モーニングレクチャー
2014年12月09日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Hospital mortality prognostication in sepsis using the new biomarkers suPAR and proADM in a single determination on ICU admission.
Author:
Suberviola B
DATA:
Intensive Care Med. 2013 Nov;39(11):1945-52. doi: 10.1007/s00134-013-3056-z. Epub 2013 Aug 16.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23949703
Discussion:
敗血症患者におけるICU入院時のsuRAR、Pro-ADMはPCTやCRPよりも死亡に対する予測因子としてすぐれたツールになることが示唆された。
重症度スコアの方が死亡の予測因子として精密であった。
Category:
2014年12月08日(月) 担当:中神朋子(講師)
Reference:
Title:
Early improvement predicts reduced risk of incident diabetes and improved cardiovascular risk in prediabetic asian Indian men participating in a 2-year lifestyle intervention program.
Author:
Nanditha A
DATA:
Diabetes Care. 2014 Nov;37(11):3009-15
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25216506
Discussion:
(1)Pre-DMで生活習慣介入により早期に血糖正常化させることはDM発症リスクの低下に有意に関係した。

(2)2y目に正常耐糖能へ戻るには、1)もともとの膵機能が良いこと、2)膵機能が過中に改善すること、3)6ヶ月目に耐糖能が正常化していること、が大切。
(3)正常耐糖能へのもどりは緩除だったが、DMへの悪化はCVD リスク悪化と関係していた。

Category:
2014年12月06日(土) 担当:長田(前期研修医)
Reference:
Title:
Effect of screening for coronary artery disease using CT angiography on mortality and cardiac events in high-risk patients with diabetes: the FACTOR-64 randomized clinical trial.
Author:
Muhlestein JB
DATA:
JAMA. 2014 Dec 3;312(21):2234-43. doi: 10.1001/jama.2014.15825.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25402757
Discussion:
無症状のDM患者において、CDAスクリーニング目的のCCTAをルーチンで行うべきではない。一方でこれらの患者に対してガイドラインに準じた高血圧、高脂血症の治療は有効であると考えられ、そういった治療をより確実に行うべきである。
Category:
2014年12月04日(木) 担当:尾形真規子(講師)
Reference:
Title:
Milk intake and risk of mortality and fractures in women and men: cohort studies.
Author:
Michaëlsson K
DATA:
BMJ. 2014 Oct 28;349:g6015.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25352269
Discussion:
牛乳を3杯以上飲む女性では1杯以下の女性に比べて、総死亡が1.93倍、腰骨折が1.6倍だった、しかしrandomisedtrialではない住環境、民族の影響は否定できない。牛乳摂取量をoxidative stress markerとInflamnation markerが上昇していた。galatoseが悪さをしているのか?
Category:
2014年12月03日(水) 担当:市原由美江(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations of Severe Hypoglycemia in Patients With Type 1 Diabetes Mellitus, Type 2 Diabetes Mellitus, and Non-diabetes Mellitus: Clinical Analysis of 578 Hypoglycemia Cases.
Author:
Tsujimoto T
DATA:
Medicine (Baltimore). 2014 Nov;93(23):e148
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25415670
Discussion:
1型糖尿病の重症低血糖は夏に多く、非糖尿病の重症低血糖は冬に多く、2型糖尿病の重症低血糖は季節性変化がない。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ