モーニングレクチャー
2019年11月06日(水) 担当:廿樂 麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Treatment With Metformin vs Sulfonylurea With Major Adverse Cardiovascular Events Among Patients With Diabetes and Reduced Kidney Function.
Author:
Roumie CL
DATA:
JAMA. 2019 Sep 19:1-11. doi: 10.1001/jama.2019.13206. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31536102
Discussion:
腎機能が低下した 2 型糖尿病患者において、メトホルミン単剤での治療は SU 単剤での治療に比較し、MACE のリスク低下と関連した。

2019年11月05日(火) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年11月04日(月) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2019年11月01日(金) 担当:金箱 勇太郎(後期研修医)
Reference:
Title:
Cognitions Associated With Hypoglycemia Awareness Status and Severe Hypoglycemia Experience in Adults With Type 1 Diabetes.
Author:
Cook AJ
DATA:
Diabetes Care. 2019 Oct;42(10):1854-1864. doi: 10.2337/dc19-0002. Epub 2019 Aug 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31391200
Discussion:
無自覚低血糖 ( IAH ) と繰り返す重症低血糖 ( RSH ) はインスリンを使用する 1 型糖尿病にとって重大な問題である。重症低血糖、繰り返す無自覚低血糖の経験を持つ患者がどのような意識で血糖コントロールをしているかアンケート調査した。
重症低血糖、繰り返す無自覚低血糖のエピソードを持つ患者は低血糖になることへの懸念がそうでない患者より低く、高血糖をより避ける傾向にあった。これらの傾向を改善していくことにより重症低血糖、繰り返す無自覚低血糖を減少させることが出来ると期待された。
Category:
1型糖尿病
2019年10月31日(木) 担当:浦上 恭英(臨床研修医)
Reference:
Title:
Vitamin D Supplementation and Prevention of Type 2 Diabetes.
Author:
DATA:
N Engl J Med. 2019 Aug 8;381(6):520-530. doi: 10.1056/NEJMoa1900906. Epub 2019 Jun 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31173679
Discussion:
Vitamin D 欠乏していない2型糖尿病のハイリスク群において、Vitamin D³ の1日4000 IU の摂取はプラセボ群と比較して、糖尿病のリスクを著明に下げることはなかった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ