モーニングレクチャー
2019年12月26日(木) 担当:柳澤 慶香(准教授)
Reference:
Title:
Hyperglycemia and Adverse Pregnancy Outcome Follow-up Study (HAPO FUS): Maternal Gestational Diabetes Mellitus and Childhood Glucose Metabolism.
Author:
Lowe WL Jr
DATA:
Diabetes Care. 2019 Mar;42(3):372-380. doi: 10.2337/dc18-1646. Epub 2019 Jan 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30655380
Discussion:
子宮内の母体GDM暴露は母体BMIや児のBMIと独立して、児のIGTと関連した。母体GDMに暴露された児はインスリン抵抗性増加と代償性インスリン分泌低下を認めた。
Category:
妊娠
2019年12月25日(水) 担当:植田 祐己(初期研修医)
Reference:
Title:
Racial/Ethnic Disparities in the Prevalence of Diabetes and Prediabetes by BMI: Patient Outcomes Research To Advance Learning (PORTAL) Multisite Cohort of Adults in the U.S.
Author:
Zhu Y
DATA:
Diabetes Care. 2019 Dec;42(12):2211-2219. doi: 10.2337/dc19-0532. Epub 2019 Sep 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31537541
Discussion:
白人以外の人種/民族は白人より低い BMI で糖尿病 / 境界型糖尿病である割合が高く、肥満以外のリスク要因の存在が示唆された。
臨床医は、糖尿病 / 境界型糖尿病のリスクにおける BMI カットオフが人種 / 民族により異なることを認識する必要がある。
2019年12月24日(火) 担当:田中 紗代子(助教)
Reference:
Title:
Effect of Glyburide vs Subcutaneous Insulin on Perinatal Complications Among Women With Gestational Diabetes: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Sénat MV
DATA:
JAMA. 2018 May 1;319(17):1773-1780. doi: 10.1001/jama.2018.4072.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29715355
Discussion:
今回の研究では、Glyburide が Insulin と比較し、すべてのアウトカムでの非劣性との断定はできなかった。
ただし、母児合併症の多くに関しては、有意差を認めなかった。
OHA の服薬アドヒアランス、医療負担の軽減等も考慮しつつ、リスク・ベネフィットを見極めた上での投薬の検討が重要である。
Category:
妊娠
2019年12月23日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年12月21日(土) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ