モーニングレクチャー
2017年12月11日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
Serum Vascular Endothelial Growth Factor Levels in the IVAN Trial; Relationships with Drug, Dosing, and Systemic Serious Adverse Events
Author:
Chris A. Rogers
DATA:
Ophthalmology Retina 2017.DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.oret.2017.05.015
Abstract:
http://www.ophthalmologyretina.org/article/S2468-6530(17)30109-4/fulltext
Discussion:
610 例の加齢黄斑変性に対して、抗 VEGF 抗体薬であるラニビズマブまたはベバシズマブを硝子体注射をした 2 年後の血中 VEGF 濃度は、ベバシズマブがラニビズマブより低下し、高い血中 VEGF 濃度が ATE に関与し、ベバシズマブにおいて IME が増加した。
Category:
眼合併症
2017年12月08日(金) 担当:廣田尚紀(後期研修医)
Reference:
Title:
Comparison of the effects of diets high in animal or plant protein on metabolic and cardiovascular markers in type 2 diabetes: A randomized clinical trial
Author:
Sucher S
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2017 Jul;19(7):944-952. doi: 10.1111/dom.12901. Epub 2017 Mar 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28181738
Discussion:
高たんぱく食により BMI、コレステロール値、尿酸値は減少するが、タンパク質の種類による臨床パラメータへの影響の差は見られたのは尿酸値のみであった。

高たんぱく食によるインスリン抵抗性の改善は認められなかった。
2017年12月07日(木) 担当:柳澤慶香(講師)
Reference:
Title:
Fetal overgrowth in women with type 1 and type 2 diabetes mellitus.
Author:
Ladfors L
DATA:
PLoS One. 2017 Nov 9;12(11):e0187917. doi: 10.1371/journal.pone.0187917. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29121112
Discussion:
妊娠中体重増加高値が、1 型糖尿病、2 型糖尿病合併妊娠では母体 BMI と独立して、1 型糖尿病合併妊娠では母体血糖コントロールと独立して、胎児過成長と関連していた。胎児の過成長のリスクを減らすためには、糖尿病合併妊娠管理において体重増加により重点を置く必要がある。
Category:
妊娠
2017年12月06日(水) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Degludec versus Glargine in Type 2 Diabetes.
Author:
Marso SP
DATA:
N Engl J Med. 2017 Aug 24;377(8):723-732. doi: 10.1056/NEJMoa1615692. Epub 2017 Jun 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28605603
Discussion:
心血管リスクが高く、基礎インスリン投与を受けている 2 型糖尿病の心血管アウトカムの観察では、デグルデク群がグラルギン群に対する非劣性を確認し、より低い重度・夜間低血糖率において優位性を確認した。
2017年12月05日(火) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: