モーニングレクチャー
2018年11月30日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Oral Semaglutide Compared With Placebo and Subcutaneous Semaglutide on Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Davies M
DATA:
JAMA. 2017 Oct 17;318(15):1460-1470. doi: 10.1001/jama.2017.14752.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29049653
Discussion:
2 型糖尿病患者において、経口セマグルチドは 26 週にわたって、プラセボより優れた血糖コントロールをもたらした。
2018年11月29日(木) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Dietary carbohydrate intake and mortality: a prospective cohort study and meta-analysis.
Author:
Seidelmann SB
DATA:
Lancet Public Health. 2018 Sep;3(9):e419-e428. doi: 10.1016/S2468-2667(18)30135-X. Epub 2018 Aug 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30122560
Discussion:

総エネルギーにおける炭水化物摂取の割合と死亡率の関係は、50-55%の炭水化物摂取で死亡率が一番低いUカーブを示した。

低炭水化物の食生活パターンでは、炭水化物か動物由来のタンパク質や脂肪に置き換わると死亡率が高く、植物由来のタンパク質や脂肪にすると死亡率が低下している。炭水化物以外の食物源が、炭水化物の摂取量と死亡率の関連に著しく影響していることが示唆された。
2018年11月28日(水) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
The early natural history of albuminuria in young adults with youth-onset type 1 and type 2 diabetes.
Author:
Kahkoska AR
DATA:
J Diabetes Complications. 2018 Oct 4. pii: S1056-8727(18)30730-X. doi: 10.1016/j.jdiacomp.2018.09.018. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30316542
Discussion:
  • 20 歳未満の糖尿病発症例において発症後 10 年以内では、2 型糖尿病が 1 型糖尿病と比較して、腎症の進展が急速であった。
  • アルブミン尿の進展のリスクは糖尿病型によって異なり、2 型では人種、ベースライン時の ACR、インスリン感受性、フォローアップ時の eGFR が有意なリスク因子となった。
  • ACR が認められる患者においても RAS 阻害薬の使用は稀であった。
2018年11月27日(火) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Evaluation of the diet wide contribution to serum urate levels: meta-analysis of population based cohorts.
Author:
Major TJ
DATA:
BMJ. 2018 Oct 10;363:k3951. doi: 10.1136/bmj.k3951.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30305269
Discussion:

痛風のないヨーロッパ系アメリカ人において、健康な食習慣の人の方が血清尿酸値は低下するが、食生活よりも遺伝的要因がより尿酸値上昇に寄与していることが示唆された。

Category:
その他
2018年11月26日(月) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Smoking Cessation, Weight Change, Type 2 Diabetes, and Mortality.
Author:
Hu Y
DATA:
N Engl J Med. 2018 Aug 16;379(7):623-632. doi: 10.1056/NEJMoa1803626.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30110591
Discussion:

禁煙後は体重が増加し、一時的に2型糖尿病のリスクが上昇するものの、全死亡と心血管死を低下させることができ、禁煙のベネフィットは大きい.