モーニングレクチャー
2017年09月06日(水) 担当:片峰亜季(後期研修医)
Reference:
Title:
Skeletal Muscle Microvascular-Linked Improvements in Glycemic Control From Resistance Training in Individuals With Type 2 Diabetes.
Author:
Russell RD
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1256-1263. doi: 10.2337/dc16-2750. Epub 2017 Jul 7.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28687542
Discussion:
レジスタンス運動における糖代謝の改善には、骨格筋の微小血管の血流が影響していることが示唆された。
2017年09月05日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Diabetic Ketoacidosis at Diagnosis of Type 1 Diabetes Predicts Poor Long-term Glycemic Control.
Author:
Duca LM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1249-1255. doi: 10.2337/dc17-0558. Epub 2017 Jun 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28667128
Discussion:
1型糖尿病発症時に DKA + であるとその後15年に渡り HbA1c が高い。
それは人種や性別、社会経済状況とは独立している。

Category:
1型糖尿病
2017年09月04日(月) 担当:北野滋彦(教授)
Reference:
Title:
The United Kingdom Diabetic Retinopathy Electronic Medical Record Users Group: Report 3: Baseline Retinopathy and Clinical Features Predict Progression of Diabetic Retinopathy
Author:
Lee CS
DATA:
Am J Ophthalmol. 2017 Aug;180:64-71. doi: 10.1016/j.ajo.2017.05.020. Epub 2017 May 29.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28572062
Discussion:
ベースラインの糖尿病網膜症の重症度と所見のうち、網膜内細小血管異常(IRMA)が5年後の増殖糖尿病網膜症への進展の危険因子、4象限の網膜出血が硝子体出血の危険因子であった。
Category:
眼合併症
2017年09月02日(土) 担当:松本諭(後期研修医)
Reference:
Title:
Microvascular effects of glucagon-like peptide-1 receptor agonists in type 2 diabetes: a meta-analysis of randomized controlled trials.
Author:
Dicembrini I
DATA:
Acta Diabetol. 2017 Jul 27. doi: 10.1007/s00592-017-1031-9. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28748377
Discussion:
nephropathy に対してはリスクの減少の結果となった反面、retinopathy に対してはnegative な結果となった。この結果に関しては今後さらなる検証が必要である。
2017年09月01日(金) 担当:長谷川夕希子(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of continuous positive airway pressure on blood pressure and metabolic profile in women with sleep apnoea.
Author:
Campos-Rodriguez F
DATA:
Eur Respir J. 2017 Aug 10;50(2). pii: 1700257. doi: 10.1183/13993003.00257-2017. Print 2017 Aug.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28798089
Discussion:
中等度~高度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群を有する女性に、CPAP 療法を 12 週間使用すると、保存的に加療した群と比較して拡張期血圧が有意に低下した。
収縮期血圧、血糖、脂質は変化しなった。