モーニングレクチャー
その他
2017年03月08日(水) 担当:田内恵理子(後期研修医)
Reference:
Title:
Primary Care Physician Volume and Quality of Diabetes Care: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Cheung A
DATA:
Ann Intern Med. 2017 Feb 21;166(4):240-247. doi: 10.7326/M16-1056. Epub 2016 Dec 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27951589
Discussion:
全診療人数が多いプライマリケア医のDM診療の質は低いが、DM診療人数が多いと質が高い傾向があった。
DM診療人数が少ない内科医を支援する医療政策やプログラムはDM診療の質を改善するかもしれない。
2017年03月07日(火) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetes in midlife and cognitive change over 20 years: a cohort study.
Author:
Rawlings AM
DATA:
Ann Intern Med. 2014 Dec 2;161(11):785-93. doi: 10.7326/M14-0737.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25437406
Discussion:
糖尿病のコントロールや病歴の長さが認知機能低下の度合を左右する要因となり得る。これは高血糖による血管障害に起因する。
⇒適切な血糖管理が認知機能低下を緩やかにする。
Category:
その他
2017年02月24日(金) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Adipose-Derived Stem Cells Accelerate Diabetic Wound Healing Through the Induction of Autocrine and Paracrine Effects.
Author:
Kuo YR
DATA:
Cell Transplant. 2016;25(1):71-81. doi: 10.3727/096368915X687921. Epub 2015 Apr 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25853951
Discussion:
げっ歯類の糖尿病性創部モデルにおいて、創部周囲に同系から採取した非糖尿病性の脂肪由来幹細胞(ASCs)を局所皮下注入したところ、創部治癒促進を認めた。
ASCは、オートクライン効果やパラクライン効果を通じて最上皮化や細胞移動・浸潤を促進することにより、局所の炎症反応抑制、活性化した成長因子の産生、細胞の収集を促し、組織再生を促進することが示された。
Category:
フットケアその他
2017年02月21日(火) 担当:藤川広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of Acute Kidney Injury in Patients on Concomitant Vancomycin and Piperacillin-Tazobactam Compared to Those on Vancomycin and Cefepime.
Author:
Navalkele B
DATA:
Clin Infect Dis. 2017 Jan 15;64(2):116-123. doi: 10.1093/cid/ciw709. Epub 2016 Oct 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27986669
Discussion:
PIPC/TAZとVCMを併用した場合、CFPMとVCMの併用と比べて有意にAKIの発生率が高く、早期にAKIが発生した。
PIPC/TAZ投与群ではVCMトラフ値と関連なくAKIが高率に発生し、PIPC/TAZの腎毒性が示唆される。
Category:
薬物療法その他
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ