糖尿病教育システム

糖尿病教育システム

入院および外来通院の患者さんを対象に糖尿病の教育を行っています。

栄養指導
・入院中の患者さんには栄養士によって、昼食時に行います。
栄養指導スケジュール
 月  はじめに(栄養指導の基礎) 
 火  食品交換表について 
 水  外食について 
 木  調味料について(主に塩分制限) 
 金  まとめ 

・外来通院中の患者さんには外来診察時間中に、行っています。

糖尿病教育講演会
医師による講演を行っています。
対 象 :入院患者さん、外来患者さん
講演時間:午後2:00~3:00(偶数月の土曜日) ※詳細は外来に掲示します。

インスリン自己注射・血糖自己測定
対 象 :入院患者さん、外来患者さん
指 導 :ほとんどは外来でインスリン導入しています。
     患者さんによっては、入院の上導入する場合もあります。

教育ビデオ
各病室で糖尿病に関する教育番組を時間を決めて放映しています。
※病室ではチャンネル2をご利用下さい。
対 象 :入院患者さん
放映時間:午前9:00~11:00 午後1:00~3:00

講 義
医師・看護師による講義を行っています。
また、運動療法の実地指導を午後2:30より屋外にて1時間行っています。
対 象 :入院患者さん
実施時間:午後4:00~5:00(月曜~木曜) 於:4階のディルーム
講義スケジュール
 月  糖尿病とは? 糖尿病昏睡、糖尿病の治療 
 火  糖尿病の合併症 
 水  日常の諸注意、低血糖対策、sick day(看護師) 
 木  食事療法(小児、妊婦、腎症を含む) 
 金  運動療法(運動の理論)(運動療法士) 

運動指導
専門トレーナーによる指導を行っています。
対 象 :入院患者さん
実施時間:午後4:00~5:00(金曜日) 於:5階のディルーム

糖尿病学習資料

東京女子医科大学糖尿病センター監修のPDFをダウンロードできます。

 小児ヤングの糖尿病
小児ヤングの糖尿病患者さんとそのご家族が知っておきたい糖尿病に関する基本知識と日々の生活における注意点をイラストやクイズを交えて解説しています。

 糖尿病と上手につきあうために -糖尿病を正しく知る- 
糖尿病の検査から治療、合併症など糖尿病に関する幅広い内容をテーマごとにわかり易くまとめています。

 Section1 糖尿病とは?  Section2 検査と診断
 Section3 糖尿病の慢性合併症  Section4 糖尿病の急性合併症
 Section5 糖尿病の治療  Section6 小児ヤングの糖尿病
 Section7 糖尿病と妊娠  Section8 日常生活指導
 監修者一覧


 小児糖尿病の子どもを預かる先生方へ 子どもと糖尿病 安心ハンドブック
[監修]内潟安子(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)

・先生方へのお願い
・事前にご相談・ご確認していただきたいこと(インスリンを注射するタイミング/インスリンを注射する場所と方法/インスリンの保管場所/低血糖の症状とその対処法/補色の内容(何を捕食にするか)/捕食の保管場所/他の子どもたちにどこまで説明するか)

・この冊子のPDFファイルを以下のページからダウンロードできます。
http://www.club-dm.jp/info/books.php


 小児ヤング糖尿病の子供たち・ご家族向け 小児糖尿病についてよく知ろう!
[監修]内潟安子(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)

はじめに」から・・・

    糖尿病になったのは、誰のせいでもありません。正しい知識をもって糖尿病を上手にコントロールしていけば、ほかのお友達と同じように遊んだり、勉強したりすることができます。お医者さんや看護師さんなどから教えてもらう以外にも、情報は、あなたのまわりにあふれており、さまざまなところから得ることができます。大いに利用し、自分の病気について正しく理解しましょう。
・この冊子のPDFファイルを以下のページからダウンロードできます。
 →https://www.diabetes.co.jp/booklet/default.aspx



出版物

糖尿病センターの出版物をご紹介します。

 糖尿病の治療マニュアル
糖尿病の治療マニュアル
東京女子医科大学糖尿病センター 編
 1989年の第1版からロングセラーを続けてきました「糖尿病の治療マニュアル」は10年ぶりに大改訂となり、第6版として実臨床の場にもどってきました。
 糖尿病腎症や足壊疽など重症の合併症の糖尿病患者さんの治療とケア、妊娠糖尿病や糖尿病妊婦さんの治療とケア、今日からすぐ活用できる栄養指導の実際的なやりかた、そして患者さんの日常生活にちょっとしたサポートアイデアなどなどで満載の、第6版となりました。

主な目次
I章 糖尿病と検査/II章 糖尿病治療・管理の実際/III章 糖尿病合併症の治療と管理
IV章 特別な配慮を必要とする糖尿病/V章 糖尿病の日常生活指導
VI章 糖尿病患者教育プログラム/VII章 糖尿病の病診連携



 小児・ヤング糖尿病 のびのびしっかりサポート

内 潟 安 子(東京女子医科大学糖尿病センター教授)

 この本は、社団法人日本女医会の社会活動の一環として、2002年5月に創刊し2004年6月に終刊いたしました日本女医会発行の雑誌「ゆうゆう糖尿病」のなかの、『小児ヤング糖尿病』のコーナーをまとめ、すこし加筆して読み易くしたものです。
 糖尿病の、幼い、小さい、そしてヤング年代の多くの若者と、外来という場で日々お会いします。くったくがなく、素朴で、すこし反抗期に入っているようでも素直で、いい子ばかりです。なかには摂食障害で悩んでいたり、学校にいけなくて悩んでいたり、友だちのことで悩んでいたりと、暗い顔のお子さんも来院してきます。来院したくなかったかもしれませんが、それでも来てくれます。
 そんな若者達やお母さん方から、血糖管理に関するいろんな疑問をもらいました。これら疑問の答えは、もう大きくなって社会人になっている元ヤングの皆さんから教えてもらった中にすべてありました。『こんなときどうしているの?』と聞くと、『こうやったら先生うまくいくよ』と、自分の体験談からよく教えてくれました。それがとても理屈に合っているのです。『なるほどそうなのか』、そこに理論を付けることができました。これらのエッセンスがこの本であるといっても過言ではないでしょう。これは教科書ではありませんが、21世紀の日本の糖尿病専門病院通院中の若者の、糖尿病の治療の考えかたともいえます。
 無理を強いることなく生活を愉しんで、家族やお友だちと仲良く暮していくための『糖尿病のある生活』のヒントをこの本からなにか掴んでいただけたら、幸甚の至りです。(以上、序文より)

CONTENTS
I章 学校と家庭へのお願い
1
学校の先生への手紙  2 こどもの自立を支える  3 2型糖尿病と1型糖尿病の受け入れの違い
II 章 正しい知識を得る
4
低血糖は怖くない  5 インスリン治療をすると誰でも太るの?  6 血糖自己測定 (SMBG) をどう読むかの前に  7 SMBG は一つのめやす  8 インスリン量の調節のしかた  9 どうして、のどが渇いてくるの? 10 「おやつ」「体育の時間のための補食」「給食」を考える
III章 最新の考え方を知ろう
11
予想外に血糖値が上下したら原因を考える 12 なぜ血糖コントローが必要なのか 13 世界中の研究者やメーカーがインスリン製剤を進歩させてきました 14 合併症が発症しても進展させない治療薬 15 育ち盛りの食事療法
終章 トラブル対策 16 熱が出ると、どうして血糖値が上がるのか 17 オーダーメイドのインスリン治療とは 18 インスリン治療のトラブル対策 (1) 19 インスリン治療のトラブル対策 (2) 20 SMBG を上手に活用するための記録のしかた
著者にインタビュー のびのびすくすく育てたい
索引

●A5・173ページ \1,470(本体\1,400) シービーアール(03-5840-7561)



 恐竜のダニー ダニーはティラノザウルス

[訳]  平盛(樋上)裕子(医療法人ひのうえ会 樋上病院)
[監訳] 内潟 安子(東京女子医科大学糖尿病センター)
[作成] ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
 アメリカ糖尿病協会発行の"Diabetes Forecast"に掲載されたお話を日本語にしたものです。
 小学生の男の子・ダニーは、好きな女の子・エレンがみんなに「ダニーは糖尿病なのよ」と話しているのを聞いてしまいます。糖尿病でもみんなと同じようになんでもできると思っているダニーにとって、それはショックでした。
 あるときダニーはかぜをひいて熱を出してしまいます。エレンや友だちに病人とは思われたくないダニーは、体調が悪いのに無理して学校へ行きます。自我が目覚めるころにありがちな勝ち気な態度。「病人じゃない。ぼくは病人じゃない」。ダニーはほえます。ダニーはこんなとき、恐竜になるのです。でもそれは、本当の恐竜ではありません。みせかけの恐竜。はりぼての恐竜。
 しかし、そんなダニーもひとつの出来事、ひとつの出会いをきっかけに、少しずつたくましくなります。ある日、学校の教室でエレンや友だちに「自分は糖尿病なんだ」と胸を張っていえるような、本当の勇気をもった恐竜になるチャンスが巡ってきます。

●本書の内容を、PDFファイルでご覧いただけます。



 ひとりぼっちを抱きしめて

荻原友未、瀧井正人 (社) 日本糖尿病協会 編
 1型糖尿病が引き金となって拒食、過食に悩む20歳の女性と心療内科医とのこころの往復書簡をまとめた本です。これは日本糖尿病協会機関紙『月刊さかえ』に3年あまりにわたって連載され、もう一度最初からまとめて読みたいと評判になったものです。
 友未さんは、食事とは切っても切りはなせない糖尿病をはからずしも14歳時に発症しました。 1型糖尿病であるのにもかかわらず、きびしく制限された食事療法を遵守することが治療であるといわれ、きまじめな性格の彼女はがんばりはじめます。しかし、ここから摂食障害という別のこころの病気がでてきてしまいました。
  摂食障害(拒食、過食を含める)は思春期の女性には、特におこりやすいものです。糖尿病がなくてもおこりやすいものです。いま、何万人という若い女性がこれで悩んでいることでしょう。
 推薦文で、臨床心理学者 河合隼雄先生もお書きになっていらっしゃいますが、友未さんは自分のつらいこころの内を勇気を出して赤裸々に書いています。これからも長い道のりです。しかし、一歩、一歩、着実に前進している姿がここにあります。
●B6・187ページ 本体価格1,400円
 医歯薬出版(株)発行(TEL.03-5395-7610)



 月刊 糖尿病ライフ さかえ 別冊 インスリンはともだち
(社) 日本糖尿病協会編

 1921年にバンティングとベストによってインスリンが発見されてから、インスリンは糖尿病治療に多大な貢献をしてきました。インスリン製剤はその後開発に開発を重ね、最近はいろいろに混合したものや、簡単なデバイスに入ったものが、次々と開発されています。しかし、インスリンを注射することには変わりありません。
 インスリンを必要とする糖尿病は、インスリン注射だけで血糖コントロールできる糖尿病ともいえます。でも、血糖コントロールできずに悩んでいる小さなおともだちやヤングの諸君をたくさんみてきました。たくさんのお母さん方の悩みも聞きました。どうしてインスリン治療はむずかしいのでしょう。それは、インスリン注射の実際を記した教科書やマニュアルがないからです。
 月刊「さかえ」に、たくさんのおともだちが"毎日の自分のインスリン注射のやりかた"を書いてくれました。教科書ではありません。マニュアルでもありません。でも、みんな、インスリン注射と仲良しになっています。この本のなかに、自分と似たおともだちがいませんか。探してみませんか。

「はじめに・インスリン注射と仲良しになりましょう」より

・目次・
はじめに・インスリン注射と仲良しになりましょう(内潟安子)/わたしの糖尿病日記/大人になって発症した1型糖尿病の方々からの声/海外の糖尿病事情/ミス・アメリカ'99 ニコール ジョンソン/あゆみちゃんの のんびり行こうよ!!(植田あつこ)/付・(社) 日本糖尿病協会に立ち寄ってみよう/おわりに・外来にないものが見つかりましたか?(渥美義仁)

●A4変形・181ページ 本体価格1,800円 医歯薬出版(株)発行(TEL.03-5395-7616)



 患者学シリーズ③ 糖尿病の治療はあなたも主治医〈小児・ヤングのために〉
東京女子医科大学糖尿病センター 所長・大森安惠+講師・内潟安子著

第1章 おさえておきたい小児・ヤング糖尿病の基礎
第2章 赤ちゃんのとき気をつけること
第3章 幼稚園や小学校の子どもたちへ
第4章 ティーンエイジャーになったとき
第5章 就職や結婚のこと
 たとえ糖尿病でも、血糖のコントロールを正常に保っていれば、勉強、遊び、スポーツ...なんでもOKです。この本には、糖尿病と上手につき合っていくためのコツや、学校生活、就職、結婚等々のことで悩んだときに役立つヒントがいっぱいです。

●A5判・48ページ 本体価格485円 (株)プラネット発行(TEL.03-3370-7411)



―基礎編―
 患者学シリーズ① 糖尿病の治療はあなたも主治医〈誰でもできる自己管理〉
    第1章 糖尿病を知る
    第2章 忘れてはならない緊急事態への対応
    第3章 絶対防ごう合併症
    第4章 治療のポイント

―女性のために―
 患者学シリーズ② 糖尿病治療はあなたも主治医〈安全ですこやかな妊娠・出産のために〉

    第1章 基本は計画妊娠
    第2章 すこやかにマタニティライフを過ごすには
    第3章 妊娠中、気をつけたいこと
    第4章 おめでとう!出産

 結婚をひかえている方はもちろん、18歳を過ぎたら是非この1冊は手許に置いておきたい本です。一度ひととおり読んでおかれることをお勧めします。




 ヤング糖尿病 青春を生きる!
東京女子医科大学糖尿病センター
小児・ヤンググループ編

第1部 思春期の性と妊娠

    ヤング糖尿病の妊娠と出産/ヤング糖尿病男性の性/ヤング糖尿病女性の月経周期
第2部 糖尿病合併症の予防―思春期に大切な日常の注意点―
    ヤング糖尿病と腎臓/ヤング糖尿病と網膜症/ヤング糖尿病と動脈硬化
第3部 青春を生きる―人生と生活を語る―
    糖尿病と就職と仕事/糖尿病と恋愛・結婚/糖尿病と学校・スポーツ・生活

●A5判・168ページ 本体価格1,942円 医歯薬出版(株)発行(TEL.03-5395-7616)



 治療と自己管理のポイント 糖尿病のすべてがわかる本
東京女子医科大学糖尿病センター 大森安惠+岩本安彦編

 序 章 糖尿病の現状
 第1章 糖尿病はどんな病気か
 第2章 糖尿病の治療
 第3章 糖尿病と上手に付き合う
 第4章 管理者のための糖尿病対応マニュアル
 第5章 糖尿病を予防するには

 血糖コントロールを正しく行い、合併症を引き起こさないための第一線の専門医による最新の入門書。第4章の「管理者のための糖尿病対応マニュアル」は必読です。上司に糖尿病とは?と説明する際に最も役に立つと思います。また、会社で部下が糖尿病になったときどうすればよいかも書かれています。糖尿病の本がたくさん出版されていますが、この項のような内容は見あたりません。

●B6判・194ページ 本体価格1,465円 日本経済新聞社発行(03-3270-0251)



 お母さんの疑問に答える 子どもの糖尿病 なんでも相談

内潟安子監訳 村山寿美子訳

    糖尿病とは/インスリン注射と副作用/糖尿病のコントロール/食事療法/学校、キャンプ、スポーツ/感情・情緒の問題/赤ちゃん、よちよち歩きの幼児の糖尿病/ティーンエイジャーと糖尿病/旅行にでかける/医療費、保険、今後の展望/とっておきのデザート/付録(注射部位、低血糖症、高血糖症、糖尿病性ケトアシドーシス、日本で発行されている小児糖尿病の本、自己血糖測定器のいろいろ
 この本はイギリスのティーチングナースであるお母さまが、IDDMのお子さんを育てていくうえで、日々疑問に思ったことを次々ととりあげて解決していった本です。読みやすくQ&Aになっています。小さいお子さんをおもちのお母さまの必読書です。

●A5判・206ページ 本体価格1,942円 医歯薬出版(株)発行(TEL.03-5395-7616)



 [改訂版]女性のための糖尿病教室 安全な妊娠・出産のために

東京女子医科大学名誉教授 大森安恵

第1章 生と死と
悲しい思い出/こうして糖尿病妊婦の出産が可能に
第2章 糖尿病とはこういう病気である
糖尿病とは/糖尿病の治療/恐ろしい糖尿病の合併症/日本糖尿病協会について
第3章 糖尿病と妊娠のかかわり合い
なぜ糖尿病者の妊娠は恐れられたか/妊娠中の糖尿病の発見
第4章 糖尿病者の結婚
糖尿病があっても結婚できる/スウェーデンからの手紙
第5章 糖尿病と妊娠の臨床
計画妊娠の重要性/計画妊娠で無事に出産/知っておきたい妊娠中の問題点/発病の時点から妊娠の準備を/妊娠中の糖尿病の治療/糖尿病母体から生まれた赤ちゃん
終章
妊娠を希望される方へのアドバイス/女性の立場から糖尿病を考える

 これは以前に好評でありましたものの改訂版です。結婚直近の方も、まだ直近でない方も、また女の子をおもちのお母さまには是非読んでいただきたい1冊です。

●B6判・159ページ 本体価格1,800円 (株)プラネット発行(TEL.03-3370-7411)


このページの先頭へ