モーニングレクチャー
2017年11月15日(水) 担当:鈴木裕太(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetic Retinopathy: A Position Statement by the American Diabetes Association.
Author:
Solomon SD
DATA:
Diabetes Care. 2017 Mar;40(3):412-418. doi: 10.2337/dc16-2641.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28223445
Discussion:
・この 15 年で OCT、optos、Angio OCT など検査の普及、また抗 VEGF 治療など 2002 年とは大きく様変わりした
・しかし 抗 VEGF 薬は有効でありつつも費用面のことから今後も使用に関しては検討が必要である
Category:
眼合併症
2017年11月14日(火) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
The Association of Severe Hypoglycemia With Incident Cardiovascular Events and Mortality in Adults With Type 2 Diabetes.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov 10. pii: dc171669. doi: 10.2337/dc17-1669. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29127240
Discussion:
重症低血糖は心血管イベント、死亡との関連がある。
2017年11月11日(土) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Renal Protective Effect of DPP-4 Inhibitors in Type 2 Diabetes Mellitus Patients: A Cohort Study.
Author:
Kim YG
DATA:
J Diabetes Res. 2016;2016:1423191. doi: 10.1155/2016/1423191. Epub 2016 Dec 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28119930
Discussion:
・2 型糖尿病患者における DPP- 4 阻害薬の使用がアルブミン尿減少や eGFR 低下速度軽減に働き糖尿病性腎症を改善し得る可能性が示唆された。
2017年11月10日(金) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
A randomized, placebo-controlled study of the cardiovascular safety of the once-weekly DPP-4 inhibitor omarigliptin in patients with type 2 diabetes mellitus.
Author:
Gantz I
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2017 Sep 11;16(1):112. doi: 10.1186/s12933-017-0593-8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28893244
Discussion:
心血管を有する 2 型糖尿病患者においてオマリグリプチンは MACE および心不全による入院を増加させず、忍容性も良好であった。
2017年11月09日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Association of Insulin Pump Therapy vs Insulin Injection Therapy With Severe Hypoglycemia, Ketoacidosis, and Glycemic Control Among Children, Adolescents, and Young Adults With Type 1 Diabetes.
Author:
Karges B
DATA:
JAMA. 2017 Oct 10;318(14):1358-1366. doi: 10.1001/jama.2017.13994.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29049584
Discussion:
ドイツ、オーストリアなど 4 ヵ国で 80 % 以上の患者を登録したコホートデータにおいて、20 歳未満発症の 1 型糖尿病患者では、インスリンポンプ療法の方が頻回インスリン注射法よりも HbA1c が低下し、重症低血糖や糖尿病性ケトアシドーシスなど急性合併症の発症も優れていた。