モーニングレクチャー
2017年06月23日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Cephalexin Plus Trimethoprim-Sulfamethoxazole vs Cephalexin Alone on Clinical Cure of Uncomplicated Cellulitis: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Moran GJ
DATA:
JAMA. 2017 May 23;317(20):2088-2096. doi: 10.1001/jama.2017.5653.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28535235
Discussion:
蜂窩織炎加療において ST+CEX vs CEX では有意差はない。
Category:
フットケアその他
2017年06月22日(木) 担当:田巻恵(前期研修医)
Reference:
Title:
Normal meal tolerance test is preferable to the glucagon stimulation test in patients with type 2 diabetes that are not in a hyperglycemic state: Comparison with the change of C-peptide immunoreactivity.
Author:
Fujioka Y
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 May 11. doi: 10.1111/jdi.12692. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28494143
Discussion:
NMTT は2型糖尿病患者が高血糖状態(空腹時血糖 147mg/dL 以上、HbA1c 9.0% 以上)でない場合では、インスリン分泌テストとして簡便で有用である。
2017年06月21日(水) 担当:日高舞(前期研修医)
Reference:
Title:
Increased Incretin But Not Insulin Response after Oral versus Intravenous Branched Chain Amino Acids.
Author:
Gojda J
DATA:
Ann Nutr Metab. 2017 Jun 9;70(4):293-302. doi: 10.1159/000475604. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28595189
Discussion:
BCAA を同量投与した時、経口、i.v ともに同程度のインスリン分泌反応を認めた。
しかし、GLP-1 と GIP の分泌効果は経口投与が有意に上昇していた。
原因として、投与量を同じにしたが、血中濃度が一致した時点がなかったことが考えられた。そこで Fig3 では120分間 の iAUC を計算し、一般的な血清 BCAA 濃度で調整した。 血清 BCAA 濃度が同じ時では経口投与の方が、よりインスリン分泌反応を促進する。
したがって、BCAA のインスリン分泌効果は部分的にインクレチン依存症であると結論づけた。
Category:
食事療法
2017年06月20日(火) 担当:金箱勇太郎(前期研修医)
Reference:
Title:
Infant Feeding and Risk of Type 1 Diabetes in Two Large Scandinavian Birth Cohorts.
Author:
Lund-Blix NA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):920-927. doi: 10.2337/dc17-0016. Epub 2017 May 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28487451
Discussion:
乳幼児期に母乳を与えることは1型糖尿病発症リスクを抑えられる可能性がある。
発症リスクの減少には母乳(とくに初乳)中に含まれる免疫物質が関与している可能性がある。
母乳を与える期間の差によって1型糖尿病発症リスクの差は今回は散見されなかった。
2017年06月19日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: