モーニングレクチャー
2015年02月19日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Cancer risk among people with type 1 and type 2 diabetes: disentangling true associations, detection bias, and reverse causation.
Author:
Harding JL
DATA:
Diabetes Care. 2015 Feb;38(2):264-70. doi: 10.2337/dc14-1996. Epub 2014 Dec 8.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25488912
Discussion:
1型、2型糖尿病ともに一般人口と比較して発癌リスクは高値であった。
2型糖尿病においては、糖尿病診断の初期での病態に注意して、治療を行う必要がある。
Category:
2015年02月18日(水) 担当:花井豪(助教)
Reference:
Title:
Statin use before diabetes diagnosis and risk of microvascular disease: a nationwide nested matched study.
Author:
Nielsen SF
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2014 Nov;2(11):894-900. doi: 10.1016/S2213-8587(14)70173-1. Epub 2014 Sep 9.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25217178
Discussion:
糖尿病患者において、糖尿病発症以前からのスタチン投与は少なくとも細小血管障害+foot gangrene発症のリスクとはならない。むしろ、retinopathy、neuropathy、footgangreneの発症に対しては保護的に作用する可能性がある。
Category:
2015年02月17日(火) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Glycemic Control in Simultaneous Islet-Kidney Versus Pancreas-Kidney Transplantation in Type 1 Diabetes: A Prospective 13-Year Follow-up.
Author:
Lehmann R
DATA:
Diabetes Care. 2015 Feb 9. pii: dc141686. [Epub ahead of print]
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25665814
Discussion:
膵臓移植では膵島移植と比較し、インスリン離脱率は高値であったが、外科的合併症も高率に認めた。腎機能と重症低血糖に差は認めなかった。
Category:
2015年02月16日(月) 担当:片桐真樹子(助教)
Reference:
Title:
Comparison of smartphone ophthalmoscopy with slit-lamp biomicroscopy for grading diabetic retinopathy.
Author:
Russo A
DATA:
Am J Ophthalmol. 2015 Feb;159(2):360-364.e1. doi: 10.1016/j.ajo.2014.11.008. Epub 2014 Nov 7.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25447109
Discussion:
"D-Eye"を使ったスマートフォン眼底検査は糖尿病網膜症のスクリーニングツールとして使用され得る。
Category:
2015年02月13日(金) 担当:栗田守敏(後期研修医)
Reference:
Title:
Association between 7 years of intensive treatment of type 1 diabetes and long-term mortality.
Author:
Writing Group for the DCCT/EDIC Research Group
DATA:
JAMA. 2015 Jan 6;313(1):45-53. doi: 10.1001/jama.2014.16107.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25562265
Discussion:
1型DM患者の27年間の観察研究を通して、早期厳格血糖管理は生命予後改善につながる可能性が示唆された。
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ