モーニングレクチャー
2020年07月01日(水) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
A Randomized, Controlled Trial of Liraglutide for Adolescents with Obesity
Author:
Kelly AS
DATA:
N Engl J Med 2020; 382:2117-2128
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32233338/
Discussion:

12歳から18歳未満のBMI 30以上の肥満青年において,リラグルチド(3.0mg)と生活習慣療法を併用した場合,プラセボと生活習慣療法を併用した場合に比べてBMIの有意な低下がみられた.

2020年06月25日(木) 担当:金村彰香(初期研修医)
Reference:
Title:
Children Exposed to Maternal Obesity or Gestational Diabetes Mellitus During Early Fetal Development Have Hypothalamic Alterations That Predict Future Weight Gain
Author:
Kathleen A Page
DATA:
Diabetes Care . 2019 Aug;42(8):1473-1480.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31332028/
Discussion:
胎児期に母体肥満または妊娠糖尿病に曝露された子供は、将来の体重増加を予測する視床下部の血流変化がみられる。
Category:
眼合併症妊娠
2020年05月28日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Kidney outcomes associated with use of SGLT2 inhibitors in real-world clinical practice (CVD-REAL 3): a multinational observational cohort study.
Author:
Heerspink HJL
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol 2020;8:27-35
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31862149/
Discussion:

2型糖尿病患者を対象とした大規模な国際的リアルワールド試験において,SGLT2阻害薬は他の糖尿病薬と比較し腎機能の低下速度が遅く,主要な腎イベントのリスクが低いことが示された.

2020年05月28日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Use of sodium-glucose co-transporter 2 inhibitors and risk of serious renal events: Scandinavian cohort study.
Author:
Pasternak B
DATA:
BMJ 2020;369:m1186
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32349963/
Discussion:
阻害薬あるいはDPP-4阻害薬を新規に処方された2型糖尿病患者各28,877名を対象とした,傾向スコアマッチング・コホート研究である.SGLT2阻害薬はDPP4阻害薬と比較し,腎代替療法の開始など重篤な腎アウトカムが有意に少なかった.
2020年03月23日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ