モーニングレクチャー
2015年05月26日(火) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Soluble tumor necrosis factor receptor 1 and 2 predict outcomes in advanced chronic kidney disease: a prospective cohort study.
Author:
Neirynck N
DATA:
PLoS One. 2015 Mar 30;10(3):e0122073. doi: 10.1371/journal.pone.0122073. eCollection 2015.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25823004
Discussion:
血清可溶性TNFレセプター1,2濃度高値は、CKDステージ4または5の非透析患者の全死亡率または心血管イベント発生に対してそれぞれ独立したリスク因子である。
Category:
2015年05月20日(水) 担当:横山陽一(前期研修医)
Reference:
Title:
ABO and Rhesus blood groups and risk of type 2 diabetes: evidence from the large E3N cohort study.
Author:
Fagherazzi G
DATA:
Diabetologia. 2015 Mar;58(3):519-22. doi: 10.1007/s00125-014-3472-9. Epub 2014 Dec 23.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25533388
Discussion:
今回の研究でO型は他の血液型と比較して2型糖尿病の発症リスクは低めであり、糖尿病発症に対する血液型の関与が示唆された。
今後、臨床的や疫学的など様々な視点から研究がなされる必要がある。
Category:
2015年05月19日(火) 担当:吉田宣子(後期研修医)
Reference:
Title:
Association between subclinical hypothyroidism and diabetic nephropathy in patients with type 2 diabetes mellitus.
Author:
Furukawa S
DATA:
Endocr J. 2014;61(10):1011-8. Epub 2014 Aug 7.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25100149
Discussion:
SCHは日本人2型DM患者において糖尿病性腎症と独立した関連を示す可能性が示唆された。糖尿病性腎症患者では甲状腺機能のスクリーニングを検討する必要がある。
Category:
2015年05月15日(金) 担当:滝澤美保(助教)
Reference:
Title:
Changes in Gene Expression in Responders and Nonresponders to a Low-Intensity Walking Intervention.
Author:
Osler ME
DATA:
Diabetes Care. 2015 Mar 20. pii: dc142606. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25795414
Discussion:
IGTに対するlow intensity exercise介入により耐糖能を正常化することができ、これは骨格筋のミトコンドリアや代謝関連遺伝子のmRNA発現が増加することと関連している。
しかし、より強い耐糖能障害を示す人においては、今回のexerciseによる改善効果は限られている。
Category:
2015年05月14日(木) 担当:佐伯忠賜朗(助教)
Reference:
Title:
Mitochondrial haplogroups are associated with severity of diabetic retinopathy.
Author:
Estopinal CB
DATA:
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014 Aug 12;55(9):5589-95. doi: 10.1167/iovs.14-15149.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25118268
Discussion:
mfハプログループは全経過中のHbA1c中央値>8%か否かと同じ位強い。増殖糖尿病網膜症の危険因子である可能性を示唆
mtハプログループはDMR重篤度に関する→1つのバイオマーカーとして有用な可能性
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ