モーニングレクチャー
薬物療法
2018年12月10日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Dapagliflozin and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Wiviott SD
DATA:
N Engl J Med. 2018 Nov 10. doi: 10.1056/NEJMoa1812389. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415602
Discussion:
DECLARE-TIMI58試験は,SGLT2阻害薬を用いた3番目の心血管アウトカム試験(CVOT)である.主要評価項目である複合心血管イベント(3P-MACE)に対しては非劣勢を示すに留まり,有意な優越性は認められなかった.もう1つの有効性評価項目である心不全入院+心血管死亡,さらに腎イベントは有意に減少した.
2018年11月30日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Oral Semaglutide Compared With Placebo and Subcutaneous Semaglutide on Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Davies M
DATA:
JAMA. 2017 Oct 17;318(15):1460-1470. doi: 10.1001/jama.2017.14752.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29049653
Discussion:
2 型糖尿病患者において、経口セマグルチドは 26 週にわたって、プラセボより優れた血糖コントロールをもたらした。
2018年11月02日(金) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Management of Hyperglycemia in Type 2 Diabetes, 2018. A Consensus Report by the American Diabetes Association (ADA) and the European Association for the Study of Diabetes (EASD).
Author:
Davies MJ
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct 4. pii: dci180033. doi: 10.2337/dci18-0033. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30291106
Discussion:

SGLT2阻害薬やGLP‒1受容体作動薬などの臓器保護効果を検証した,最近の大規模臨床試験の結果に基づくADAEASD による新しい「高血糖管理に関するコンセンサスレポート」である.

2018年11月01日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Cardiovascular and Renal Outcomes With Canagliflozin According to Baseline Kidney Function.
Author:
Neuen BL
DATA:
Circulation. 2018 Oct 9;138(15):1537-1550. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.035901.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29941478
Discussion:

CVD 既往を有する、または CVD 発症リスクの高い 2 型糖尿病患者において、カナグリフロジンの腎・CV イベント抑制に対する benefit は腎機能低下症例においても(少なくとも eGFR 30 までは)変わらない。

2018年10月24日(水) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Environmental effects of ambient temperature and relative humidity on insulin pharmacodynamics in adults with type 1 diabetes mellitus.
Author:
Al-Qaissi A
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2018 Oct 12. doi: 10.1111/dom.13555. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30311402
Discussion:
周囲の温度が高いときは、低いときに比べてインスリン効果のピークがより大きくなった。温度が高いときは高湿度も影響した。高温環境では 1 型糖尿病患者の低血糖イベントが増えるかもしれない。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ