モーニングレクチャー
その他
2018年01月16日(火) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Life satisfaction is a protective factor against the onset of Type 2 diabetes in men but not in women: findings from the MONICA/KORA cohort study.
Author:
Piciu AM
DATA:
Diabet Med. 2017 Dec 26. doi: 10.1111/dme.13574. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29278435
Discussion:
高い生活満足度が有害な行動を減少させることで、結果的に 2 型糖尿病のリスクを軽減する可能性がある。
Category:
2型糖尿病その他
2017年12月01日(金) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Cold-Induced Brown Adipose Tissue Activity Alters Plasma Fatty Acids and Improves Glucose Metabolism in Men.
Author:
Iwen KA
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2017 Nov 1;102(11):4226-4234. doi: 10.1210/jc.2017-01250.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28945846
Discussion:
健常男性において、シバリングが起こらない程度の急性の寒冷刺激は、交感神経活動、褐色脂肪組織代謝を亢進させ、インスリン抵抗性を改善した。また、その機序に脂肪酸代謝の変化が関係する可能性が示唆された。
Category:
2型糖尿病その他
2017年11月25日(土) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Liraglutide Treatment on Prediabetes and Overweight or Obesity in Clozapine- or Olanzapine-Treated Patients With Schizophrenia Spectrum Disorder: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Larsen JR
DATA:
JAMA Psychiatry. 2017 Jul 1;74(7):719-728. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2017.1220.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28601891
Discussion:
オランザピン、またはクエチアピン使用者で耐糖能異常がある場合、GLP-1 作動薬が心血管系イベント抑制につながる可能性が示された。
Category:
2型糖尿病その他
2017年11月13日(月) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Population-Based Assessment of a Biomarker-Based Screening Pathway to Aid Diagnosis of Monogenic Diabetes in Young-Onset Patients.
Author:
Shields BM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1017-1025. doi: 10.2337/dc17-0224.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28701371
Discussion:

Monogenic diabetes(単一遺伝子異常による糖尿病)は、しばしば誤ってT 1 DMと診断されているため、遺伝子診断に適した患者のスクリーニング法が必要である。3 段階方式のスクリーニング:1 ) 内因性インスリン分泌能評価においてUCPCR 0.2 nmol/mmol ならば、2 ) GAD/IA2を測定し、共に陰性の場合、3 ) MODY1, MODY2, MODY5の遺伝子解析を実施。この方法によって 30 未満で診断された糖尿病患者 1407 名中の 3.6 %の 51名 で変異を検出した。陽性的中率( PPV )20%、陰性的中率( NPV ) 99.9 %で有用と考えられる。

Category:
その他
2017年10月14日(土) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Improvement in Glycemic Control of Type 2 Diabetes After Successful Treatment of Hepatitis C Virus.
Author:
Hum J
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1173-1180. doi: 10.2337/dc17-0485. Epub 2017 Jun 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28659309
Discussion:
・2 型糖尿病患者において、C 型肝炎に対して DAA (直接型抗ウイルス薬)で SVR (血中 HCV - RNA 持続陰性化)を得た後、血糖コントロールが改善した。

・HbA1c の低下だけではなく、インスリンの使用率も低下した。

・SVR 後の長期的な血糖コントロールや合併症への影響についても更なる調査が必要である。

Category:
2型糖尿病その他