モーニングレクチャー
腎症・高血圧
2021年09月09日(木) 担当:東 晴名(助教)
Reference:
Title:
Cardiovascular and Renal Outcomes with Efpeglenatide in Type 2 Diabetes
Author:
Hertzel C Gerstein
DATA:
N Engl J Med . 2021 Sep 2;385(10):896-907. doi: 10.1056/NEJMoa2108269. Epub 2021 Jun 28.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34215025/
Discussion:
心血管疾患あるいは腎機能低下状態の2型糖尿病患者において、エフペグレナチド投与により、心血管イベント抑制及び腎保護作用があることが示された。
2021年08月12日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Prevalence and predictors of atrial fibrillation in Japanese patients with type 2 diabetes
Author:
Otake S, et al.
DATA:
Diabetology Int Published online: 16 May, 2021
Abstract:
https://link.springer.com/article/10.1007/s13340-021-00509-2
Discussion:
2004年から2005年までの間に当科を初診し心電図を記録された2型糖尿病患者1,650名における心房細動の有病率は4.4%であり,年齢・性調整後の合併リスクは日本人一般集団の約3.5倍であった.心房細動の独立した予測因子は高齢,男性,高血圧,血小板数の減少であった.
2021年05月06日(木) 担当:森 友実(助教)
Reference:
Title:
The Full Spectrum of COVID-19 Development and Recovery Among Kidney Transplant Recipients
Author:
Cristelli, Marina P. MD
DATA:
Transplantation: March 18, 2021 - Volume Online First - Issue - doi: 10.1097/TP.0000000000003751
Abstract:
https://journals.lww.com/transplantjournal/abstract/9000/the_full_spectrum_of_covid_19_development_and.95303.aspx
Discussion:
腎移植後の患者における死亡率には年齢と併存疾患が関連していた。
セロコンバージョンには効率で認めたが、ウイルスの持続排出における臨床的意義は今後の研究が必要と考えられた。
2021年04月08日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Cardiovascular and renal disease burden in type 1 compared with type 2 diabetes: A two-country nationwide observational study
Author:
Kristófi R, et al
DATA:
Diabetes Care 44:1211-1218, 2021
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33653822/
Discussion:
スウェーデンとノルウェーの全人口を対象としたコホート研究の結果,成人T1D患者は、T2D患者と比較して,全年齢で心不全およびCKD,中高年で心筋梗塞および全死因、若年で脳卒中のリスクが高かった.
2020年11月26日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Effects of Canagliflozin in Patients with Baseline eGFR <30 ml/min/1.73 m2: Subgroup Analysis of the Randomized CREDENCE Trial
Author:
Bakris G
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol 2020;15:1705-1714
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33214158/
Discussion:

CRTDENCE試験の事後解析において,カナグリフロジンはeGFR 30未満の2型糖尿病患者においても,急性腎障害を増加させることなく糖尿病性腎症の進行を遅らせることが示唆された.

カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ