モーニングレクチャー
2022年07月07日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
GLP-1 receptor agonist versus DPP-4 inhibitor and kidney and cardiovascular outcomes in clinical practice in type-2 diabetes
Author:
Xu Y, et al
DATA:
Kidney Int 2022;101:360-368
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34826514/
Discussion:
ストックホルムの成人2型糖尿病患者を対象とした大規模コホート研究において,DPP-4阻害薬と比較し,GLP-1受容体作動薬は腎アウトカムを低下させる
2022年07月07日(木) 担当:荒木 雅生(初期研修医2年)
Reference:
Title:
High-Normal Protein Intake Is Not Associated With Faster Renal Function Deterioration in Patients With Type 2 Diabetes: A Prospective Analysis in the DIALECT Cohort
Author:
Milou M Oosterwijk
DATA:
Diabetes Care . 2022 Jan 1;45(1):35-41.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34711636/
Discussion:
2型糖尿病患者に対して低炭水化物食が推奨される一方でそれは蛋白質摂取を増やすことであり腎臓に与える影響を懸念されていたが蛋白質摂取量の多さと腎機能低下のリスクとの関連性は認めなかった。
2022年06月23日(木) 担当:小田 慧理(初期研修医1年)
Reference:
Title:
Weight Change During the Postintervention Follow-up of Look AHEAD
Author:
Rena R Wing
DATA:
Diabetes Care . 2022 Apr 14;dc211990.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35421225/
Discussion:
体重過多や肥満の糖尿病患者に対して、適度な体重減少を引き続き推奨することが適切であると考えられるが、他疾患を有する高齢者が急激もしくは意図的でない体重減少を認めた場合は注意する必要がある。
2022年06月16日(木) 担当:下村友香(初期研修医1年生)
Reference:
Title:
New-onset type 1 diabetes in Finnish children during the COVID-19 pandemic
Author:
Heli Salmi
DATA:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34045208/
Abstract:
Arch Dis Child . 2022 Feb;107(2):180-185. doi: 10.1136/archdischild-2020-321220. Epub 2021 May 27.
Discussion:
フィンランドのヘルシンキ大学病院で、COVID-19パンデミック期に重症DKAを発症した1型糖尿病小児が増加したが、これには、SARS-Cov-2感染症よりも医療機関へのアクセスや診断アプローチの変化が1型糖尿病診断の遅れにつながった可能性が考えられた。
Category:
1型糖尿病
2022年06月09日(木) 担当:佐藤 恵(後期研修医)
Reference:
Title:
Semaglutide once a week in adults with overweight or obesity, with or without type 2 diabetes in an east Asian population (STEP 6): a randomised, double-blind, double-dummy, placebo-controlled, phase 3a trial
Author:
Takashi Kadowaki
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2022 Mar;10(3):193-206.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35131037/
Discussion:
2型糖尿病の有無に関わらず,東アジア人の肥満をもつ成人において,セマグルチド 2.4 mg/週の投与はプラセボと比較し,有意に体重と内臓脂肪面積を減少した.東アジア集団におけるセマグルチド 2.4 mg/週の投与は体重管理における治療選択肢となることが示唆された.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ