モーニングレクチャー
2019年11月14日(木) 担当:髙木 聡(助教)
Reference:
Title:
Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors in Patients With Type 1 Diabetes and Rates of Diabetic Ketoacidosis.
Author:
Hampp C
DATA:
Diabetes Care. 2019 Oct 10. pii: dc191481. doi: 10.2337/dc19-1481. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31601640
Discussion:
  • SGLT 2 阻害薬を投与した患者に占める 1 型糖尿病患者の割合は研究対象全体としては低かったが、若年者で高かった。
  • 1 型糖尿病に SGLT 2 阻害薬を適応外使用した患者の中で、特に 45 歳未満の女性の DKA リスクが顕著だった。
2019年11月13日(水) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Non-alcoholic fatty liver disease and risk of incident acute myocardial infarction and stroke: findings from matched cohort study of 18 million European adults.
Author:
Alexander M
DATA:
BMJ. 2019 Oct 8;367:l5367. doi: 10.1136/bmj.l5367.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31594780
Discussion:
既知の心血管危険因子のデータで補正したところ、NAFLD は AMI や脳卒中のリスク増加に関連しておらず、合併しうるリスク因子の評価を適切に行えば、介入方法は一般人口と同様でよい可能性が示唆された。
2019年11月11日(月) 担当:石川 邦裕(後期研修医)
Reference:
Title:
Arteriosclerotic Changes after Intravitreal Injections of Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Drugs in Patients with Exudative Age-Related Macular Degeneration.
Author:
Shiba T
DATA:
Ophthalmologica. 2016;235(4):225-32. doi: 10.1159/000445388. Epub 2016 Apr 16.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27082736
Discussion:
抗VEGF薬硝子体内投与回数の増加に伴い、CAVI、IMT、シスタチンCは低下した。滲出性加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬硝子体内投与は動脈硬化を進行させないことが示唆された。
Category:
眼合併症
2019年11月09日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Influence of time of day of blood pressure-lowering treatment on cardiovascular risk in hypertensive patients with type 2 diabetes.
Author:
Hermida RC
DATA:
Diabetes Care. 2011 Jun;34(6):1270-6. doi: 10.2337/dc11-0297.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21617110
Discussion:
就寝前に降圧剤を少なくとも 1 剤内服することで、心血管イベントを減少することが可能と示された。
2019年11月07日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Effect of Linagliptin vs Glimepiride on Major Adverse Cardiovascular Outcomes in Patients With Type 2 Diabetes: The CAROLINA Randomized Clinical Trial.
Author:
Rosenstock J
DATA:
JAMA. 2019 Sep 19. doi: 10.1001/jama.2019.13772. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31536101
Discussion:
CVOTである本試験において、グリメピリドに対するリナグリプチンの非劣性が証明された。優越性に関しては得られなかった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ