モーニングレクチャー
2019年04月08日(月) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Effect of Additional Oral Semaglutide vs Sitagliptin on Glycated Hemoglobin in Adults With Type 2 Diabetes Uncontrolled With Metformin Alone or With Sulfonylurea: The PIONEER 3 Randomized Clinical Trial.
Author:
Rosenstock J
DATA:
JAMA. 2019 Mar 23. doi: 10.1001/jama.2019.2942. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30903796
Discussion:
  • 経口セマグルチド7mgおよび14 mg/dayは、メトホルミンで血糖コントロールが不十分な2型糖尿病の成人で、SUの有無にかかわらず、シタグリプチンと比べて、26週間にわたりHbA1cを有意に減少させたが、3mg/dayの用量では有意差は認めなかった。

  • 実臨床下での有効性評価のさらなる検討が必要である。

     

2019年04月06日(土) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Care Practices for Patients With Advanced Kidney Disease Who Forgo Maintenance Dialysis.
Author:
Wong SPY
DATA:
JAMA Intern Med. 2019 Jan 22. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.6197. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30667475
Discussion:

透析は代替手段のない治療として医療者に認識されており、進行したCKD患者に対し、透析以外の選択肢はほとんど提示されないということがわかった。患者の人生のゴールや価値観が、意思決定の過程において重視されていなかった。透析を希望しない患者を積極的に支援するため、患者中心のケアモデルを構築する必要がある。

 

Category:
腎症・高血圧
2019年04月04日(木) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年04月03日(水) 担当:浅川 友美(後期研修医)
Reference:
Title:
A reduction in sedentary behaviour in obese women during pregnancy reduces neonatal adiposity: the DALI randomised controlled trial.
Author:
van Poppel MNM
DATA:
Diabetologia. 2019 Mar 6. doi: 10.1007/s00125-019-4842-0. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30840112
Discussion:

妊婦に対する運動療法の介入は、児の肥満リスクを減少させる可能性がある。

2019年04月02日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49).
Author:
Sakamoto M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Feb 10. pii: dc181953. doi: 1.2337/dc18-1953. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30739885
Discussion:
2 型糖尿病患者において、HbA1c 、血圧、脂質のコントロールの達成率は季節によって変動があり冬に最も低く、治療マネジメントで考慮すべきである。