モーニングレクチャー
コホート(観察)研究
2019年04月26日(金) 担当:岩﨑直子(教授)
Reference:
Title:
Long-Term Weight Loss With Metformin or Lifestyle Intervention in the Diabetes Prevention Program Outcomes Study.
Author:
Apolzan JW
DATA:
Ann Intern Med. 2019 Apr 23. doi: 10.7326/M18-1605. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31009939
Discussion:

DPPDiabetes Prevention Program)は肥満IGT患者を対象とし、糖尿病発症をアウトカムとした介入試験で、メトホルミン、Intensive LifestyleInterventionILS)、プラセボの3群比較試験(観察期間 3年)でILS群が最も優れていた。本試験は最初の1年目で≧5%の減量を達成した1066名をさらに15年追跡した研究。≧5%の減量を開始後1年で達成した者のうち、メトホルミン群において長期の体重減少が有意に維持できた。他に年齢(より高い事)と初期の体重減少量が減量維持の予測因子であった。

2019年04月23日(火) 担当:久保田 諒(後期研修医)
Reference:
Title:
Effect of Glucose Improvement on Spirometric Maneuvers in Patients With Type 2 Diabetes: The Sweet Breath Study.
Author:
Gutiérrez-Carrasquilla L
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):617-624. doi: 10.2337/dc18-1948. Epub 2019 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30705064
Discussion:
今回、短期での HbA1c の改善が一秒率やピークフローを上昇させることが示された。
良好な血糖コントロールは、呼吸機能、生命予後に良い影響を及ぼす可能性がある。
2019年04月19日(金) 担当:馬場園哲也(教授・講座主任)
Reference:
Title:
Association of Diabetes and Glycated Hemoglobin With the Risk of Intracerebral Hemorrhage: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Saliba W
DATA:
Diabetes Care. 2019 Apr;42(4):682-688. doi: 10.2337/dc18-2472. Epub 2019 Feb 6.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30728223
Discussion:
糖尿病は脳梗塞に対する明らかなリスク因子であるが,脳卒中に対する影響はこれまで不明であった.著者らはイスラエルの全国データベースを用いたコホート研究を行い,糖尿病は脳出血に対してもリスクになることを明らかにした(ハザード比1.36).またHbA1cと脳出血発症の関連はJカーブとなること(低いHbA1c値でもリスクとなること)を示した.
2019年03月15日(金) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Cardiovascular Benefits of Acarbose vs Sulfonylureas in Patients With Type 2 Diabetes Treated With Metformin.
Author:
Hsu PF
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2018 Oct 1;103(10):3611-3619. doi: 10.1210/jc.2018-00040.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30113697
Discussion:
アジア人において、メトホルミンの追加療法としてのアカルボースが、スルホニル尿素と比較して虚血性脳卒中およびアテローム性動脈硬化症のイベント、低血糖の発生率を減少させた。
2019年03月13日(水) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of fried food consumption with all cause, cardiovascular, and cancer mortality: prospective cohort study
Author:
Sun Y
DATA:
BMJ. 2019 Jan 23;364:k5420. doi: 10.1136/bmj.k5420.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30674467
Discussion:
米国の 50 歳以上の閉経女性において、揚げ物の摂取頻度・量の増加による全死亡のリスク上昇があった。
その中でもフライドチキン、揚げた魚介類の摂取頻度・量の増加による全死亡、心血管死のリスク上昇があった。
揚げ物と癌死の関連は指摘できなかった。