モーニングレクチャー
2019年04月17日(水) 担当:高松優斗(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-term Glycemic Control and Dementia Risk in Type 1 Diabetes.
Author:
Lacy ME
DATA:
Diabetes Care. 2018 Nov;41(11):2339-2345. doi: 10.2337/dc18-0073. Epub 2018 Sep 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30181165
Discussion:
型糖尿病の高齢患者では、認知症のリスクが、HbA1c 88.9 % および %以上が多かった患者で高まり、HbA1c が 〜 6.9 %および 〜 7.9 %が多かった患者でリスクが低かった。
Category:
1型糖尿病その他
2019年04月16日(火) 担当:田中紗代子(助教)
Reference:
Title:
Empagliflozin as Adjunctive to Insulin Therapy in Type 1 Diabetes: The EASE Trials.
Author:
Rosenstock J
DATA:
Diabetes Care. 2018 Dec;41(12):2560-2569. doi: 10.2337/dc18-1749. Epub 2018 Oct 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30287422
Discussion:
  • EASE Trial を通して、Empagliflozin 内服は少用量でも、DKA や低血糖の発症を最低限に留めた上で、HbA1c / FBS / 血糖変動 / 血圧 / 体重等において有効性を示した。
  • また我々医療従事者は、今後 SGLT2 阻害薬を 1 型糖尿病患者に処方する際、予めインスリンを減量する、ケトンを定期的に測定する等、副作用に留意し注意深くフォローしていくことが重要である。 
2019年04月15日(月) 担当:関本香織(助教)
Reference:
Title:
Plasma Vascular Endothelial Growth Factor Concentrations after Intravitreous Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Therapy for Diabetic Macular Edema.
Author:
Jampol LM
DATA:
Ophthalmology. 2018 Jul;125(7):1054-1063. doi: 10.1016/j.ophtha.2018.01.019. Epub 2018 Mar 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29525602
Discussion:
  • 糖尿病黄斑浮腫に対する抗 VEGF 薬(アフリベルセプト ベバシズマブ ラニビズマブ)硝子体注射後の血中 VEGF 濃度を評価する。
  • 4 週の  aflibercept と bevacizumab VEGF 濃度は ranibizumab に比べ低下。
  • 52 週・102 週の bevacizumab VEGF 濃度は ranibizumab に比べ低下。
  • 採血 1 ~ 2 ヶ月以内に硝子体注射をしていない群では VEGF 濃度は差がない。
  • 血中の抗 VEGF 薬の存在が遊離 VEGF 測定精度に影響しているのか、薬剤が血中から排泄された結果 VEGF 測定に正常値に戻るか、秩序は不明。
  • VEGF 濃度と全身因子との関連はなかった。
Category:
眼合併症
2019年04月11日(木) 担当:三浦順之助(准教授)
Reference:
Title:
Latent autoimmunity across disease-specific boundaries in at-risk first-degree relatives of SLE and RA patients.
Author:
James JA
DATA:
EBioMedicine. 2019 Apr 2. pii: S2352-3964(19)30208-7. doi: 10.1016/j.ebiom.2019.03.063. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30952617
Discussion:

全身性エリトマト―デス( SLE )、関節リウマチ( RA )および1型糖尿病患者並びに発症前第一度近親者における他疾患の自己抗体の有無、遺伝的背景や環境決定因子を調査した。この つの自己免疫疾患で、他疾患の自己抗体を保有している患者や近親者が比較的多いことが示された。更に、RA の自己抗体を保有する未発症第一度近親者は、SLE に関連する genotype risk score と有意に相関することが判明した。単一疾患に焦点を当てた発症前の自己抗体スクリーニングが、疾患の自然史研究および疾患特異的予防のための正確な分類を妨げる可能性があり、幅広い観点でとらえていく必要があると考えられた。

Category:
1型糖尿病
2019年04月09日(火) 担当:山本 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Intravenous Iron in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis.
Author:
Macdougall IC
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jan 31;380(5):447-458. doi: 10.1056/NEJMoa1810742. Epub 2018 Oct 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30365356
Discussion:
血液透析患者では、積極的に投与する高用量鉄静注レジメンの、反応に応じて投与する低用量レジメンに呈する優越性が示され、赤血球造血刺激因子製剤の投与量も少なかった。
Category:
腎症・高血圧