モーニングレクチャー
2023年10月12日(木) 担当:堀之内 佑季(初期臨床研修医 2 年)
Reference:
Title:
Association Between Diabetes Technology Use and Glycemic Outcomes in Adults With Type 1 Diabetes Over a Decade
Author:
Kagan E Karakus
DATA:
Diabetes Care . 2023 Sep 1;46(9):1646-1651.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37458618/
Discussion:
過去10年間に糖尿病技術の導入が増加し、CGMとAIDの使用が増加するにつれて、より多くの人が目標HbA1cを達成していることが示された。CGM単独と比較して、AIDの使用の方がHbA1cの改善率は高かった。
2023年10月12日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Rapid Reduction of HbA1c and Early Worsening of Diabetic Retinopathy: A Real-world Population-Based Study in Subjects With Type 2 Diabetes
Author:
Rafael Simó
DATA:
Diabetes Care . 2023 Sep 1;46(9):1633-1639.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37428631/
Discussion:
  • 2型糖尿病において、HbA1cの急速な低下は、軽度または中等度の非増殖性網膜症の悪化に関連しない。
  • 2型糖尿病患者の大部分は網膜症を認めないか、あるいは初期段階である。これらの患者では血糖コントロールの最適化を遅らせるべきではない。網膜症の有無と程度は、集中的な血糖降下治療を開始する前に周知しておくべき重要な情報である。
2023年09月28日(木) 担当:大屋純子(講師)
Reference:
Title:
Daily Oral GLP-1 Receptor Agonist Orforglipron for Adults with Obesity
Author:
Sean Wharton
DATA:
N Engl J Med . 2023 Sep 7;389(10):877-888.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37351564/
Discussion:
非ペプチド経口GLP-1受容体作動薬であるオルフォルグリプロンは、体重減少に有効であった。
安全性は既存のGLP-1受容体作動薬注射剤と同様であった。

Category:
肥満薬物療法
2023年09月28日(木) 担当:野村 華那(初期臨床研修医2年)
Reference:
Title:
Clinical and Safety Outcomes With GLP-1 Receptor Agonists and SGLT2 Inhibitors in Type 1 Diabetes: A Real-World Study
Author:
Khary Edwards
DATA:
J Clin Endocrinol Metab . 2023 Mar 10;108(4):920-930.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36268825/
Discussion:
1型糖尿病患者においてGLP-1RAは体重、HbA1c、総インスリン量の有意な減少をもたらし、インスリンに追加する有用な治療法となり得る。しかし、1型糖尿病患者におけるこれらの薬剤のリスク・ベネフィットを適切に判断するためには、2型糖尿病患者において実証された長期の心腎転帰に関するデータを、合併症の重大なリスクを有する1型糖尿病患者でも今後更なるフォローが重要となる。
Category:
1型糖尿病肥満
2023年09月21日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Long-Term, Real-World Kidney Outcomes with SGLT2i versus DPP4i in Type 2 Diabetes without Cardiovascular or Kidney Disease
Author:
Cheli Melzer Cohen
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol . 2023 Sep 1;18(9):1153-1162.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37382938/
Discussion:
2型糖尿病患者を対象とした,大規模なリアルワールドデータを用いた本研究において,(腎機能に対する効果としてneutralである)DPP4iと比較し,SGLT2iは腎機能低下を緩徐にする可能性が示唆された.その効果は心血管病の既往または腎障害のない患者においても変わらなかった.

カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ