モーニングレクチャー
2018年06月05日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Mortality risk remains higher in individuals with type 1 diabetes: A population-based cohort study (the Ayrshire diabetes follow-up cohort [ADOC]).
Author:
Collier A
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2018 Apr 23. doi: 10.1111/dom.13334. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29687581
Discussion:
1 型糖尿病患者の死亡リスクは高いままである。
Category:
1型糖尿病
2018年06月04日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年06月02日(土) 担当:清水美佳(後期研修医)
Reference:
Title:
Obesity Progression Between Young Adulthood and Midlife and Incident Diabetes: A Retrospective Cohort Study of U.S. Adults.
Author:
Stokes A
DATA:
Diabetes Care. 2018 May;41(5):1025-1031. doi: 10.2337/dc17-2336. Epub 2018 Mar 5.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29506982
Discussion:
  • 若年期と中年期の間に体重が減った人たちは、肥満の状態が続いた人たちと比べて、糖尿病発症リスクは統計的に有意に減る。
  • 観察対象となった糖尿病事例の多くは、若年期の効果的な介入と予防により回避できたと思われる。
  • 糖尿病増加を防ぐための政策と計画の立案が重要である。
2018年06月01日(金) 担当:西島嵩敬 (後期研修医)
Reference:
Title:
Diabetics Retinopathy Knowledge and Awareness Assessment among the Type 2 Diabetics.
Author:
Almalki NR
DATA:
Open Access Maced J Med Sci. 2018 Mar 9;6(3):574-577. doi: 10.3889/oamjms.2018.121. eCollection 2018 Mar 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29610623
Discussion:

スクリーニングしたT2D患者のほぼ3分の2は、良好なRDに関して良好な知識を持っていると考えられた。良好な知識を持っていた群は、より長期のT2D罹患期間があり、大学学士程度の学歴を持つ傾向があった。また、HbA1cのコントールとは優位には関係なかった。

Category:
眼合併症
2018年05月31日(木) 担当:廣瀬晶(講師)
Reference:
Title:
Prediction of cardiovascular risk factors from retinal fundus photographs via deep learning
Author:
Ryan Poplin
DATA:
Published: 19 February 2018 Nature Biomedical Engineeringvolume 2, pages158–164 (2018)
Abstract:
https://www.nature.com/articles/s41551-018-0195-0
Discussion:

ディープラーニングの手法で、眼底写真だけから心血管疾患の予測ができる可能性がある。これを既存の糖尿病網膜症スクリーニング(眼底写真を撮影)の枠組みで用いれば、多数の対象者の心血管疾患アセスメントができるようになるかもしれない。