モーニングレクチャー
2018年12月06日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
A Type 1 Diabetes Genetic Risk Score Can Identify Patients With GAD65 Autoantibody-Positive Type 2 Diabetes Who Rapidly Progress to Insulin Therapy.
Author:
Grubb AL
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct 23. pii: dc180431. doi: 10.2337/dc18-0431. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30352895
Discussion:

T1D GRSは、GADA陽性2型糖尿病患者における臨床的意義を変更する因子となった。急速な進行を有する患者を同定するための新規な試験である。

 

Category:
1型糖尿病
2018年12月05日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年12月04日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Different Risk for Hypertension, Diabetes, Dyslipidemia, and Hyperuricemia According to Level of Body Mass Index in Japanese and American Subjects.
Author:
Kuwabara M
DATA:
Nutrients. 2018 Aug 3;10(8). pii: E1011. doi: 10.3390/nu10081011.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30081468
Discussion:
BMI 上昇は高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症の独立した危険因子であった。有病率が増加する BMI カットオフ値は、日本人の方が有意に低いことが示された。米国における過体重 / 肥満の定義が日本では適応できない可能性が示唆される。
Category:
肥満
2018年12月03日(月) 担当:廣田尚紀(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Habitual Fructose Intake Relates to Insulin Sensitivity and Fatty Liver Index in Recent-Onset Type 2 Diabetes Patients and Individuals without Diabetes.
Author:
Weber KS
DATA:
Nutrients. 2018 Jun 15;10(6). pii: E774. doi: 10.3390/nu10060774.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29914103
Discussion:
  • 2 型糖尿病患者において、果物ジュース、加藤由来のフルクトース摂取の増加は、末梢インスリン抵抗性を憎悪させた。
  • しかし、果物由来のフルクトース摂取はインスリン抵抗性を憎悪させなかった。
  • 2 型糖尿病患者において、果物由来の加糖摂取は脂肪肝のリスクを低下させる。
Category:
2型糖尿病
2018年12月01日(土) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
The effects of metformin in type 1 diabetes mellitus.
Author:
Beysel S
DATA:
BMC Endocr Disord. 2018 Jan 16;18(1):1. doi: 10.1186/s12902-017-0228-9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29338714
Discussion:
1 型糖尿病患者にメトグルコ内服は血糖低下作用がある。
Category:
1型糖尿病