モーニングレクチャー
その他
2017年08月16日(水) 担当:森友実(後期研修医)
Reference:
Title:
High Serum PCSK9 Is Associated With Increased Risk of New-Onset Diabetes After Transplantation in Renal Transplant Recipients.
Author:
Eisenga MF
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):894-901. doi: 10.2337/dc16-2258. Epub 2017 May 1.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28461454
Discussion:
より高い PCSK9 値は交絡因子とは無関係に腎移植後患者において、 NODAT の発症との関連が示唆された。
PCSK9 の阻害は高 Chol 血症を防ぐだけでなく、NODAT の発症も予防する可能性がある。
Category:
その他
2017年08月15日(火) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Repurposing metformin for the prevention of cancer and cancer recurrence.
Author:
Heckman-Stoddard BM
DATA:
Diabetologia. 2017 Aug 3. doi: 10.1007/s00125-017-4372-6. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28776080
Discussion:
メトホルミンには長い歴史と多くの臨床経験があり癌予防として非常に魅力的。
癌に対する複数の作用機序があり、生物学的な妥当性がある。
2017年07月13日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Effectiveness of a targeted lifestyle intervention in primary care on diet and physical activity among South Asians at risk for diabetes: 2-year results of a randomised controlled trial in the Netherlands.
Author:
Vlaar EMA
DATA:
BMJ Open. 2017 Jul 2;7(6):e012221. doi: 10.1136/bmjopen-2016-012221.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674122
Discussion:
Culturally targetted なライフスタイル介入は、ドロップアウト率が高く、DM のリスクをもつ、オランダ在住の南アジア系の人種にとっては健康的な習慣を促進するのに効果的ではなかった。もっとアクセスの良い、健康習慣促進のための新たな戦略を開発する必要がある。
2017年06月29日(木) 担当:伊藤 彩希(前期研修医)
Reference:
Title:
Glucose Peaks and the Risk of Dementia and 20-Year Cognitive Decline.
Author:
Rawlings AM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):879-886. doi: 10.2337/dc16-2203. Epub 2017 May 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28500217
Discussion:
激しい血糖の変動は認知機能低下および認証のリスク因子となる。
Category:
その他
2017年06月23日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Cephalexin Plus Trimethoprim-Sulfamethoxazole vs Cephalexin Alone on Clinical Cure of Uncomplicated Cellulitis: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Moran GJ
DATA:
JAMA. 2017 May 23;317(20):2088-2096. doi: 10.1001/jama.2017.5653.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28535235
Discussion:
蜂窩織炎加療において ST+CEX vs CEX では有意差はない。
Category:
フットケアその他