モーニングレクチャー
2017年06月29日(木) 担当:伊藤 彩希(前期研修医)
Reference:
Title:
Glucose Peaks and the Risk of Dementia and 20-Year Cognitive Decline.
Author:
Rawlings AM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):879-886. doi: 10.2337/dc16-2203. Epub 2017 May 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28500217
Discussion:
激しい血糖の変動は認知機能低下および認証のリスク因子となる。
Category:
その他
2017年06月28日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
The Prevention of Gestational Diabetes Mellitus With Antenatal Oral Inositol Supplementation: A Randomized Controlled Trial.
Author:
Farren M
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jun;40(6):759-763. doi: 10.2337/dc16-2449. Epub 2017 Mar 21.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28325784
Discussion:
ミオ - イノシトール/ D - キロイノシトール混合物の経口摂取は糖尿病の家族歴のある妊婦の妊娠糖尿病の発症を減らさなかった。
今後、妊婦へのイノシトール投与の臨床的な効能について検討が必要である。
2017年06月27日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Plasma Biomarkers and Kidney Function Decline in Early and Established Diabetic Kidney Disease.
Author:
Coca SG
DATA:
J Am Soc Nephrol. 2017 May 5. pii: ASN.2016101101. doi: 10.1681/ASN.2016101101. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28476763
Discussion:
2型糖尿病患者における血漿 TNFR-1、TNFR-2、KIM-1 濃度は、早期または進行した腎症患者の eGFR 低下リスクに対する孤立した予測因子であり、これらを加えることで腎機能低下に対する予測能を有意に向上させた。
2017年06月26日(月) 担当:山梨 裕希(前期研修医)
Reference:
Title:
Feasibility and Efficacy of a Smart Mat Technology to Predict Development of Diabetic Plantar Ulcers.
Author:
Frykberg RG
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):973-980. doi: 10.2337/dc16-2294. Epub 2017 May 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28465454
Discussion:
スマートマットを使用することで、97%の非外傷性の DFU を臨床症状発現の 5 week 前に特定できた。
                          ⇩
両足の温度を測定し、その非対称性をモニタリングすることは、DFU 再発の早期予測に有用である。
Category:
フットケア
2017年06月24日(土) 担当:滝田美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular and metabolic effects of metformin in patients with type 1 diabetes (REMOVAL): a double-blind, randomised, placebo-controlled trial.
Author:
Petrie JR
DATA:
Lancet Diabetes Endocrinol. 2017 Jun 9. pii: S2213-8587(17)30194-8. doi: 10.1016/S2213-8587(17)30194-8. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28615149
Discussion:
メトホルミン内服薬1型糖尿病患者において meanCIMT は有意差を認めなかったが maxCIMT は上昇スピードが遅かった。
HbA1c、インスリン使用量においても有意に低下を認めた。