モーニングレクチャー
コホート(観察)研究
2021年11月11日(木) 担当:井倉 和紀(助教)
Reference:
Title:
Long-term population-based trends in the incidence of cardiovascular disease in individuals with type 1 diabetes from Finland: a retrospective, nationwide, cohort study
Author:
Valma Harjutsalo
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol . 2021 Sep;9(9):575-585.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34303414/
Discussion:
  • 1965年~1999年にフィンランドにて15歳未満で発症した1型糖尿病患者11,766名のうち1,761名が心血管疾患を発症。(観察期間中央値 29.6 年)
  • 若年発症の1型糖尿病患者において、心血管疾患の発症リスクは経年的に減少しているが、一般人口と比較するといまだ罹患率は高く、心血管疾患に対する早期かつ効果的な予防法の検討が必要である。
2021年11月04日(木) 担当:金箱勇太郎 (医療練士)
Reference:
Title:
The Beneficial Effects of Earlier Versus Later Implementation of Intensive Therapy in Type 1 Diabetes
Author:
John M Lachin
DATA:
Diabetes Care . 2021 Aug 11;dc211331. doi: 10.2337/dc21-1331.Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34380706/
Discussion:
DCCT 試験後の EDIC 試験に参加した 1 型糖尿病患者 1396 人を 1 ~ 10 年、11 ~ 20 年の前半、後半において HbA1c 7 % 、9 %の期間での大血管障害、eGFR の低下について比較試験を行った。
HbA1c 7 %を達成していた期間が前半であった患者群のほうが、HbA1c 7 % を後半期間に達成した患者より大血管障害、eGFR の低下のリスクは低かった。
1 型糖尿病において発症初期段階で HbA1c を改善することは、長期的な合併症予防において重要であることが示された。
2021年09月30日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Are people with metabolically healthy obesity really healthy? A prospective cohort study of 381,363 UK Biobank participants
Author:
Zhou Z, et al.
DATA:
Diabetologia . 2021 Sep;64(9):1963-1972.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34109441/
Discussion:

代謝異常を伴わない肥満:Metabolically healthy obesityは,2型糖尿病・ASCVD・心不全・呼吸器疾患・死亡の危険因子であり、臨床現場での「Metabolically healthy obesity」という用語の使用は,misleadingにつながる恐れがあり避けるべきである.


2021年08月19日(木) 担当:仲原 令(研修医1年)
Reference:
Title:
Glycemic Control, Diabetic Complications, and Risk of Dementia in Patients With Diabetes: Results From a Large U.K. Cohort Study
Author:
Bang Zheng
DATA:
Diabetes Care . 2021 May 25;dc202850. doi: 10.2337/dc20-2850. Online ahead of print.
Abstract:
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34035076/
Discussion:
糖尿病合併症の低血糖症状・微小血管障害、HbA1c 高値や変動が大きいことは認知症発症と有意な関連があると示され、また、神経障害・腎症は網膜症より認知症発症率と関連が強いことが明らかになった。血糖コントロールを良好に保つことが認知機能低下を軽減する上で価値がある。
2021年08月12日(木) 担当:馬場園 哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Prevalence and predictors of atrial fibrillation in Japanese patients with type 2 diabetes
Author:
Otake S, et al.
DATA:
Diabetology Int Published online: 16 May, 2021
Abstract:
https://link.springer.com/article/10.1007/s13340-021-00509-2
Discussion:
2004年から2005年までの間に当科を初診し心電図を記録された2型糖尿病患者1,650名における心房細動の有病率は4.4%であり,年齢・性調整後の合併リスクは日本人一般集団の約3.5倍であった.心房細動の独立した予測因子は高齢,男性,高血圧,血小板数の減少であった.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ