モーニングレクチャー
その他
2022年12月29日(木) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Gastrointestinal hormones and appetite ratings after weight loss induced by diet or bariatric surgery
Author:
Marthe Isaksen Aukan
DATA:
Obesity (Silver Spring) . 2022 Dec 19.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36536482/
Discussion:
外科治療(SG および RYGB) による減量は, 超低エネルギー食による食事療法のみの場合と比較して,胃腸ホルモンのより好ましい変化につながるが, 食欲の評価においては減量の手段に関係なく, すべてのグループで減少した.

Category:
肥満その他
2022年11月24日(木) 担当:三浦 順之助(准教授)
Reference:
Title:
Intermittently Scanned Continuous Glucose Monitoring for Type 1 Diabetes
Author:
Lalantha Leelarathna
DATA:
N Engl J Med . 2022 Oct 20;387(16):1477-1487.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36198143/
Discussion:
isCGM (FreeStyle Libre 2) か MDI の2群に無作為に割り付けた1 型糖尿病における 2RCT では、リブレ2 の方が 24 週後のHbA1c値が有意に低下した。また、TIR は有意に上昇、TAR およびTBR も有意な低下を認めた。
2022年10月13日(木) 担当:森川慶子(初期研修医1年)
Reference:
Title:
Favorable impact of long-term SGLT2 inhibitor for NAFLD complicated by diabetes mellitus: A 5-year follow-up study
Author:
Norio Akuta
DATA:
Hepatol Commun . 2022 Sep;6(9):2286-2297.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35581956/
Discussion:
2型糖尿病を伴うNAFLD患者へのSGLT2阻害薬を用いた5年間の追跡調査では、組織学的に良好な影響があることが示された.組織学的特徴と臨床転帰を含む長期的な影響を明らかにするために、さらなる大規模研究が必要である.
2022年10月06日(木) 担当:鈴木友梨(初期研修医2年生)
Reference:
Title:
Routine Functional Testing or Standard Care in High-Risk Patients after PCI
Author:
Duk-Woo Park
DATA:
N Engl J Med . 2022 Sep 8;387(10):905-915.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/36036496/
Discussion:
PCIを受けた高リスク患者においてルーチンの心機能検査による積極的フォローアップ戦略は2年後の臨床転帰を改善しなかった。
Category:
その他
2022年09月16日(金) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Comparison of Tofogliflozin and Glimepiride Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Participants With Type 2 Diabetes: A Randomized, 48-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial
Author:
Yumie Takeshita
DATA:
Diabetes Care . 2022 Sep 1;45(9):2064-2075.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35894933/
Discussion:
・トホグリフロジンと、程度は低いがグリメピリドは、2型糖尿病NAFLD患者の肝臓の組織学的改善およ  び代謝の改善をもたらし、薬剤間に有意差はなかった。

・エネルギー代謝、炎症、および線維症に関与する遺伝子の肝臓での発現は、肝臓の組織学的変化とよく相関しており、トホグリフロジンでは救出された。

・SGLT2 阻害剤の長期にわたる大規模な臨床試験を通じて、本研究の結果を確認する必要がある。



カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ