モーニングレクチャー
2018年12月14日(金) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Association of Albuminuria With Intraglomerular Hydrostatic Pressure and Insulin Resistance in Subjects With Impaired Fasting Glucose and/or Impaired Glucose Tolerance.
Author:
Tsuda A
DATA:
Diabetes Care. 2018 Nov;41(11):2414-2420. doi: 10.2337/dc18-0718. Epub 2018 Sep 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30217931
Discussion:
肥満合併 IFG および IGT 患者において、糸球体内圧の上昇や尿中アルブミンの増加を認めた。
Category:
腎症・高血圧
2018年12月11日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
The Impact of Liraglutide on Diabetes-Related Foot Ulceration and Associated Complications in Patients With Type 2 Diabetes at High Risk for Cardiovascular Events: Results From the LEADER Trial.
Author:
Dhatariya K
DATA:
Diabetes Care. 2018 Oct;41(10):2229-2235. doi: 10.2337/dc18-1094. Epub 2018 Aug 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30072400
Discussion:
心血管イベントの発生リスクが高い 2 型糖尿病患者におけるリナグルチドの使用は、糖尿病性足潰瘍の発生リスクを増加させず、下肢切断リスクを低下させる可能性がある。
2018年12月10日(月) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Dapagliflozin and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Wiviott SD
DATA:
N Engl J Med. 2018 Nov 10. doi: 10.1056/NEJMoa1812389. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30415602
Discussion:
DECLARE-TIMI58試験は,SGLT2阻害薬を用いた3番目の心血管アウトカム試験(CVOT)である.主要評価項目である複合心血管イベント(3P-MACE)に対しては非劣勢を示すに留まり,有意な優越性は認められなかった.もう1つの有効性評価項目である心不全入院+心血管死亡,さらに腎イベントは有意に減少した.
2018年12月08日(土) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Tryptophan as a surrogate prognostic marker for diabetic nephropathy.
Author:
Chou CA
DATA:
J Diabetes Investig. 2018 Mar;9(2):366-374. doi: 10.1111/jdi.12707. Epub 2017 Aug 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28646618
Discussion:
血清トリプトファン濃度の低値、特に 44.20 μmol / L 未満は、eGFR の急激な低下と有意に関連し、血清トリプトファン濃度は糖尿病性腎症の進行を予測するマーカーとなる可能性が示唆された。
2018年12月07日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Aerobic and Resistance Exercise on Glycemic Control in Adults With Type 1 Diabetes.
Author:
Reddy R
DATA:
Can J Diabetes. 2018 Aug 30. pii: S1499-2671(18)30176-X. doi: 10.1016/j.jcjd.2018.08.193. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30414785
Discussion:
1 型糖尿病患者における運動として、レジスタンス運動 は食事摂取量やインスリン量を調整後も血糖降下作用があり血糖改善する。有酸素運動 は消費エネルギーを増やし、食事摂取エネルギー量がふえても運動後の血糖がコントロールしやすい(範囲血糖内で推移)。