モーニングレクチャー
コホート(観察)研究
2019年09月05日(木) 担当:柳澤 慶香(准教授)
Reference:
Title:
Maternal glycaemic control and risk of neonatal hypoglycaemia in Type 1 diabetes pregnancy: a secondary analysis of the CONCEPTT trial.
Author:
Yamamoto JM
DATA:
Diabet Med. 2019 Aug;36(8):1046-1053. doi: 10.1111/dme.13988. Epub 2019 Jun 17.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31107983
Discussion:
Second , third trimester のわずかな血糖コントロール改善 ( HbA1c 0.4 % 低下、CGM の time - in target 5 - 7 % 上昇 )が新生児低血糖リスクを減らす。
2019年09月04日(水) 担当:森 友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Fruit and Vegetable Intake and Risk of Posttransplantation Diabetes in Renal Transplant Recipients.
Author:
Gomes-Neto AW
DATA:
Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1645-1652. doi: 10.2337/dc19-0224. Epub 2019 Jul 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31296643
Discussion:
  • 腎移植レシピエントにおいて野菜の摂取量が、PTDM 発症の長期リスクの低下と関連している可能性が示唆された。
  • 果物摂取と PTDM 発症との間に有意な関連は認めなかった。
2019年08月29日(木) 担当:湯浅 綾乃(臨床研修医)
Reference:
Title:
Impact of acute hyperglycemia on layer-specific left ventricular strain in asymptomatic diabetic patients: an analysis based on two-dimensional speckle tracking echocardiography.
Author:
Bogdanović J
DATA:
Cardiovasc Diabetol. 2019 Jun 3;18(1):68. doi: 10.1186/s12933-019-0876-3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31159858
Discussion:
  • 急性高血糖は心血管合併症のない EF の保たれた糖尿病患者において左室収縮能低下を引き起こし、GLS や strain の低下を認める。
  • 左室収縮能の低下は血糖コントロール良好となった 3 か月後においても改善しない。
2019年08月28日(水) 担当:沈 卓(助教)
Reference:
Title:
Diabetes Increases Risk of Gastric Cancer After Helicobacter pylori Eradication: A Territory-Wide Study With Propensity Score Analysis.
Author:
Cheung KS
DATA:
Diabetes Care. 2019 Sep;42(9):1769-1775. doi: 10.2337/dc19-0437. Epub 2019 Jul 11.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31296646
Discussion:
uH. pylori 除菌療法を受けた46,000人以上の患者を対象とした全体のコホート研究では、DM が GC リスクの 67 % の増加と関連していることが示唆された。
uDM と GC の関連性を示し、併用薬と併存疾患を調整することの重要性があることが明確になった。
2019年08月27日(火) 担当:堀場 悠(後期研修医)
Reference:
Title:
Sugary drink consumption and risk of cancer: results from NutriNet-Santé prospective cohort.
Author:
Chazelas E
DATA:
BMJ. 2019 Jul 10;366:l2408. doi: 10.1136/bmj.l2408.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31292122
Discussion:
加糖飲料の消費量が多いことは全ての部位を含めた癌と乳癌の発症リスク上昇に関連しており、100 % 果実ジュース個別での検討でもリスクは上昇していた。
これらが癌を予防するための修正可能な因子となり得、課税や市場縮小などの政策も有効ではないかと予想された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ