モーニングレクチャー
2017年08月17日(木) 担当:滝内 紘史(前期研修医)
Reference:
Title:
Increased Interleukin-35 Levels in Patients With Type 1 Diabetes With Remaining C-Peptide.
Author:
Espes D
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1090-1095. doi: 10.2337/dc16-2121. Epub 2017 Jun 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28620093
Discussion:
・Type 1 DM で βcell 機能が残っている患者は、IL-35 が高い。
・Type 1 DM 患者において、今後治療の選択として IL-35の可能性を研究することは意義があると考える。
Category:
1型糖尿病
2017年08月16日(水) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
High Serum PCSK9 Is Associated With Increased Risk of New-Onset Diabetes After Transplantation in Renal Transplant Recipients.
Author:
Eisenga MF
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):894-901. doi: 10.2337/dc16-2258. Epub 2017 May 1.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28461454
Discussion:
より高い PCSK9 値は交絡因子とは無関係に腎移植後患者において、 NODAT の発症との関連が示唆された。
PCSK9 の阻害は高 Chol 血症を防ぐだけでなく、NODAT の発症も予防する可能性がある。
Category:
その他
2017年08月15日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Repurposing metformin for the prevention of cancer and cancer recurrence.
Author:
Heckman-Stoddard BM
DATA:
Diabetologia. 2017 Aug 3. doi: 10.1007/s00125-017-4372-6. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28776080
Discussion:
メトホルミンには長い歴史と多くの臨床経験があり癌予防として非常に魅力的。
癌に対する複数の作用機序があり、生物学的な妥当性がある。
2017年08月14日(月) 担当:坂田優子(前期研修医)
Reference:
Title:
Dulce Digital: An mHealth SMS-Based Intervention Improves Glycemic Control in Hispanics With Type 2 Diabetes.
Author:
Fortmann AL
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jun 9. pii: dc170230. doi: 10.2337/dc17-0230. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28600309
Discussion:
2型糖尿病のリスクの高いヒスパニック系の患者のサンプルでは、シンプルで低コストのテキストメッセージングプログラムを使用することが非常に容認され、UC と比較して血糖コントロールが大幅に改善された。
2017年08月12日(土) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: