モーニングレクチャー
2018年08月24日(金) 担当:入村泉(助教)
Reference:
Title:
Association of Metformin Use With Risk of Lactic Acidosis Across the Range of Kidney Function: A Community-Based Cohort Study.
Author:
Lazarus B
DATA:
JAMA Intern Med. 2018 Jul 1;178(7):903-910. doi: 10.1001/jamainternmed.2018.0292.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29868840
Discussion:
eGFR 30 - 60 の軽度から中等度 CKD 患者において、メトホルミンは注意深く使用することは可能かもしれない。
Category:
腎症・高血圧
2018年08月23日(木) 担当:石居 真(前期研修医)
Reference:
Title:
Sulfonylureas as second line drugs in type 2 diabetes and the risk of cardiovascular and hypoglycaemic events: population based cohort study.
Author:
Douros A
DATA:
BMJ. 2018 Jul 18;362:k2693. doi: 10.1136/bmj.k2693.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30021781
Discussion:
メトホルミンの単剤治療を続けている患者に比べ、第 2 選択薬に SU を追加または変更した場合は、心筋梗塞、総死亡、重症低血糖のリスクが上昇する。
SU はメトホルミンに追加する方が、メトホルミンから切り替えるより安全であることも示唆された。
2018年08月22日(水) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Dapagliflozin in Patients With Inadequately Controlled Type 1 Diabetes (the DEPICT-2 Study): 24-Week Results From a Randomized Controlled Trial.
Author:
Mathieu C
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jul 19. pii: dc180623. doi: 10.2337/dc18-0623. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30026335
Discussion:
インスリンでコントロール不十分な 1 型糖尿病患者において、補助的なダパグリフロジン投与は有意にHbA1c 、血糖変動を改善し、体重とインスリン使用量を減少させた。介入群で低血糖は増えなかったが、糖尿病ケトアシドーシスが増加した。
2018年08月21日(火) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Intermittent Compared With Continuous Energy Restricted Diet on Glycemic Control in Patients With Type 2 Diabetes
Author:
Sharayah Carter, BND
DATA:
JAMA Network Open. 2018;1(3):e180756. doi:10.1001/jamanetworkopen.2018.0756
Abstract:
https://jamanetwork.com/journals/jamanetworkopen/fullarticle/2688344
Discussion:
2 型糖尿病患者では間欠的なエネルギー制限の HbA1c 低下効果は持続的エネルギー制限に劣らず有効だが、スルホニル尿素やインスリンを使用している患者では、導入時期に注意深くモニタリングすべきである。
Category:
食事療法
2018年08月20日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: