モーニングレクチャー
2017年09月13日(水) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Exercise Training Improves but Does Not Normalize Left Ventricular Systolic and Diastolic Function in Adolescents With Type 1 Diabetes.
Author:
Gusso S
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1264-1272. doi: 10.2337/dc16-2347. Epub 2017 Jul 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28720592
Discussion:
青年期 1 型糖尿病において、20週間の通常強度の運動により、左室機能、有酸素能力の有意な改善を認めた。
Category:
1型糖尿病
2017年09月12日(火) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Pharmacological Approaches in the Treatment and Maintenance of Weight Loss.
Author:
Van Gaal L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Aug;39 Suppl 2:S260-7. doi: 10.2337/dcS15-3016.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27440841
Discussion:
体重減少のメリットは反論できず、体重減少を促すためのライフスタイルの介入は依然として肥満治療の基礎になっているが、患者の大部分は10 ㎏ の減量目標および維持を達成できていない。明らかに、体重減少のパラダイムの変化が必要であり、薬物療法を価値のあるものと考えられる。いくつか薬物が現在承認されており、有効性と安全性、特に心血管安全性に関する長期的なデータにより安全は保証されている。医療従事者は、肥満関連疾患の管理における薬物療法の体重効果を考慮し、患者生活スタイルに応じた薬を考慮する必要がある。
2017年09月09日(土) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Continued Statin Prescriptions After Adverse Reactions and Patient Outcomes: A Cohort Study.
Author:
Zhang H
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Aug 15;167(4):221-227. doi: 10.7326/M16-0838. Epub 2017 Jul 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28738423
Discussion:
有害事象の出現後もスタチンを継続することで死亡率、心血管イベントの発症率の低下につながった。
しかし、実際にスタチンを継続すべきかどうかは個別にリスク・ベネフィットを考慮の上で決定すべきである。
2017年09月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Association of Changes in Diet Quality with Total and Cause-Specific Mortality.
Author:
Sotos-Prieto M
DATA:
N Engl J Med. 2017 Jul 13;377(2):143-153. doi: 10.1056/NEJMoa1613502.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28700845
Discussion:
12 年間の中での食生活の改善は、その後の12 年間の致死率を減少する。
Category:
食事療法
2017年09月07日(木) 担当:福嶋はるみ(講師)
Reference:
Title:
Long-term outcomes with as-needed aflibercept in diabetic macular oedema: 2-year outcomes of the ENDURANCE extension study.
Author:
Wykoff CC
DATA:
Br J Ophthalmol. 2017 Aug 16. pii: bjophthalmol-2017-310941. doi: 10.1136/bjophthalmol-2017-310941. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28814412
Discussion:

糖尿病黄斑浮腫において、Aflibercept の第相試験3年間で改善した視力および中心窩網膜厚は、その後2年間「悪化したら再投与する」というやり方で十分に維持できた。また、Afliberceptの投与が糖尿病網膜症の進展を抑制することも示唆された。将来的には、糖尿病黄斑浮腫の程度だけでなく、糖尿病網膜症の程度も考慮してAfliberceptの投与法を検討していく必要があるかもしれない。

Category:
眼合併症