モーニングレクチャー
2型糖尿病
2023年01月26日(木) 担当:長田 雅也(初期研修医 2 年)
Reference:
Title:
Racial Disparities in Health Care With Timing to Amputation Following Diabetic Foot Ulcer
Author:
Taavy A Miller
DATA:
Diabetes Care . 2022 Oct 1;45(10):2336-2341. doi: 10.2337/dc21-2693.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36069831/
Discussion:
ヒスパニック系以外の白人と比較して、黒人/アフリカ系アメリカンが糖尿病足潰瘍発症後1年目に切断を受ける割合が高く、女性と比較して男性は糖尿病足潰瘍発症後1年目に切断を受ける割合が高いことが確認された。今後は、人種間格差が健康の社会的決定要因に関連する不公平に対処すべきで人種間格差が下肢切断後のケアの経路やリハビリテーションのサポート体制の調査も検討する必要がある。
2023年01月19日(木) 担当:望月 翔太(助教)
Reference:
Title:
Imeglimin exerts favorable effects on pancreatic β-cells by improving morphology in mitochondria and increasing the number of insulin granules
Author:
Junpei Sanada
DATA:
Sci Rep . 2022 Aug 2;12(1):13220. doi: 10.1038/s41598-022-17657-3.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35918386/
Discussion:
2 型糖尿病モデルマウス(db/dbマウス)にイメグリミンを投与し、β細胞に与える影響を評価した。イメグリミンは、2 型糖尿病マウスにおいてインスリン分泌顆粒の増加とミトコンドリア構造の維持により血糖コントロールを改善することが判明した。
2023年01月05日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Projections of Type 1 and Type 2 Diabetes Burden in the U.S. Population Aged <20 Years Through 2060: The SEARCH for Diabetes in Youth Study
Author:
Thaddäus Tönnies
DATA:
Diabetes Care . 2022 Dec 16;dc220945.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36580405/
Discussion:
2060年までの米国の若年発症糖尿病の有病率および人数と、人種、民族的格差の傾向について、
2002年から2017年までのデータを用いて予測した。若年発症糖尿病数は大幅に増加すると予測され、
特に非ヒスパニック系黒人2型糖尿病の健康格差のギャップが大幅に拡大していることを示していた。

2022年12月22日(木) 担当:星 千尋(初期研修医 2 年)
Reference:
Title:
Roux-en-Y Gastric Bypass Increases Glycemic Excursions During Pregnancy and Postpartum: A Prospective Cohort Study
Author:
Louise L Stentebjerg
DATA:
Diabetes Care . 2022 Dec 7;dc221357. doi: 10.2337/dc22-1357.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36477853/
Discussion:
RYGB治療後の女性は、コントロール群と比較して、妊娠中に低血糖及び高血糖にさらされることが多かった。妊娠可能年齢の女性にとって最適な肥満手術の術式を決定するために今後の研究ではスリーブ胃切除術後の影響や妊娠中の低血糖が胎児の成長低下と関連するかどうかを調査する必要がある。
2022年12月08日(木) 担当:松井 孝太郎(初期研修医1年)
Reference:
Title:
Non-alcoholic fatty liver disease and type 2 diabetes: An update
Author:
Chi-H Lee, David TW Lui , Karen SL Lam
DATA:
J Diabetes Investig . 2022 Jun;13(6):930-940.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35080136/
Discussion:
NAFLDの治療にはピオグリタゾンとGLP1アゴニストが推奨されているがSGLT2阻害薬も効果が期待できる。NAFLDが脂肪肝から肝硬変や肝細胞癌などの有害な肝臓疾患に至るまでには数年かかり、今後さらなる治療戦略の標準化のためにより多くの2型糖尿病患者を試験集団に含めるべきである.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ