーニングレクチャー
薬物療法
2022年03月24日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Randomized Clinical Trial on the Effect of Bardoxolone Methyl on GFR in Diabetic Kidney Disease Patients (TSUBAKI Study)
Author:
Nangaku M, et al.
DATA:
Kidney Int Rep 5:879-890, 2020
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32518870/
Discussion:
Nrf2活性化薬であるバルドキソロン・メチルの,CKDステージ3-4の日本人糖尿病患者に対する効果を検証した第2相試験である.同剤を16週間投与後,イヌリンクリアランスで測定されたGFRが5.95 mL/min/1.73 m2増加した.現在第3相試験が継続中である.
2022年03月10日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Insights from CREDENCE trial indicate an acute drop in estimated glomerular filtration rate during treatment with canagliflozin with implications for clinical practice
Author:
Oshima M, et al.
DATA:
Kidney Int 2021;99:999-1009
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33316282/
Discussion:
CREDENCEの事後解析において,カナグリフロジン投与後,おおよそ半数に,10%以上eGFRが低下するようなinitial dropを認めた.
カナグリフロジンのGFR低下抑制作用および安全性は,initia ldropの程度による差を認めなかった.
しかし,30%以上のinitial dropを認めた場合,有害事象は増加していた.

2021年11月04日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
②Effect of dapagliflozin on urinary albumin excretion in patients with chronic kidney disease with and without type 2 diabetes: a prespecified analysis from the DAPA-CKD trial
Author:
Jongs N, et al.
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol 2021;9:755-766
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34619106/
Discussion:
ダパグリフロジンは腎機能低下速度を緩徐にし、かつアルブミン尿減少効果を有することが再確認された.ダパグリフロジンの腎機能低下およびアルブミン尿に対する影響は、非糖尿病患者と比較し、2型糖尿病患者でより大きなベネフィットを有する可能性がある.

2021年11月04日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
①Effect of dapagliflozin on the rate of decline in kidney function in patients with chronic kidney disease with and without type 2 diabetes: a prespecified analysis from the DAPA-CKD trial
Author:
Heerspink HJL, et al.
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol 2021;9:743-754
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34619108/
Discussion:
Discussion:ダパグリフロジンは腎機能低下速度を緩徐にし、かつアルブミン尿減少効果を有することが再確認された.ダパグリフロジンの腎機能低下およびアルブミン尿に対する影響は、非糖尿病患者と比較し、2型糖尿病患者でより大きなベネフィットを有する可能性がある.

2021年08月19日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Effects of liraglutide on visceral and ectopic fat in adults with overweight and obesity at high cardiovascular risk: a randomised, double-blind, placebo-controlled, clinical trial
Author:
Ian J Neeland
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2021 Sep;9(9):595-605. doi: 10.1016/S2213-8587(21)00179-0. Epub 2021 Aug 3.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34358471/
Discussion:
・心血管疾患のリスクが高い, 過体重または肥満の成人では、1日1回のリラグルチド3.0 mg投与とラ   イフスタイルの介入により、40週間にわたる治療で内臓脂肪組織が大幅に減少した。

・内臓脂肪の減少は, 2型糖尿病患者を対象としたリラグルチドを用いた以前の試験(LEADER等)で心血管系の転帰に見られた利点を説明する1つのメカニズムである可能性がある。



カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ