モーニングレクチャー
その他
2017年06月23日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Cephalexin Plus Trimethoprim-Sulfamethoxazole vs Cephalexin Alone on Clinical Cure of Uncomplicated Cellulitis: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Moran GJ
DATA:
JAMA. 2017 May 23;317(20):2088-2096. doi: 10.1001/jama.2017.5653.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28535235
Discussion:
蜂窩織炎加療において ST+CEX vs CEX では有意差はない。
Category:
フットケアその他
2017年05月08日(月) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Successful maintenance on sulphonylurea therapy and low diabetes complication rates in a HNF1A-MODY cohort.
Author:
Bacon S
DATA:
Diabet Med. 2016 Jul;33(7):976-84. doi: 10.1111/dme.12992. Epub 2015 Nov 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26479152
Discussion:
HNF1A-MODY(MODY3)MODY の中で最も頻度が高い。MODY3は少量のSU薬に高感受性であるが、長期的な効果は不明である。60名のMODY3患者とBMI、年齢、罹病期間、人種をマッチさせたT1DM60名を対象として84ヵ月追跡した。MODY3患者は最終的に51名が対象となり、うち12名は最初からSU薬で治療されていた。遺伝子診断によってインスリン治療からSU薬に切り替えられた13名を含む、44名がSU薬治療に切り替えられた。84か月後も80%のMODY3患者がSU薬単独で良好なコントロールが得られていた。細小血管障害と心血管疾患の出現頻度はT1DMより有意に低かった。MODY3に対するSU薬治療は長期間有用であり、早期の切り替えは合併症抑制にも有用かもしれない。
Category:
薬物療法その他
2017年04月01日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Patients with diabetes are at high risk of serious medication errors at hospital: Interest of clinical pharmacist intervention to improve healthcare.
Author:
Breuker C
DATA:
Eur J Intern Med. 2017 Mar;38:38-45. doi: 10.1016/j.ejim.2016.12.003. Epub 2016 Dec 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28007439
Discussion:

糖尿病はメディケーションエラーのハイリスクであり,ポリファーマシーが関係している.

多職種の介入が重要.
Category:
薬物療法その他
2017年03月31日(金) 担当:望月翔太(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-term Metformin Use and Vitamin B12 Deficiency in the Diabetes Prevention Program Outcomes Study.
Author:
Aroda VR
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2016 Apr;101(4):1754-61. doi: 10.1210/jc.2015-3754. Epub 2016 Feb 22.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26900641
Discussion:
メトホルミン使用者でVitB12欠乏が生じる可能性を念頭において、VitB12測定を行い必要に応じて対応すれば良いのではないか。
Category:
2型糖尿病その他
2017年03月23日(木) 担当:尾﨑敦子(前期研修医)
Reference:
Title:
Chronic hepatitis B virus infection status is more prevalent in patients with type 2 diabetes.
Author:
Lu J
DATA:
J Diabetes Investig. 2016 Dec 8. doi: 10.1111/jdi.12609. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27930871
Discussion:
慢性B型肝炎の有病率は2型糖尿病患者で最も高く、1型糖尿病患者とコントロール群で有意な差はなかった。
慢性B型肝炎が2型糖尿病の発症リスクを増加させるのか、あるいは2型糖尿病が慢性B型肝炎のリスクを増加させるのかさらなる研究が必要である。
また1型糖尿病患者で羅患率が低かったことの機序解明が必要である。
Category:
2型糖尿病その他