モーニングレクチャー
2017年12月25日(月) 担当:村田大典(前期研修医)
Reference:
Title:
Statin use and risk of developing diabetes: results from the Diabetes Prevention Program.
Author:
Crandall JP
DATA:
BMJ Open Diabetes Res Care. 2017 Oct 10;5(1):e000438. doi: 10.1136/bmjdrc-2017-000438. eCollection 2017.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29081977
Discussion:
・個々の患者について、糖尿病リスクが中程度に上昇することは、一方でスタチン治療によって、心筋梗塞、脳卒中および心臓血管死が非常に有意に減少することとバランスをとれることが必要である。

・CVD 予防のためのスタチンを処方されている糖尿病高リスク患者は、より慎重に血糖を管理し、健康的な生活習慣の行動を強化する必要がある。
2017年12月23日(土) 担当:
Reference:
Title:
祝日の為ありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年12月22日(金) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Hemoglobin A1c Variability Predicts Symptoms of Depression in Elderly Individuals With Type 2 Diabetes.
Author:
Ravona-Springer R
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1187-1193. doi: 10.2337/dc16-2754. Epub 2017 Jun 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28634202
Discussion:
2 型糖尿病患者では、HbA1c の変動性がうつ病を予測する際の指標になりうる可能性がある。
2017年12月21日(木) 担当:山岸沙衣(前期研修医)
Reference:
Title:
Liraglutide and Renal Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Mann JFE
DATA:
N Engl J Med. 2017 Aug 31;377(9):839-848. doi: 10.1056/NEJMoa1616011.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28854085
Discussion:
腎転帰についての副次的解析の結果、標準治療にリラグルチドを追加した場合、心血管リスクのある 2 型糖尿病患者において、リラグルチドは、プラセボに比べ主に持続性顕性アルブミン尿の新規発症を減らすことで、複合的な腎転帰の発症を減らすことを示された。
Category:
2型糖尿病
2017年12月19日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Improving the Clinical Value and Utility of CGM Systems: Issues and Recommendations: A Joint Statement of the European Association for the Study of Diabetes and the American Diabetes Association Diabetes Technology Working Group.
Author:
Petrie JR
DATA:
Diabetes Care. 2017 Dec;40(12):1614-1621. doi: 10.2337/dci17-0043. Epub 2017 Oct 25.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29070577
Discussion:
・CGM システムの性能をより体系的、構造的に評価する
・様々な患者グループについて、CGM のデータの信頼性の構築
・CGM の測定されたグルコース値の標準化
・市場承認後の規制当局への安全性の報告の徹底
・各専門機関でのコミュニケーション
Category:
1型糖尿病