モーニングレクチャー
薬物療法
2019年03月02日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
SGLT2 Inhibitor, Canagliflozin, Attenuates Myocardial Infarction in the Diabetic and Nondiabetic Heart.
Author:
Lim VG
DATA:
JACC Basic Transl Sci. 2019 Jan 30;4(1):15-26. doi: 10.1016/j.jacbts.2018.10.002. eCollection 2019 Feb.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30847415
Discussion:
DM or Non DM Rat において、Canagliflozin の長期経口投与は、心保護作用を有することが実証された。ただ直接の投与ではその有効性が得られなかった。
今後、SGLT2 阻害薬の作用機序をさらに掘り下げていくとともに、将来、Coronary risk の高い非 DM 患者においても、循環器領域において、ACE inhibitor , ARB β blocker に次ぐ新たな Key Drug として用いられることが期待される。


2019年02月22日(金) 担当:岩﨑直子(教授)
Reference:
Title:
Bullous Pemphigoid and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors: A Disproportionality Analysis Based on the Japanese Adverse Drug Event Report Database.
Author:
Arai M
DATA:
Diabetes Care. 2018 Sep;41(9):e130-e132. doi: 10.2337/dc18-0210. Epub 2018 Jul 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30002201
Discussion:
類天疱瘡とDPP4阻害薬の関連を明らかにするために、PMDA データを用いた検討を行った。20176月時点で454,027件の副作用が収載されており、類天疱瘡とDPP4阻害薬おおよびその他の糖尿病薬についてreporting odds ratio (ROR)を求めた。Vildagliptin, Teneligliptin, LinagliptinRORは他のDPP4iより高く、class effectの存在が考えられた。
Category:
薬物療法
2019年01月16日(水) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Dapagliflozin in Patients With Inadequately Controlled Type 1 Diabetes: The DEPICT-1 52-Week Study.
Author:
Dandona P
DATA:
Diabetes Care. 2018 Dec;41(12):2552-2559. doi: 10.2337/dc18-1087. Epub 2018 Oct 23.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30352894
Discussion:
1 型糖尿病患者に対しダパグリフロジン投与は、HbA1c の低下、インスリン量の減量、体重の低下を認めた。しかし、DKA の増加の可能性があり、注意深い観察や使用ガイドラインの作成が推奨される。
2019年01月11日(金) 担当:浅川友美(後期研修医)
Reference:
Title:
A UK nationwide prospective study of treatment change in MODY: genetic subtype and clinical characteristics predict optimal glycaemic control after discontinuing insulin and metformin.
Author:
Shepherd MH
DATA:
Diabetologia. 2018 Dec;61(12):2520-2527. doi: 10.1007/s00125-018-4728-6. Epub 2018 Sep 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30229274
Discussion:

HNF1A-/HNF4A- MODYでは早期の遺伝子診断が重要であり,また診断時のHbA1c高値, 肥満合併,長期糖尿病罹病期間を有する例では, SU剤以外の治療薬の併用も考慮される.

2018年12月20日(木) 担当:花井豪(講師)
Reference:
Title:
Long-Term Effects of Intensive Glycemic and Blood Pressure Control and Fenofibrate Use on Kidney Outcomes.
Author:
Mottl AK
DATA:
Clin J Am Soc Nephrol. 2018 Nov 7;13(11):1693-1702. doi: 10.2215/CJN.06200518. Epub 2018 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30361335
Discussion:
腎症がない・あるいは比較的軽度の腎症に留まっている2型糖尿病患者を対象とた,ACCORD and ACCORDION trialにおいて,HbA1c 6.0%未満という極めて厳格な血糖コントロールは顕性アルブミン尿への進展抑制に対しbenefitを有する.一方,収縮期血圧を120 mmHg未満まで低下させること,およびフィブラート使用は,クレアチニン倍化という著しい腎機能低下を来たすリスクがある.
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ