モーニングレクチャー
コホート(観察)研究
2018年05月15日(火) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Switching from low-dose thiazide diuretics to sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor improves various metabolic parameters without affecting blood pressure in patients with type 2 diabetes and hypertension.
Author:
Kimura T
DATA:
J Diabetes Investig. 2017 Nov 7. doi: 10.1111/jdi.12774.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29110406
Discussion:

31名の2型糖尿病患者に対し,少量のサイアザイド利尿薬をSGLT2阻害薬のイプラグリフロジンへ変更したところ,3ヶ月後に血圧は不変であり,空腹時血糖,HbA1c,尿酸値は有意に低下,BMIと内臓脂肪面積は有意に減少した.

2018年05月12日(土) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Risk of Type 2 Diabetes Among Lesbian, Bisexual, and Heterosexual Women: Findings From the Nurses' Health Study II.
Author:
Corliss HL
DATA:
Diabetes Care. 2018 May 2. pii: dc172656. doi: 10.2337/dc17-2656. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29720541
Discussion:
Lesbian および bisexual の女性( 特に若年 )は、2 型糖尿病の罹患率が heterosexual 女性に比べて有意に高かった。BMI が高値であることがこの差に寄与している。
2018年05月11日(金) 担当:東晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Tentative nil per os leads to poor outcomes in older adults with aspiration pneumonia.
Author:
Maeda K
DATA:
Clin Nutr. 2016 Oct;35(5):1147-52. doi: 10.1016/j.clnu.2015.09.011. Epub 2015 Oct 9.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26481947
Discussion:
誤嚥性肺炎の患者を禁食にすると、治療期間の延長、予後の悪化、嚥下機能の低下を招く可能性が高くなる。
2018年05月10日(木) 担当:馬場園哲也(教授)
Reference:
Title:
Association Between Use of Sodium-Glucose Cotransporter 2 Inhibitors, Glucagon-like Peptide 1 Agonists, and Dipeptidyl Peptidase 4 Inhibitors With All-Cause Mortality in Patients With Type 2 Diabetes: A Systematic Review and Meta-analysis.
Author:
Zheng SL
DATA:
JAMA. 2018 Apr 17;319(15):1580-1591. doi: 10.1001/jama.2018.3024.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29677303
Discussion:

2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬,GLP-1受容体作動薬およびDPP-4阻害薬の臨床的効果をネットワークメタ回帰分析という手法を用いて比較検討した結果, SGLT2阻害薬およびGLP-1受容体作動薬は, DPP-4阻害薬およびプラセボ(または非投与)に比べて全死亡,心血管死亡率および心不全発症数が有意に低いという結果であった.

2018年05月02日(水) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
How do patients with diabetes report their comorbidity? Comparison with administrative data
Author:
Hoffmann J
DATA:
Clinical Epidemiology. 30 April 2018 Volume 2018:10 Pages 499—509. doi.org/10.2147/CLEP.S135872
Abstract:
https://www.dovepress.com/how-do-patients-with-diabetes-report-their-comorbidity-comparison-with-peer-reviewed-article-CLEP
Discussion:
糖尿病の併存疾患につき、患者自身が報告した病状と健康保険データの一致率を検討した。一致率の高い疾患は、心筋梗塞、切断、高血圧症、中等度一致率の疾患は、狭心症、脳梗塞、下肢末梢神経障害、腎疾患、一致率の低い疾患は眼疾患、足潰瘍であった。一致率の低い因子は、高齢、長期罹病期間、併存疾患の数があげられ、高い一致率の因子は高学歴であった

観察研究において患者の自己報告データを使用する場合、データの有効性が限られていることを考慮する必要がある。糖尿病患者には併存疾患に関する情報を提供していく必要がある。