モーニングレクチャー
2017年08月11日(金) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年08月10日(木) 担当:岡野まり子(前期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Vitamin D Supplementation on Insulin Sensitivity and Insulin Secretion in Subjects With Type 2 Diabetes and Vitamin D Deficiency: A Randomized Controlled Trial.
Author:
Gulseth HL
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):872-878. doi: 10.2337/dc16-2302. Epub 2017 May 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28468770
Discussion:
2型糖尿病かつビタミン D 欠乏症の患者に対するビタミン D3 の大量投与はインスリン感受性やインスリン分泌に変化を与えなかった。
これらの発見は2型糖尿病患者の血糖の恒常性を改善する目的にビタミン D3 補充療法を使用することは推奨されない。
2017年08月09日(水) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Poor Reliability and Poor Adherence to Self-Monitoring of Blood Glucose Are Common in Women With Gestational Diabetes Mellitus and May Be Associated With Poor Pregnancy Outcomes.
Author:
Cosson E
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul 19. pii: dc170369. doi: 10.2337/dc17-0369. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28724718
Discussion:
自己血糖測定のアドヒアランス、記録の信頼性と妊娠の予後不良との関連が示唆された。
血糖測定器のメモリーを利用して、血糖記録の信頼性を常に確認すべきである。
Category:
妊娠
2017年08月08日(火) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Potential survival benefit of polymyxin B hemoperfusion in patients with septic shock: a propensity-matched cohort study.
Author:
Nakamura Y
DATA:
Crit Care. 2017 Jun 7;21(1):134. doi: 10.1186/s13054-017-1712-3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28592318
Discussion:
多種多様の細菌感染の敗血症患者において PMX-Hp 施行することで全死亡率・ICU 滞在日数を著明に減少させたことが明らかになった。
2017年08月07日(月) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Effects of empagliflozin on the urinary albumin-to-creatinine ratio in patients with type 2 diabetes and established cardiovascular disease: an exploratory analysis from the EMPA-REG OUTCOME randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Cherney DZI
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Aug;5(8):610-621. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30182-1. Epub 2017 Jun 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28666775
Discussion:

  EMPA-REG OUTCOME試験(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378978)に参加した2型糖尿病患者7,020名のうち,試験開始時にアルブミン尿が測定された6,953名をアルブミン尿病期別に3群に分類し,各群におけるエンパグリフロジン開始後のアルブミン尿の推移が観察された.

12週間後におけるアルブミン尿は,正常アルブミン尿4,171名で-7%,微量アルブミン尿2,013名で-25%,顕性アルブミン尿769名で-32%であり,いずれもプラセボに比較し有意な減少であった.

164週後においても,各群におけるアルブミン尿の有意な減少が持続した.