モーニングレクチャー
1型糖尿病
2017年08月31日(木) 担当:松浦篤人(前期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of and Risk Factors for Diabetic Peripheral Neuropathy in Youth With Type 1 and Type 2 Diabetes: SEARCH for Diabetes in Youth Study.
Author:
Jaiswal M
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1226-1232. doi: 10.2337/dc17-0179. Epub 2017 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674076
Discussion:
・糖尿病の若者の間で DPN の割合は高く、早期スクリーニングとより良いリスク要因管理の必要性が ある
・血糖コントロール不良および脂質異常の若者への介入は、神経障害合併症を予防・遅延させる可能性がある
2017年08月26日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of Severe Hypoglycemia in Type 1 Diabetes Over 30 Years of Follow-up in the DCCT/EDIC Study.
Author:
Gubitosi-Klug RA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1010-1016. doi: 10.2337/dc16-2723. Epub 2017 May 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28550194
Discussion:
DCCT期間中、強化療法群では3倍の重症低血糖( Sever hypoglycemia;SH )を増加させた。その後の EDIC により 20 ~ 30 年間経過を follow up したところ、SH は低下もしくは横ばいであった。SH の主要なリスクとしては、HbA1c 値の低下及び、SH の既往のある患者群であった。
2017年08月24日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Cardiovascular and metabolic effects of metformin in patients with type 1 diabetes (REMOVAL): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Petrie JR
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Aug;5(8):597-609. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30194-8. Epub 2017 Jun 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28615149
Discussion:

メトホルミンは40歳以上の動脈硬化性因子の多い1型糖尿病患者における3年間の投与において、HbA1c 、体重、LDLCを低下させ、またeGFRを保持させる作用があることが判明した。頸動脈内膜中膜肥厚も有意に低下させることから、心血管合併症の予防が期待される。

2017年08月22日(火) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
A Single Bout of High-Intensity Interval Training Reduces Awareness of Subsequent Hypoglycemia in Patients With Type 1 Diabetes.
Author:
Rooijackers HM
DATA:
Diabetes. 2017 Jul;66(7):1990-1998. doi: 10.2337/db16-1535. Epub 2017 Apr 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28420673
Discussion:
強化インターバルトレーニング( HIIT )上昇する血中乳酸値と、 HIIT 直後に人為的に低血糖をおこし、その際の低血糖症状、インスリン拮抗ホルモン反応、認知機能の低下の関連を検討した。糖尿病神経障害のない群では、 HIIT 直後におこる低血糖に対して、低血糖症状、インスリン拮抗ホルモンの反応や認知機能低下が抑制された。これは HIIT による乳酸値の上昇が、低血糖時の脳代謝の代替になり、低血糖症状などが抑制される可能性が示唆されるが、その場合に低血糖の対処が遅れる危険性があり注意を要する。
2017年08月17日(木) 担当:滝内 紘史(前期研修医)
Reference:
Title:
Increased Interleukin-35 Levels in Patients With Type 1 Diabetes With Remaining C-Peptide.
Author:
Espes D
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1090-1095. doi: 10.2337/dc16-2121. Epub 2017 Jun 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28620093
Discussion:
・Type 1 DM で βcell 機能が残っている患者は、IL-35 が高い。
・Type 1 DM 患者において、今後治療の選択として IL-35の可能性を研究することは意義があると考える。
Category:
1型糖尿病
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ