モーニングレクチャー
2015年01月28日(水) 担当:菊地俊介(後期研修医)
Reference:
Title:
Are sulfonylurea and insulin therapies associated with a larger risk of cancer than metformin therapy? A retrospective database analysis.
Author:
Kowall B
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jan;38(1):59-65. doi: 10.2337/dc14-0977. Epub 2014 Oct 21.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25336750
Discussion:
メトホルミン治療は、元来発癌抑制作用があると言われていたが、時間的バイアスを取り除いてデータ解析を行うと、SU剤、インスリン治療群、その他の経口血糖降下薬治療群と比しても、明らかな発癌抑制効果は認められなかった。
Category:
2015年01月27日(火) 担当:豊永愛子(後期研修医)
Reference:
Title:
n-3 Fatty Acids Attenuate the Risk of Diabetes Associated With Elevated Serum Nonesterified Fatty Acids: The Multi-Ethnic Study of Atherosclerosis.
Author:
Steffen BT
DATA:
Diabetes Care. 2015 Jan 8. pii: dc141919. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25573885
Discussion:
NEFAsは2型DM発症予測に有効である可能性があり、さらに、n-3FAsはNEFAsと関連した疾患や代謝異常で予防効果があることが示唆された。
Category:
2015年01月24日(土) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Artificial sweeteners produce the counterintuitive effect of inducing metabolic derangements.
Author:
Swithers SE
DATA:
Trends Endocrinol Metab. 2013 Sep;24(9):431-41. doi: 10.1016/j.tem.2013.05.005. Epub 2013 Jul 10.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23850261
Discussion:
ASBの摂取はSSBの摂取と同程度に体重増加や2型DM、メタボリックシンドロームを引き起こす可能性が高い。
Category:
2015年01月23日(金) 担当:沈卓(後期研修医)
Reference:
Title:
Betatrophin: a hormone that controls pancreatic β cell proliferation.
Author:
Yi P
DATA:
Cell. 2013 May 9;153(4):747-58. doi: 10.1016/j.cell.2013.04.008. Epub 2013 Apr 25.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23623304
Discussion:
Betatrophinはβcellの自己複製を促進した。
Category:
2015年01月22日(木) 担当:宇治原典子(非常勤講師・准教授)
Reference:
Title:
Contrasting associations of insulin resistance with diabetes, cardiovascular disease and all-cause mortality in the elderly: PROSPER long-term follow-up.
Author:
Welsh P
DATA:
Diabetologia. 2014 Dec;57(12):2513-20. doi: 10.1007/s00125-014-3383-9. Epub 2014 Sep 30.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25264116
Discussion:
糖尿病のない高齢者でHOMAIR、Fasting IRIは糖尿病発症予知因子であるが、CVD outcomeにはあまり大きな影響は与えていない。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ