モーニングレクチャー
2019年08月24日(土) 担当:横山 陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Cognitive Changes in Peritoneal Dialysis Patients: A Multicenter Prospective Cohort Study.
Author:
Zhang YH
DATA:
Am J Kidney Dis. 2018 Nov;72(5):691-700. doi: 10.1053/j.ajkd.2018.04.020. Epub 2018 Jul 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30007504
Discussion:
2 年間の追跡調査では PD 患者の認知機能障害の有病率は増加したものの、特定の認知機能の改善を認めた。既知の認知機能障害のリスク因子以外に、低アルブミン血症やうつ病も認知機能障害を進行させうるため、これらのリスク因子を改善することで進行を抑制させる可能性がある。
Category:
腎症・高血圧
2019年08月21日(水) 担当:藤川 広菜(後期研修医)
Reference:
Title:
Asymptomatic coronary artery disease in a Norwegian cohort with type 2 diabetes: a prospective angiographic study with intravascular ultrasound evaluation.
Author:
Arora S
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2019 Mar 9;18(1):26. doi: 10.1186/s12933-019-0832-2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30851727
Discussion:
① 2 型糖尿病患者における無症候性冠動脈疾患の有病率について血管内超音波で評価した過去にない study であり、有病率は 8 割以上と高率であった。
② HbA1c 6.5 % 以下を目標とした治療強化により、冠動脈病変の改善は得られなかった。 
2019年08月20日(火) 担当:森 友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Microvascular Disease in Patients With Diabetes With Heart Failure and Reduced Ejection Versus Preserved Ejection Fraction.
Author:
Tromp J
DATA:
Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1792-1799. doi: 10.2337/dc18-2515. Epub 2019 Jul 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31292141
Discussion:
糖尿病患者では HFrEF と比較し、 HFpEF の有病率が有意に高率であった。
細小血管障害を有することは、 HFrEF の患者と比較し、 HFpEF の患者で優位に左室肥大や QOL 低下と関連していた。
2019年08月15日(木) 担当:佐伯 忠賜朗(講師)
Reference:
Title:
Validation of automated screening for referable diabetic retinopathy with the IDx-DR device in the Hoorn Diabetes Care System.
Author:
van der Heijden AA
DATA:
Acta Ophthalmol. 2018 Feb;96(1):63-68. doi: 10.1111/aos.13613. Epub 2017 Nov 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29178249
Discussion:
IDx-DRによる糖尿病網膜症自動診断は、中等度以上の糖尿病網膜症referable diabetic retinopathy = moderate diabetic retinopathy (MDR)+vision‐threatening diabetic retinopathy (VTDR)の診断に関しては感度、特異度が十分高くプライマリケアに有用との結果が示されたが、MDRとVTDRの区別など重症度分類に関しては未だ課題が残る。画質不十分で判定不能例があったり、準拠する診断基準(ICDR or EURODIAB)によって感度が異なったり、網膜症専門家の判定との食い違いも生じたりするなど課題も残っている。また今回の結果はmoderate DR以上のRDR(moderate DR+VTDR)およびVTDRを検出したものであり、現バージョンのIDx-DRは網膜症無しと軽い網膜症(mild DR)とは識別できない。

結論:((2018年FDAからAIによる糖尿病網膜症自動診断を認可された))IDx-DRは、中等度以上の糖尿病網膜症自動検出に関してプライマリケアに有用であり、眼科医の不足を軽減する。
Category:
眼合併症
2019年08月14日(水) 担当:滝田 美夏子(後期研修医)
Reference:
Title:
Efficacy and Safety of Fast-Acting Insulin Aspart Compared With Insulin Aspart, Both in Combination With Insulin Degludec, in Children and Adolescents With Type 1 Diabetes: The onset 7 Trial.
Author:
Bode BW
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jul;42(7):1255-1262. doi: 10.2337/dc19-0009. Epub 2019 May 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31076415
Discussion:
Fast-acting Aspart は小児および青年期の 1型糖尿病患者でデグルデクとの併用下において、安全であり、食前投与することで食後血糖を改善する上で効果的である。


カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ