モーニングレクチャー
その他
2017年07月13日(木) 担当:中神朋子(准教授)
Reference:
Title:
Effectiveness of a targeted lifestyle intervention in primary care on diet and physical activity among South Asians at risk for diabetes: 2-year results of a randomised controlled trial in the Netherlands.
Author:
Vlaar EMA
DATA:
BMJ Open. 2017 Jul 2;7(6):e012221. doi: 10.1136/bmjopen-2016-012221.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674122
Discussion:
Culturally targetted なライフスタイル介入は、ドロップアウト率が高く、DM のリスクをもつ、オランダ在住の南アジア系の人種にとっては健康的な習慣を促進するのに効果的ではなかった。もっとアクセスの良い、健康習慣促進のための新たな戦略を開発する必要がある。
2017年06月29日(木) 担当:伊藤 彩希(前期研修医)
Reference:
Title:
Glucose Peaks and the Risk of Dementia and 20-Year Cognitive Decline.
Author:
Rawlings AM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Jul;40(7):879-886. doi: 10.2337/dc16-2203. Epub 2017 May 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28500217
Discussion:
激しい血糖の変動は認知機能低下および認証のリスク因子となる。
Category:
その他
2017年06月23日(金) 担当:伊藤新(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Cephalexin Plus Trimethoprim-Sulfamethoxazole vs Cephalexin Alone on Clinical Cure of Uncomplicated Cellulitis: A Randomized Clinical Trial.
Author:
Moran GJ
DATA:
JAMA. 2017 May 23;317(20):2088-2096. doi: 10.1001/jama.2017.5653.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28535235
Discussion:
蜂窩織炎加療において ST+CEX vs CEX では有意差はない。
Category:
フットケアその他
2017年05月08日(月) 担当:岩﨑直子(准教授)
Reference:
Title:
Successful maintenance on sulphonylurea therapy and low diabetes complication rates in a HNF1A-MODY cohort.
Author:
Bacon S
DATA:
Diabet Med. 2016 Jul;33(7):976-84. doi: 10.1111/dme.12992. Epub 2015 Nov 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26479152
Discussion:
HNF1A-MODY(MODY3)MODY の中で最も頻度が高い。MODY3は少量のSU薬に高感受性であるが、長期的な効果は不明である。60名のMODY3患者とBMI、年齢、罹病期間、人種をマッチさせたT1DM60名を対象として84ヵ月追跡した。MODY3患者は最終的に51名が対象となり、うち12名は最初からSU薬で治療されていた。遺伝子診断によってインスリン治療からSU薬に切り替えられた13名を含む、44名がSU薬治療に切り替えられた。84か月後も80%のMODY3患者がSU薬単独で良好なコントロールが得られていた。細小血管障害と心血管疾患の出現頻度はT1DMより有意に低かった。MODY3に対するSU薬治療は長期間有用であり、早期の切り替えは合併症抑制にも有用かもしれない。
Category:
薬物療法その他
2017年04月01日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Patients with diabetes are at high risk of serious medication errors at hospital: Interest of clinical pharmacist intervention to improve healthcare.
Author:
Breuker C
DATA:
Eur J Intern Med. 2017 Mar;38:38-45. doi: 10.1016/j.ejim.2016.12.003. Epub 2016 Dec 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28007439
Discussion:

糖尿病はメディケーションエラーのハイリスクであり,ポリファーマシーが関係している.

多職種の介入が重要.
Category:
薬物療法その他