モーニングレクチャー
2017年10月18日(水) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of SGLT-2 inhibitors on diabetic ketoacidosis: A meta-analysis of randomised controlled trials.
Author:
Monami M
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2017 Aug;130:53-60. doi: 10.1016/j.diabres.2017.04.017. Epub 2017 May 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28570924
Discussion:
ここで要約された臨床試験の結果に基づいて、SGLT-2 阻害剤に関連するDKA のリスクは、2 型糖尿病の患者に適切に処方されている場合には無視できると結論づけることができる。
2017年10月17日(火) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effects of postmeal exercise on postprandial glucose excursions in people with type 2 diabetes treated with add-on hypoglycemic agents.
Author:
Erickson ML
DATA:
Diabetes Res Clin Pract. 2017 Apr;126:240-247. doi: 10.1016/j.diabres.2017.02.015. Epub 2017 Mar 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28284168
Discussion:
朝食後の運動は運動施行中の血糖低下をさせるが、この効果はその後の血糖を改善させるまでいたらなかった。
2017年10月16日(月) 担当:廣瀬晶(講師)
Reference:
Title:
Macular Vascular Fractal Dimension in the Deep Capillary Layer as an Early Indicator of Microvascular Loss for Retinopathy in Type 2 Diabetic Patients.
Author:
Chen Q
DATA:
Invest Ophthalmol Vis Sci. 2017 Jul 1;58(9):3785-3794. doi: 10.1167/iovs.17-21461.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/%2028744552
Discussion:
光干渉断層計による血管画像(OCTA)のフラクタル次元解析により、糖尿病早期の時点での網膜細小血管障害を検出できる可能性がある。
2017年10月14日(土) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Improvement in Glycemic Control of Type 2 Diabetes After Successful Treatment of Hepatitis C Virus.
Author:
Hum J
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1173-1180. doi: 10.2337/dc17-0485. Epub 2017 Jun 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28659309
Discussion:
・2 型糖尿病患者において、C 型肝炎に対して DAA (直接型抗ウイルス薬)で SVR (血中 HCV - RNA 持続陰性化)を得た後、血糖コントロールが改善した。

・HbA1c の低下だけではなく、インスリンの使用率も低下した。

・SVR 後の長期的な血糖コントロールや合併症への影響についても更なる調査が必要である。

Category:
2型糖尿病その他
2017年10月13日(金) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Weight and Metabolic Outcomes 12 Years after Gastric Bypass.
Author:
Adams TD
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 21;377(12):1143-1155. doi: 10.1056/NEJMoa1700459.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28930514
Discussion:
・Roux-en-Y 法胃バイパス術後の群と、非手術群を 12 年間観察
・Roux-en-Y 法胃バイパス術後の長期間の体重減量効果と効果的な T2DM 、HT 、DL の寛解率および発症率の低下を示した。