モーニングレクチャー
2018年08月18日(土) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年08月17日(金) 担当:秋山彩香(後期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence and clinical characteristics of dry eye disease in community-based type 2 diabetic patients: the Beixinjing eye study.
Author:
Zou X
DATA:
BMC Ophthalmol. 2018 May 10;18(1):117. doi: 10.1186/s12886-018-0781-7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29747621
Discussion:
  • DED 罹患率は健常者よりも DM 患者で有意に高い
  • 血糖コントロール不良の DM 患者は DED に罹患しやすい
  • DM の普段の診療から DED 検査を追加する必要がある
Category:
眼合併症
2018年08月16日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Effect of the Duodenal-Jejunal Bypass Liner on Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes With Obesity: A Meta-analysis With Secondary Analysis on Weight Loss and Hormonal Changes.
Author:
Jirapinyo P
DATA:
Diabetes Care. 2018 May;41(5):1106-1115. doi: 10.2337/dc17-1985.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29678867
Discussion:
  • 本研究は肥満合併2型糖尿病患者のみが対象となっており、メタ解析結果は、DJBLが、肥満合併2型糖尿病患者の血糖指標の有意な改善と関連していることを示唆している。
  • 肥満合併2型糖尿病患者の治療のための薬物療法および生活習慣介入への補助的な治療としてのDJBLの可能性が示唆された。
  • DJBL時のHbA1cの変化について、糖尿病治療薬の変化が考慮されていない。SGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬などを使用されていた可能性があることを考慮する必要がある。
  • 研究の大部分は観察研究である。
Category:
2型糖尿病肥満
2018年08月15日(水) 担当:鈴木裕太(助教)
Reference:
Title:
PARS PLANA VITRECTOMY FOR DIABETIC MACULAR EDEMA: A Systematic Review, Meta-Analysis, and Synthesis of Safety Literature.
Author:
DATA:
Retina. 2017 May;37(5):886-895. doi: 10.1097/IAE.0000000000001280.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27632713
Discussion:
  • 硝子体手術は糖尿病黄斑浮腫に対し構造的には改善をもたらすが、視力に関してはレーザー光凝固術または経過観察と比較して有意な差はなかった。
  • 重大なリスク因子は特定されなかった。
Category:
眼合併症
2018年08月14日(火) 担当:西脇 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Risk Factors Accelerate Kidney Function Decline in Post-Myocardial Infarction Patients: The Alpha Omega Cohort Study.
Author:
Esmeijer K
DATA:
Kidney Int Rep. 2018 Mar 16;3(4):879-888. doi: 10.1016/j.ekir.2018.03.005. eCollection 2018 Jul.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29989031
Discussion:
  • 心筋梗塞後の患者において、心血管リスクのうち糖尿病、最近の喫煙、高血圧、肥満は腎機能悪化のリスクであったが、一方で高コレステロール血症は腎予後に影響しなかった。
  • 心血管リスク因子を多く持つほど、腎機能は低下しやすい傾向にあった。
Category:
腎症・高血圧