モーニングレクチャー
2型糖尿病
2021年08月19日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Effects of liraglutide on visceral and ectopic fat in adults with overweight and obesity at high cardiovascular risk: a randomised, double-blind, placebo-controlled, clinical trial
Author:
Ian J Neeland
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2021 Sep;9(9):595-605. doi: 10.1016/S2213-8587(21)00179-0. Epub 2021 Aug 3.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34358471/
Discussion:
・心血管疾患のリスクが高い, 過体重または肥満の成人では、1日1回のリラグルチド3.0 mg投与とラ   イフスタイルの介入により、40週間にわたる治療で内臓脂肪組織が大幅に減少した。

・内臓脂肪の減少は, 2型糖尿病患者を対象としたリラグルチドを用いた以前の試験(LEADER等)で心血管系の転帰に見られた利点を説明する1つのメカニズムである可能性がある。



2021年08月19日(木) 担当:仲原 令(研修医1年)
Reference:
Title:
Glycemic Control, Diabetic Complications, and Risk of Dementia in Patients With Diabetes: Results From a Large U.K. Cohort Study
Author:
Bang Zheng
DATA:
Diabetes Care . 2021 May 25;dc202850. doi: 10.2337/dc20-2850. Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34035076/
Discussion:
糖尿病合併症の低血糖症状・微小血管障害、HbA1c 高値や変動が大きいことは認知症発症と有意な関連があると示され、また、神経障害・腎症は網膜症より認知症発症率と関連が強いことが明らかになった。血糖コントロールを良好に保つことが認知機能低下を軽減する上で価値がある。
2021年08月12日(木) 担当:飯野龍介 (研修医1年目)
Reference:
Title:
Risk Factors for Incident Fracture in Older Adults With Type 2 Diabetes: The Framingham Heart Study
Author:
Alyssa B Dufour
DATA:
Diabetes Care . 2021 May 17;44(7):1547-1555. doi: 10.2337/dc20-3150. Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34001536/
Discussion:
多変量解析後、骨折発生に関連する因子としては、HbA1c 高値、過去一年間の複数の転倒歴、骨折の病歴、握力低下であった。
高齢 2 型糖尿病患者において、骨密度が保たれていても、骨折や転倒の病歴がある場合、握力の低下やHbA1c 高値である場合はリハビリなど早期治療介入を行うことで骨折を予防できる可能性がある。
Category:
2型糖尿病
2021年07月29日(木) 担当:平田 貴之(初期研修医2年生)
Reference:
Title:
Once-Weekly Semaglutide in Adults with Overweight or Obesity
Author:
John P H Wilding 1, Rachel L Batterham 1, Salvatore Calanna 1, Melanie Davies 1, Luc F Van Gaal 1, Ildiko Lingvay 1, Barbara M McGowan 1, Julio Rosenstock 1, Marie T D Tran 1, Thomas A Wadden 1, Sean Wharton 1, Koutaro Yokote 1, Niels Zeuthen 1, Robert F Kushner 1, STEP 1 Study Group
DATA:
N Engl J Med . 2021 Mar 18;384(11):989. doi: 10.1056/NEJMoa2032183. Epub 2021 Feb 10.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33567185/
Discussion:
肥満症に対して、週1回のセマグルチドの皮下注射と生活習慣の介入によって、臨床的に意義のある体重減少が得られた
Category:
2型糖尿病
2021年07月15日(木) 担当:山口 綾乃(初期研修医2年生)
Reference:
Title:
Intratrial Exposure to Vitamin D and New-Onset Diabetes Among Adults With Prediabetes: A Secondary Analysis From the Vitamin D and Type 2 Diabetes (D2d) Study
Author:
Bess Dawson-Hughes
DATA:
Diabetes Care . 2020 Dec;43(12):2916-2922. doi: 10.2337/dc20-1765. Epub 2020 Oct 5.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33020052/
Discussion:
血中25(OH)D濃度が100~124 nmol/L、および125 nmol/L以上になるように毎日ビタミンDを補給することで、糖尿病予備群の糖尿病発症リスクを抑えることができる.
Category:
2型糖尿病その他
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ