モーニングレクチャー
その他
2018年05月16日(水) 担当:廿楽麗香(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk thresholds for alcohol consumption: combined analysis of individual-participant data for 599 912 current drinkers in 83 prospective studies.
Author:
Wood AM
DATA:
Lancet. 2018 Apr 14;391(10129):1513-1523. doi: 10.1016/S0140-6736(18)30134-X.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29676281
Discussion:
全死因死亡において、死亡リスクが最も低いアルコール摂取量の閾値は、100 g /週である。
Category:
その他
2018年05月11日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Tentative nil per os leads to poor outcomes in older adults with aspiration pneumonia.
Author:
Maeda K
DATA:
Clin Nutr. 2016 Oct;35(5):1147-52. doi: 10.1016/j.clnu.2015.09.011. Epub 2015 Oct 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26481947
Discussion:
誤嚥性肺炎の患者を禁食にすると、治療期間の延長、予後の悪化、嚥下機能の低下を招く可能性が高くなる。
2018年05月09日(水) 担当:沈 卓(後期研修医)
Reference:
Title:
Serum endogenous secretory RAGE level is an independent risk factor for the progression of carotid atherosclerosis in type 1 diabetes.
Author:
Katakami N
DATA:
Atherosclerosis. 2009 May;204(1):288-92. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2008.08.026. Epub 2008 Sep 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18926539
Discussion:

・年齢と性別が mean-IMT と相関し、以前の研究と同様である。

・対象において、毎年 mean-IMT の増加は 0.012±0.025mm/year であり、健康人の0.008mm/year (Japanの過去研究)より大きかった。

esRAGE, sRAGEmean-IMT 変化に有意な負の相関が認められ、esRAGE, sRAGE 低値は動脈硬化進行に繋がると考えられる。

4年後の esRAGE, sRAGE 値と観察開始時と殆ど変化なく、観察時間内の安定性が判明された。今後、血清 esRAGE, sRAGE 値を測定し、動脈硬化や糖尿病細小血管合併症の予知できる可能性はある。

Category:
その他
2018年04月28日(土) 担当:清水美佳(後期研修医)
Reference:
Title:
Incidence, Demographics, and Clinical Characteristics of Diabetes of the Exocrine Pancreas (Type 3c): A Retrospective Cohort Study.
Author:
Woodmansey C
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1486-1493. doi: 10.2337/dc17-0542. Epub 2017 Aug 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28860126
Discussion:
・膵臓疾患に続いて発症する糖尿病は、血糖コントロール不良および早期インスリン治療と有意に関連付けられるが、外分泌膵臓の糖尿病としては稀にしか識別されない。
・臨床医は、最初に糖尿病に罹患したときに患者が膵臓病の病歴を有するかどうかを明らかにし、外分泌膵臓の糖尿病の診断を考慮に入れる必要がある。
2018年04月26日(木) 担当:松永卓士(前期研修医)
Reference:
Title:
Mortality from infectious diseases in diabetes.
Author:
Zoppini G
DATA:
Nutr Metab Cardiovasc Dis. 2018 Jan 31. pii: S0939-4753(17)30321-6. doi: 10.1016/j.numecd.2017.12.007. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29519560
Discussion:
糖尿病患者において、感染症が死の引き金となった原死因と捉えた場合と、死につながった様々な要素のうちの1つと捉えた場合を比較した時、前者のアプローチでは感染症の死への影響を過小評価している可能性があることが示唆された。