モーニングレクチャー
2015年04月02日(木) 担当:廣瀬 晶(講師)
Reference:
Title:
Effect of intensive diabetes therapy on the progression of diabetic retinopathy in patients with type 1 diabetes: 18 years of follow-up in the DCCT/EDIC.
Author:
Diabetes Control and Complications Trial (DCCT)/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications (EDIC) Research Group
DATA:
Diabetes. 2015 Feb;64(2):631-42. doi: 10.2337/db14-0930. Epub 2014 Sep 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25204977
Discussion:
DCCTによるインスリン強化療法の介入効果はEDIC中みられるが効果は減弱していく。(メタボリックメモリー効果の減弱)
Category:
2015年04月01日(水) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Diabetic Peripheral Neuropathy Compromises Balance During Daily Activities.
Author:
Brown SJ
DATA:
Diabetes Care. 2015 Mar 12. pii: dc141982. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25765355
Discussion:
糖尿病末梢神経障害(DNP)をもつ患者では歩行・階段昇降時にバランスが悪く、特に横方向のゆれが大きかった。これが転倒リスクを高める原因のひとつである可能性がある。
DPNを持つ患者はバランスの悪さから歩幅を小さくする傾向があり、これは転倒リスクを減らすのによいだろう。階段昇りで、DNPでは前へのゆれが大きかった。
Category:
2015年03月31日(火) 担当:菊地俊介(後期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of detectable C-Peptide according to age at diagnosis and duration of type 1 diabetes.
Author:
Davis AK
DATA:
Diabetes Care. 2015 Mar;38(3):476-81. doi: 10.2337/dc14-1952. Epub 2014 Dec 17.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25519448
Discussion:
偽陰性、偽陽性も考慮すると、羅病期間3年以上のT1DM群において、40%近くがCPR残存している可能性がある。
T1DMの小児発症と成人発症では生物学的プロセスが違うかもしれない。
Category:
2015年03月30日(月) 担当:岡本(前期研修医)
Reference:
Title:
Residual β-Cell Function and the Insulin-Like Growth Factor System in Danish Children and Adolescents With Type 1 Diabetes.
Author:
Sorensen JS
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2015 Mar;100(3):1053-61. doi: 10.1210/jc.2014-3521. Epub 2014 Dec 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25532040
Discussion:
・思春期かどうかに関わらず、小児においても1型糖尿病はIGF調節機構の異常に関連している。
・膵β細胞の残存機能とIGF関連蛋白の正常化との関連性は思春期前期のみに認められたが、これは思春期に認められるGHサージがインスリンによるIGFの調節を上まわることが推測される。
Category:
2015年03月28日(土) 担当:永島(前期研修医)
Reference:
Title:
Effects of low frequency filtering on distal compound muscle action potential duration for diagnosis of CIDP: A Japanese-European multicenter prospective study.
Author:
Mitsuma S
DATA:
Clin Neurophysiol. 2014 Dec 27. pii: S1388-2457(14)00847-5. doi: 10.1016/j.clinph.2014.11.027. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25591830
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ