モーニングレクチャー
2019年02月11日(月) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年02月09日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Prevalence and outcomes of incidental imaging findings: umbrella review.
Author:
O'Sullivan JW
DATA:
BMJ. 2018 Jun 18;361:k2387. doi: 10.1136/bmj.k2387.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29914908
Discussion:

概要 画像診断における偶発的所見の有病率と悪性である確率は、臓器により様々であった。
今回の結果により、画像診断前の検討と、偶発的所見の管理について目安となる可能性がある。

Category:
その他
2019年02月08日(金) 担当:内田 明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Empagliflozin on top of metformin treatment improves arterial function in patients with type 1 diabetes mellitus.
Author:
Lunder M
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2018 Dec 3;17(1):153. doi: 10.1186/s12933-018-0797-6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30509271
Discussion:
メトホルミン治療に加えてエンパグリフロジン投与により 1 型糖尿病患者において動脈硬化を有意に改善した。
2019年02月07日(木) 担当:菅野宙子(中央検査部・助教)
Reference:
Title:
Postprandial Hyperlipidemia and Remnant Lipoproteins.
Author:
Masuda D
DATA:
J Atheroscler Thromb. 2017 Feb 1;24(2):95-109. doi: 10.5551/jat.RV16003. Epub 2016 Nov 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27829582
Discussion:

レムナントリポ蛋白、特に腸管由来のカイロミクロンレムナントは、脂質・糖代謝異常と動脈硬化性心血管障害に関連している。apoB-48 から作成された特異的モノクローナル抗体は、催動脈硬化作用の評価および心血管イベントの予測因子として有用であり、治療介入に応用できる可能性がある。

Category:
脂質異常症
2019年02月06日(水) 担当:岡 征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Short-term prognosis of emergently hospitalized dialysis-independent chronic kidney disease patients: A nationwide retrospective cohort study in Japan.
Author:
Kikuchi H
DATA:
PLoS One. 2018 Nov 29;13(11):e0208258. doi: 10.1371/journal.pone.0208258. eCollection 2018.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30496295
Discussion:
BMI 高値が、感染の有無に関わらず、保存期 CKD 患者の生命予後を改善させる可能性がある。どの体組成成分が保存期 CKD 患者の生存に寄与するか、更なる研究が必要である。
Category:
その他