診療案内(入院)

入院への流れ

  • 通常の入院は、予約が必要です。入院予約は、外来担当医の指示によります。
  • 緊急入院の場合、満床によりやむを得ず糖尿病センター以外の病院に入院していただくこともあります。
  • 入院日を予め設定した「短期入院」のシステムもあります。詳しくは外来担当医にお尋ねください。
  • 糖尿病教育システム」のページもあわせてごらんください。

短期入院

血糖コントロールを主目的にした短期入院には7日間のコースと3日間のコースがあります。

日曜日入院~同週土曜日退院の7日間コース
1週間の短期入院で、これらを集中的に行います
・病型の確認
・血糖コントロールの現状把握
・インスリン分泌能・抵抗性の評価
・糖尿病性合併症の重症度の評価
・糖尿病教育(個人栄養指導・服薬指導を含む)
・治療内容の再検討

皆様のかかりつけの先生に代わって、糖尿病センタースタッフが担当させていただきます
・内科は、糖尿病専門医/糖尿病指導医と若い医師とのチームで担当します。
・眼科は糖尿病専門の眼科医が担当します。
・糖尿病療養指導士の資格を有する看護師を中心に、看護部門を担当します。
・糖尿病療養指導士の資格を有する管理栄養士を中心に、栄養部門を担当します。
・糖尿病に特異的な精密な検査も、糖尿病療養指導士の資格を有する検査技師が担当します。
・薬剤師はベッドサイドで服薬指導します。
以上のスタッフが一致団結して、一緒にチーム医療を行います 。

入院から退院までの流れ
ふだん診察を受けている主治医の先生から入院を勧められたら・・・
(1)主治医の先生に、地域連携室にファックスか電話で初診予約を取ってもらいます。
(2)予約日に、初診していただきます。
(3)初診医が診察後、希望の週の短期入院予約伝票を作成します。
(4)その後、入院予約デスクに寄っていただき、入院日を決定します。
(5)入院予約係から、前週に皆さんに確認の連絡が入ります。
(6)入院当日(日曜日)の午前中に、糖尿病センターにお越しください。
(7)退院2週間前後に、紹介いただいたかかりつけ医の先生に、退院サマリーが送られます。

月曜日入院~水曜日退院 または 木曜日入院~土曜日退院の3日間コース
2010年6月より、3日入院パスを実施しております。
<月・火・水曜日コース>
<木・金・土曜日コース>

内容は、血糖測定とともに
1日目:集団栄養指導、糖尿病教室、服薬指導
2日目:朝食負荷試験、個人栄養指導
3日目:医師からの説明
*CGMSを用いた評価もおこなっております。

まずは初診予約をお取りください。
地域連携室に電話 03-5269-7160 もしくは、FAX 03-5269-7387 にてご連絡ください。
次に、初診していただき、3日パスコースの予約をいたします。

眼科手術

糖尿病専門医による全身的管理下に眼科手術
 糖尿病センターには、糖尿病・代謝内科と糖尿病眼科が隣り合わせのように並んでいます。よって、眼科的手術が必要な患者様には、以下のような体制で行うことができます。
 眼科手術が必要な入院患者様は、"全員"、糖尿病専門医が内科側の主治医となって、手術前から全身の管理を行います。そして、手術当日は、糖尿病センター病棟から、手術室に向かうことになります。手術が終了しても、糖尿病専門医が内科的に術後の管理をきっちりと行い、術後の合併症を少なくしています。

 内科医との緊密な連携のもと、糖尿病眼科医は、糖尿病網膜症、白内障、緑内障などの外来診療と入院診療を行っております。平成22年の1年間には、光凝固は780件、硝子体手術は270件、白内障手術は320件 行いました。

 また、入院中は、日本糖尿病療養指導士の資格をもった看護師、検査技師、栄養士の面々が、入院患者様の看護、検査、栄養部門を担当しております。

 手術の必要な患者様全員が糖尿病専門医による内科管理のもとに眼科手術が行われる医療機関は、日本でも、世界でも珍しく、東京女子医科大学糖尿病センターの特徴といえましょう。

このページの先頭へ