モーニングレクチャー
薬物療法
2018年03月08日(木) 担当:吉村蘭(後期研修医)
Reference:
Title:
Antihyperglycemic Medications: A Claims-Based Estimate of First-line Therapy Use Prior to Initialization of Second-line Medications.
Author:
Tseng YJ
DATA:
Diabetes Care. 2017 Nov;40(11):1500-1505. doi: 10.2337/dc17-0213. Epub 2017 Sep 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28903978
Discussion:
米国では、成人 2 型糖尿病患者に対して、診療ガイドラインを遵守せず、第 2 選択薬からの処方が多い。治療決定のサポートや第 1 選択薬のアドヒアランスにより重点をおく必要がある。
2018年02月21日(水) 担当:吉田直史(助教)
Reference:
Title:
Effects of the sodium-glucose co-transporter 2 inhibitor dapagliflozin in patients with type 2 diabetes and Stages 3b-4 chronic kidney disease.
Author:
Dekkers CCJ
DATA:
Nephrol Dial Transplant. 2018 Jan 23. doi: 10.1093/ndt/gfx350. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29370424
Discussion:
ダパグリフロジンは CKD3b - 4 期の 2 型糖尿病患者において HbA1c を減少させなかった。しかし、大きな副作用なく、ACR、血圧および体重を減少させた。
2018年02月13日(火) 担当:宮川紗貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Effects of Once-Weekly Exenatide on Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes.
Author:
Holman RR
DATA:
N Engl J Med. 2017 Sep 28;377(13):1228-1239. doi: 10.1056/NEJMoa1612917. Epub 2017 Sep 14.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28910237
Discussion:
GLP-1 受容体作動薬エキセナチドの週 1 回投与型製剤の 2 型糖尿病患者における安全性と有効性を検討した EXSCEL Study (患者数 14,752 名、観察期間中央値 3.2 年)において、同剤の主要心血管イベント発生に対する優越性は認められなかった。
2018年02月03日(土) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Effects of Preceding Ethanol Intake on Glucose Response to Low-Dose Glucagon in Individuals With Type 1 Diabetes: A Randomized, Placebo-Controlled, Crossover Study.
Author:
Ranjan A
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan 22. pii: dc171458. doi: 10.2337/dc17-1458. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29358493
Discussion:
グルカゴンに対する血糖上昇の効果は、エタノール摂取 8 - 9 時間後に低下する傾向があることがわかった。
2018年01月31日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Long-term Trends in Antidiabetes Drug Usage in the U.S.: Real-world Evidence in Patients Newly Diagnosed With Type 2 Diabetes.
Author:
Montvida O
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan;41(1):69-78. doi: 10.2337/dc17-1414. Epub 2017 Nov 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29109299
Discussion:
・新しい糖尿病治療薬の登場に関わらず、SU 薬は第 2 選択薬として最も多く使用されており、SU 薬とインスリンの併用による治療強化の頻度が高い。

・インクレチン関連薬は、SU 薬と比較し、治療強化の必要時期をやや遅らせることがわかった。 
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ