モーニングレクチャー

2017年09月

2017年09月30日(土) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
High sensitive TROponin levels In Patients with Chest pain and kidney disease: A multicenter registry - The TROPIC study.
Author:
Ballocca F
DATA:
Cardiol J. 2017;24(2):139-150. doi: 10.5603/CJ.a2017.0025. Epub 2017 Mar 10.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28281735
Discussion:
・慢性腎臓病患者において高感度トロポニン T の上昇は、心血管病変のハイリスクである。
・高感度トロポニン I / T 両者とも、心血管病変発症及び、長期的なイベント発症に関連があったが、高感度トロポニン I は T を上回った。
・高感度トロポニン T は腎機能の影響を受けにくい。

Category:
腎症・高血圧
2017年09月29日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Age at Menarche and Risk of Gestational Diabetes Mellitus: A Prospective Cohort Study Among 27,482 Women.
Author:
Chen L
DATA:
Diabetes Care. 2016 Mar;39(3):469-71. doi: 10.2337/dc15-2011. Epub 2016 Jan 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26813668
Discussion:
早期初経はGDM を発症させる直接のリスク因子である。

Category:
妊娠
2017年09月28日(木) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2017年09月26日(火) 担当:横山陽一(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of vitamin D on proteinuria in type 2 diabetic patients.
Author:
Momeni A
DATA:
J Nephropathol. 2017 Jan;6(1):10-14. doi: 10.15171/jnp.2017.03. Epub 2016 Aug 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28042548
Discussion:
ビタミン D を正常化による尿蛋白減少の可能性を示唆し、安全かつ効果的に糖尿病性腎症の治療として行えるとしている。
Category:
薬物療法
2017年09月25日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません。
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category: