モーニングレクチャー
その他
2018年02月20日(火) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Islet Interleukin-1β Immunoreactivity Is an Early Feature of Cystic Fibrosis That May Contribute to β-Cell Failure.
Author:
Hull RL
DATA:
Diabetes Care. 2018 Feb 1. pii: dc171387. doi: 10.2337/dc17-1387. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29437698
Discussion:
・CFRD 群の約 90 %、CF-no DM 群の 50 % 以上で IL-1β 陽性を認めた。
・CF-no DM 群の 10 歳 被験者 6 人に限定しても同様の結果であった。
・ IL-1β 関連のバイオマーカ―の開発は CF 患者における糖尿病発症を予防する上で重要な役割を果たす可能性が示唆された。
Category:
その他
2018年02月06日(火) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Public health and healthcare-associated risk of electric, warm-water bidet toilets.
Author:
Kanayama Katsuse A
DATA:
J Hosp Infect. 2017 Nov;97(3):296-300. doi: 10.1016/j.jhin.2017.07.021. Epub 2017 Jul 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28756169
Discussion:
ウォシュレット付きのトイレのノズルは、多種多様な細菌に汚染されており、交差感染の媒体となる可能性がある。
Category:
その他
2018年02月05日(月) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Uric Acid and the Risks of Kidney Failure and Death in Individuals With CKD.
Author:
Srivastava A
DATA:
Am J Kidney Dis. 2017 Nov 10. pii: S0272-6386(17)30948-4. doi: 10.1053/j.ajkd.2017.08.017. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29132945
Discussion:
・CKD 患者であっても、比較的腎機能の保持された患者においては、高尿酸血症は腎に対して有害かもしれない。
・一方、総死亡に対する尿酸の影響は、腎機能による影響を受けない。ただし、高尿酸血症のみならず低尿酸血症も総死亡に対する危険因子かもしれない。 
2018年01月29日(月) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Primary care-led weight management for remission of type 2 diabetes (DiRECT): an open-label, cluster-randomised trial.
Author:
Lean ME
DATA:
Lancet. 2017 Dec 4. pii: S0140-6736(17)33102-1. doi: 10.1016/S0140-6736(17)33102-1. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29221645
Discussion:
2 型糖尿病の寛解のためのプライマリケア主導体重管理を an open-label,cluster-randomised trial で行った。強化療法群は平均 10kg 体重減量し、12 か月で参加者のほぼ半数が糖尿病治療薬なしに非糖尿病状態への寛解を達成した。2 型糖尿病の寛解はプライマリケアの実践的な目標である。 
Category:
2型糖尿病肥満その他
2018年01月25日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Lifestyle Intervention and Medical Management With vs Without Roux-en-Y Gastric Bypass and Control of Hemoglobin A1c, LDL Cholesterol, and Systolic Blood Pressure at 5 Years in the Diabetes Surgery Study.
Author:
Ikramuddin S
DATA:
JAMA. 2018 Jan 16;319(3):266-278. doi: 10.1001/jama.2017.20813.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29340678
Discussion:
・肥満合併 2 型糖尿病患者を対象に行った本研究において、生活習慣の介入+医療管理と比較して、胃バイパス術を追加した群では、追跡 5 年で複合エンドポイントの達成率は有意に高いことを維持していた。
・しかしその効果の大きさは 5 年間で減少してきていたため、その耐久性を評価するためには、さらなるフォローアップが必要である。
Category:
2型糖尿病肥満その他