モーニングレクチャー
2017年12月04日(月) 担当:長谷川夕希子(助教)
Reference:
Title:
Hypercapnia Accelerates Adipogenesis: A Novel Role of High CO2 in Exacerbating Obesity.
Author:
Kikuchi R
DATA:
Am J Respir Cell Mol Biol. 2017 Nov;57(5):570-580. doi: 10.1165/rcmb.2016-0278OC.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28613919
Discussion:
高濃度二酸化炭素は、ヒト脂肪前駆細胞において pH や酸素濃度、間欠的・持続的暴露に関わらず、sAC 刺激 → cAMP → PKA、EPAC 活性化 → CREB、C/EBPβ、PPARɤ 活性化という経路を介して
 adipogenesis を促進し、低濃度二酸化炭素は adipogenesis を抑制した。
Category:
脂質異常症
2017年12月02日(土) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Oxygen Therapy in Suspected Acute Myocardial Infarction.
Author:
Hofmann R
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1240-1249. doi: 10.1056/NEJMoa1706222. Epub 2017 Aug 28.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28844200
Discussion:
低酸素血症のない、急性心筋梗塞が疑われる患者に対し、ルーチンで酸素投与を行っても、予後は変わらない。
Category:
大血管障害
2017年12月01日(金) 担当:関 康文(助教)
Reference:
Title:
Cold-Induced Brown Adipose Tissue Activity Alters Plasma Fatty Acids and Improves Glucose Metabolism in Men.
Author:
Iwen KA
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2017 Nov 1;102(11):4226-4234. doi: 10.1210/jc.2017-01250.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28945846
Discussion:
健常男性において、シバリングが起こらない程度の急性の寒冷刺激は、交感神経活動、褐色脂肪組織代謝を亢進させ、インスリン抵抗性を改善した。また、その機序に脂肪酸代謝の変化が関係する可能性が示唆された。
Category:
2型糖尿病その他
2017年11月29日(水) 担当:加藤勇人(後期研修医)
Reference:
Title:
A randomized pilot study comparing zero-calorie alternate-day fasting to daily caloric restriction in adults with obesity.
Author:
Catenacci VA
DATA:
Obesity (Silver Spring). 2016 Sep;24(9):1874-83. doi: 10.1002/oby.21581.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27569118
Discussion:
8 週間のゼロカロリー ADF は安全で許容可能であることを示唆した。
ADF 介入後はカロリー制限食介入後と同様の結果を得た。
ADF は肥満治療のための治療として今後期待される。

Category:
肥満食事療法
2017年11月28日(火) 担当:大屋純子(助教)
Reference:
Title:
Associations between birthweight, gestational age at birth and subsequent type 1 diabetes in children under 12: a retrospective cohort study in England, 1998-2012.
Author:
Goldacre RR
DATA:
Diabetologia. 2017 Nov 11. doi: 10.1007/s00125-017-4493-y. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29128935
Discussion:
England の約 400 万人の大規模出生コホートにおいて、早産・後期早産と在胎週数からみた高出生時体重は 1 型糖尿病発症と有意に関連していた。