モーニングレクチャー
薬物療法
2018年05月10日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Zheng SL
DATA:
JAMA. 2018 Apr 17;319(15):1580-1591. doi: 10.1001/jama.2018.3024.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29677303
Discussion:

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬の臨床的効果をネットワークメタ回帰分析という手法を用いて比較検討した結果, SGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は, DPP-4阻害薬およびプラセボ(または非投与)に比べて全死亡,心血管死亡率および心不全発症数が有意に低いという結果であった.

2018年04月18日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors and incidence of inflammatory bowel disease among patients with type 2 diabetes: population based cohort study.
Author:
Abrahami D
DATA:
BMJ. 2018 Mar 21;360:k872. doi: 10.1136/bmj.k872.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29563098
Discussion:
DPP-4阻害薬の使用は炎症性腸疾患の発症リスクを増大させた
Category:
薬物療法
2018年04月16日(月) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Lower Cardiovascular Risk Associated with SGLT-2i in >400,000 Patients: The CVD-REAL 2 Study.
Author:
Kosiborod M
DATA:
J Am Coll Cardiol. 2018 Mar 7. pii: S0735-1097(18)33528-9. doi: 10.1016/j.jacc.2018.03.009. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29540325
Discussion:

実臨床データに基づく大規模な国際共同研究CVD-REAL2は、アジア太平洋、中東、北米における2型糖尿病患者を対象とした解析により、幅広い患者背景やCVD既往によらず、 SGLT-2i 投与が心血管疾患リスク低下に関与することを示した。

Category:
薬物療法
2018年04月04日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Precision Medicine in Type 2 Diabetes: Clinical Markers of Insulin Resistance Are Associated With Altered Short- and Long-term Glycemic Response to DPP-4 Inhibitor Therapy.
Author:
Dennis JM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Apr;41(4):705-712. doi: 10.2337/dc17-1827. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29386249
Discussion:
・インスリン抵抗性のマーカーが高いことは、DPP4 阻害薬の血糖への影響が低下してしまうことと関連があった。

・2 型糖尿病患者に対する DPP4 阻害薬治療への適応を検討する際に重要であると考えられた。
2018年03月24日(土) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Hemoglobin A1c Targets for Glycemic Control With Pharmacologic Therapy for Nonpregnant Adults With Type 2 Diabetes Mellitus: A Guidance Statement Update From the American College of Physicians.
Author:
Qaseem A
DATA:
Ann Intern Med. 2018 Mar 6. doi: 10.7326/M17-0939. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29507945
Discussion:

米国内科学会は、これまでのガイドラインや大規模臨床研究を吟味し、HbA1c管理目標値に関する声明を発表した。

①T2DM患者の血糖管理目標値を個別化すべきである。

薬物療法中のT2DM患者のほぼ全てにおいてHbA1c管理目標値を 7%以上8%未満とすべきである。

③HbA1c 6.5%未満のT2DM患者では薬物療法の減量を検討すべきである。

生命予後が10年未満と思われる場合には、HbA1c目標値を定めることを避け、高血糖症状が最小限にすむような治療をすべきである。

 

カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ