モーニングレクチャー
2018年05月10日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Zheng SL
DATA:
JAMA. 2018 Apr 17;319(15):1580-1591. doi: 10.1001/jama.2018.3024.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29677303
Discussion:

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬の臨床的効果をネットワークメタ回帰分析という手法を用いて比較検討した結果, SGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は, DPP-4阻害薬およびプラセボ(または非投与)に比べて全死亡,心血管死亡率および心不全発症数が有意に低いという結果であった.

2018年05月09日(水) 担当:沈 卓(後期研修医)
Reference:
Title:
Serum endogenous secretory RAGE level is an independent risk factor for the progression of carotid atherosclerosis in type 1 diabetes.
Author:
Katakami N
DATA:
Atherosclerosis. 2009 May;204(1):288-92. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2008.08.026. Epub 2008 Sep 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18926539
Discussion:

・年齢と性別が mean-IMT と相関し、以前の研究と同様である。

・対象において、毎年 mean-IMT の増加は 0.012±0.025mm/year であり、健康人の0.008mm/year (Japanの過去研究)より大きかった。

esRAGE, sRAGEmean-IMT 変化に有意な負の相関が認められ、esRAGE, sRAGE 低値は動脈硬化進行に繋がると考えられる。

4年後の esRAGE, sRAGE 値と観察開始時と殆ど変化なく、観察時間内の安定性が判明された。今後、血清 esRAGE, sRAGE 値を測定し、動脈硬化や糖尿病細小血管合併症の予知できる可能性はある。

Category:
その他
2018年05月08日(火) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Initiation Strategies for Renal-Replacement Therapy in the Intensive Care Unit.
Author:
Gaudry S
DATA:
N Engl J Med. 2016 Jul 14;375(2):122-33. doi: 10.1056/NEJMoa1603017. Epub 2016 May 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27181456
Discussion:
・ AKI を有する重症患者において、RRT を早期に開始するのと、晩期に開始するのでは、両者間で 60 日死亡率に差は認めなかった。→必ずしも早期開始が有効とは言えない。

・ 透析早期導入が、逆に腎機能回復の遅延等有害事象をもたらす可能性も示唆された。

・ これらを踏まえ AKI で RRT を開始する場合は、全身状態や合併症の有無等を充分に考慮し、時期に関しては注意深く検討する必要がある。 
Category:
腎症・高血圧
2018年05月07日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年05月05日(土) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: