モーニングレクチャー
2021年08月12日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Prevalence and predictors of atrial fibrillation in Japanese patients with type 2 diabetes
Author:
Otake S, et al.
DATA:
Diabetology Int Published online: 16 May, 2021
Abstract:
https://link.springer.com/article/10.1007/s13340-021-00509-2
Discussion:
2004年から2005年までの間に当科を初診し心電図を記録された2型糖尿病患者1,650名における心房細動の有病率は4.4%であり,年齢・性調整後の合併リスクは日本人一般集団の約3.5倍であった.心房細動の独立した予測因子は高齢,男性,高血圧,血小板数の減少であった.
2021年07月29日(木) 担当:平田 貴之(初期研修医2年生)
Reference:
Title:
Once-Weekly Semaglutide in Adults with Overweight or Obesity
Author:
John P H Wilding 1, Rachel L Batterham 1, Salvatore Calanna 1, Melanie Davies 1, Luc F Van Gaal 1, Ildiko Lingvay 1, Barbara M McGowan 1, Julio Rosenstock 1, Marie T D Tran 1, Thomas A Wadden 1, Sean Wharton 1, Koutaro Yokote 1, Niels Zeuthen 1, Robert F Kushner 1, STEP 1 Study Group
DATA:
N Engl J Med . 2021 Mar 18;384(11):989. doi: 10.1056/NEJMoa2032183. Epub 2021 Feb 10.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33567185/
Discussion:
肥満症に対して、週1回のセマグルチドの皮下注射と生活習慣の介入によって、臨床的に意義のある体重減少が得られた
Category:
2型糖尿病
2021年07月15日(木) 担当:山口 綾乃(初期研修医2年生)
Reference:
Title:
Intratrial Exposure to Vitamin D and New-Onset Diabetes Among Adults With Prediabetes: A Secondary Analysis From the Vitamin D and Type 2 Diabetes (D2d) Study
Author:
Bess Dawson-Hughes
DATA:
Diabetes Care . 2020 Dec;43(12):2916-2922. doi: 10.2337/dc20-1765. Epub 2020 Oct 5.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33020052/
Discussion:
血中25(OH)D濃度が100~124 nmol/L、および125 nmol/L以上になるように毎日ビタミンDを補給することで、糖尿病予備群の糖尿病発症リスクを抑えることができる.
Category:
2型糖尿病その他
2021年07月01日(木) 担当:滝田 美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Expression of SARS-CoV-2 Entry Factors in the Pancreas of Normal Organ Donors and Individuals with COVID-19
Author:
Irina Kusmartseva
DATA:
Cell Metab . 2020 Dec 1;32(6):1041-1051.e6. doi: 10.1016/j.cmet.2020.11.005. Epub 2020 Nov 13.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33207244/
Discussion:
非糖尿病膵と 2 型糖尿病膵において ACE 2 受容体は膵内分泌組織(α cell , β cell )に発現はなく、血管内皮や導管に発現を認めた。非糖尿病膵の ACE 2 受容体発現は BMI と相関を認めた。COVID-19 感染者の膵臓における SARS-CoV-2 ヌクレオカプシド蛋白は導管上皮と外分泌腺において陽性であり、膵内分泌組織(α cell , β cell )には認めなかった。 SARS-CoV-2 の膵臓への侵入門戸として血管内皮や導管の可能性を示唆した。
2021年06月24日(木) 担当:阿部 怜(初期研修医 2 年生)
Reference:
Title:
Associations Between Preoperative Glucose and Hemoglobin A1c Level and Myocardial Injury After Noncardiac Surgery
Author:
Jungchan Park
DATA:
J Am Heart Assoc . 2021 Apr 6;10(7):e019216. doi: 10.1161/JAHA.120.019216. Epub 2021 Mar 17.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33728934/
Discussion:
<背景>
術前の高血糖は術後経過に悪影響を及ぼすとされている.術前の一時的な高血糖と、HbA1c高値の慢性高血糖群で非心臓手術後の心筋障害(MINS:Myocardial Injury After Noncardiac Surgery)に与える影響について調査することを目的とした.
<方法>
Samsung Medical Centerにおいて2010年から2019年の間に非心臓手術を受け、手術前後30日以内にトロポニンIを測定した患者12,304名を対象とした(除外:18歳未満、術後トロポニン未測定、MINS以前に心臓マッサージ施行、術前血糖データ無).
術後経過指標として、MINSの発生と術後30日以内の死亡を①術前の一時的な高血糖と、②HbA1c高値の慢性高血糖群に分け調査.
<結果>
①術前高血糖による検討では2652人(正常群1553人(18.7%)/高血糖群1099人(27.6%))で術後MINSを起こした.30日以内の死亡は370人(正常群166人(2.0%)/高血糖群204人(5.1%))であった.
②慢性高血糖による検討ではHbA1c6.5%≦群470人(25.4%)、HbA1c6.5%>群537人(21.3%)で術後MINSを起こした.30日以内の死亡はHbA1c6.5%≦群57人(3.1%)、HbA1c6.5%>群64人(2.5%)であった.
<結論>術前高血糖は、MINS・30日以内の死亡率を増加させたが、HbA1c高値はMINSおよび30日以内の死亡率には影響を及ぼさなかった.

カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ