モーニングレクチャー
薬物療法
2019年05月16日(木) 担当:花井 豪(講師)
Reference:
Title:
Febuxostat for Cerebral and CaRdiorenovascular Events PrEvEntion StuDy.
Author:
Kojima S
DATA:
Eur Heart J. 2019 Mar 7. pii: ehz119. doi: 10.1093/eurheartj/ehz119. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30844048
Discussion:
フェブキソスタットが腎保護効果を有する可能性が示唆された.今後,腎アウトカムを主要エンドポイントとした大規模 RCT が必要である.
2019年04月26日(金) 担当:岩﨑直子(教授)
Reference:
Title:
Long-Term Weight Loss With Metformin or Lifestyle Intervention in the Diabetes Prevention Program Outcomes Study.
Author:
Apolzan JW
DATA:
Ann Intern Med. 2019 Apr 23. doi: 10.7326/M18-1605. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31009939
Discussion:

DPPDiabetes Prevention Program)は肥満IGT患者を対象とし、糖尿病発症をアウトカムとした介入試験で、メトホルミン、Intensive LifestyleInterventionILS)、プラセボの3群比較試験(観察期間 3年)でILS群が最も優れていた。本試験は最初の1年目で≧5%の減量を達成した1066名をさらに15年追跡した研究。≧5%の減量を開始後1年で達成した者のうち、メトホルミン群において長期の体重減少が有意に維持できた。他に年齢(より高い事)と初期の体重減少量が減量維持の予測因子であった。

2019年04月16日(火) 担当:田中紗代子(助教)
Reference:
Title:
Empagliflozin as Adjunctive to Insulin Therapy in Type 1 Diabetes: The EASE Trials.
Author:
Rosenstock J
DATA:
Diabetes Care. 2018 Dec;41(12):2560-2569. doi: 10.2337/dc18-1749. Epub 2018 Oct 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30287422
Discussion:
  • EASE Trial を通して、Empagliflozin 内服は少用量でも、DKA や低血糖の発症を最低限に留めた上で、HbA1c / FBS / 血糖変動 / 血圧 / 体重等において有効性を示した。
  • また我々医療従事者は、今後 SGLT2 阻害薬を 1 型糖尿病患者に処方する際、予めインスリンを減量する、ケトンを定期的に測定する等、副作用に留意し注意深くフォローしていくことが重要である。 
2019年04月08日(月) 担当:中神 朋子(教授)
Reference:
Title:
Effect of Additional Oral Semaglutide vs Sitagliptin on Glycated Hemoglobin in Adults With Type 2 Diabetes Uncontrolled With Metformin Alone or With Sulfonylurea: The PIONEER 3 Randomized Clinical Trial.
Author:
Rosenstock J
DATA:
JAMA. 2019 Mar 23. doi: 10.1001/jama.2019.2942. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30903796
Discussion:
  • 経口セマグルチド7mgおよび14 mg/dayは、メトホルミンで血糖コントロールが不十分な2型糖尿病の成人で、SUの有無にかかわらず、シタグリプチンと比べて、26週間にわたりHbA1cを有意に減少させたが、3mg/dayの用量では有意差は認めなかった。

  • 実臨床下での有効性評価のさらなる検討が必要である。

     

2019年04月02日(火) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49).
Author:
Sakamoto M
DATA:
Diabetes Care. 2019 Feb 10. pii: dc181953. doi: 1.2337/dc18-1953. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30739885
Discussion:
2 型糖尿病患者において、HbA1c 、血圧、脂質のコントロールの達成率は季節によって変動があり冬に最も低く、治療マネジメントで考慮すべきである。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ