モーニングレクチャー
2014年11月26日(水) 担当:山下真平(後期研修医)
Reference:
Title:
Renal Function Is Associated With Peak Exercise Capacity in Adolescents With Type 1 Diabetes
Author:
Bjornstad P
DATA:
Diabetes Care. 2014 Nov 20. pii: DC_141742.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25414156
Discussion:
青年期の1型糖尿病患者は運動能力が低下しており、運動能力低下と腎機能との間に強い関連がある。
Category:
2014年11月22日(土) 担当:望月 (卒後2年)
Reference:
Title:
Sulfonylurea Use and Incident Cardiovascular Disease Among Patients With Type2 Diabeates:Prospective Cohort Study Among Women
Author:
Li Y
DATA:
Diabetes Care November 2014 37:3106-3113
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25150157
Discussion:
長期間のSU薬使用はCHOの高リスクである。
メトホルミンとSU薬の2剤服用はメトホルミン単剤。SU薬単剤と比較してCHDリスクを増大させる。
Category:
2014年11月21日(金) 担当:加藤ゆか(後期研修医)
Reference:
Title:
Topical Administration of Allogeneic Mesenchymal Stem Cells Seeded in a Collagen Scaffold Augments Wound Healing and Increases Anigiogenesis in The Diabetic Rabbit Ulcer
Author:
O'Loughlin A
DATA:
A O Loughlinetal,Diabetes,2013,62:2588-2594
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23423568
Discussion:

同種異系の非糖尿病動物から摂取した骨髄由来肝細胞(BM-MSCs)について治療評価した。

創部において、創部閉鎖、新生肉芽組織形成、血管形成、炎症について包括的な評価を行った。凍結後(液体窒素)の非糖尿病性MSCsが創傷治癒に使 用可能であり、生体材料(コラーゲンscaffold)と共に用いることで、量応答性に糖尿病動物モデルで血管新生と皮膚閉鎖促進を促すと考えられた。

Category:
2014年11月20日(木) 担当:馬場園哲也(准教授)
Reference:
Title:
Sarcopenia in Asia: consensus report of the Asian Working Group for Sarcopenia
Author:
Chen L-K, et al: Sarcopenia in Asia: Consensus Report of the Asian Working Group for Sarcopenia.
DATA:
J Am Med Dir Assoc 15:95-101, 2014
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24461239
Discussion:
サルコペニアとフレイルの概念を要約した上で,アジア人におけるサルコペニアの定義を提唱した上記論文を紹介した。
Category:
2014年11月19日(水) 担当:田中祐希(後期研修医)
Reference:
Title:
Factors associated with weight gain in people with type 2 diabetes starting on insulin.
Author:
Balkau B
DATA:
Diabetes Care. 2014 Aug;37(8):2108-13. doi: 10.2337/dc13-3010. Epub 2014 May 13.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24824546
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ