モーニングレクチャー
2017年10月05日(木) 担当:安達夏紀(前期研修医)
Reference:
Title:
Risk Factors for Severe Hypoglycemia in Black and White Adults With Diabetes: The Atherosclerosis Risk in Communities (ARIC) Study.
Author:
Lee AK
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep 19. pii: dc170819. doi: 10.2337/dc17-0819. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28928117
Discussion:
・高齢、黒人、血糖コントロールの不良、1.5 - AG による血糖変動、腎機能障害、認知機能症が重度な低血糖のリスクと強く相関している
・これらの要因は、高齢者の血糖目標を個別化する際に考慮される必要がある
・人種の違いによる低血糖リスクを減少させるためには、今後の研究が必要である
2017年10月04日(水) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Follow Up of Value of the Intrarenal Resistivity Indices and Different Renal Biomarkers for Early Identification of Diabetic Nephropathy in Type 1 Diabetic Patients.
Author:
Dayem SAE
DATA:
Open Access Maced J Med Sci. 2017 Mar 20;5(2):188-192. doi: 10.3889/oamjms.2017.034. eCollection 2017 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28507626
Discussion:
腎血管抵抗指数( RI )、NGAL、L-FABP、KIM-1 の高値は青年期1型糖尿病の腎症の早期診断のためのバイオマーカ―となる可能性があり、アルブミン尿と独立して腎症の進展と関連する可能性が示唆された。
2017年10月03日(火) 担当:神原美沙(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of glucose intolerance and gestational diabetes mellitus in relation to maternal habitual snoring during early pregnancy.
Author:
Qiu C
DATA:
PLoS One. 2017 Sep 19;12(9):e0184966. doi: 10.1371/journal.pone.0184966. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28926639
Discussion:
・妊娠初期のいびきが all or most の妊婦では、IGT のオッズ比が 2.1 倍上昇。GDM は 2.5 倍上昇(妊娠前の BMI で補正しても結果変わらず)。
・GDM のリスクは肥満があり、いびきをかく妊婦で高い。

・過去にいびきを指摘されたことのある妊婦や過体重の妊婦への出生前ケアが、妊娠糖尿病発症の予防に役立つ可能性がある。
Category:
妊娠
2017年10月02日(月) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Diabetes in a Large Dementia Cohort: Clinical Characteristics and Treatment From the Swedish Dementia Registry.
Author:
Secnik J
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1159-1166. doi: 10.2337/dc16-2516. Epub 2017 Jun 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28655740
Discussion:
糖尿病の患者は非糖尿病と比べて認知症診断時年齢が若く、特にアルツハイマー病の認知症治療薬も少なくなっており、認知症治療には最適ではなかった。将来の研究では、糖尿病と異なる認知症患者の生存率、代謝プロファイルの差などを評価する必要がある。
Category:
その他
2017年09月30日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
High sensitive TROponin levels In Patients with Chest pain and kidney disease: A multicenter registry - The TROPIC study.
Author:
Ballocca F
DATA:
Cardiol J. 2017;24(2):139-150. doi: 10.5603/CJ.a2017.0025. Epub 2017 Mar 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28281735
Discussion:
・慢性腎臓病患者において高感度トロポニン T の上昇は、心血管病変のハイリスクである。
・高感度トロポニン I / T 両者とも、心血管病変発症及び、長期的なイベント発症に関連があったが、高感度トロポニン I は T を上回った。
・高感度トロポニン T は腎機能の影響を受けにくい。

Category:
腎症・高血圧