モーニングレクチャー
コホート(観察)研究
2019年07月08日(月) 担当:三浦順之助(准教授)
Reference:
Title:
Continuous Glucose Monitoring Predicts Progression to Diabetes in Autoantibody Positive Children.
Author:
Steck AK
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2019 Aug 1;104(8):3337-3344. doi: 10.1210/jc.2018-02196.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30844073
Discussion:

1型糖尿病発症の高リスク群において、CGMデータの縦断的解析により糖濃度>140mg/dL18%以上の群で、感度75%、特異度100%、陽性的中率100%の精度で1型糖尿病発症が予測できることが判明した。

2019年06月29日(土) 担当:森 友実(後期研修医)
Reference:
Title:
Decreasing Cumulative Incidence of End-Stage Renal Disease in Young Patients With Type 1 Diabetes in Sweden: A 38-Year Prospective Nationwide Study.
Author:
Toppe C
DATA:
Diabetes Care. 2019 Jan;42(1):27-31. doi: 10.2337/dc18-1276. Epub 2018 Oct 23.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30352897
Discussion:
  • 1 型糖尿病患者における ESRD 発生率は低下している。
  • 20 - 34 歳に糖尿病を発症した群では ESRD の発症が少なかった。
  • 性別による ESRD 発生率に有意差は認めなかったが、20 歳以上で糖尿病発症した群では罹病期間が長期化するにつれ、男性で ESRD 発生率は高い傾向にあった。
2019年06月22日(土) 担当:山本 唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Oral Semaglutide and Cardiovascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes.
Author:
Husain M
DATA:
N Engl J Med. 2019 Jun 11. doi: 10.1056/NEJMoa1901118. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31185157
Discussion:
Semaglutide のプラセボに対する非劣性が証明され、心血管疾患のリスクが 80 % 以上である可能性は除外された。服薬中止の原因は主に消化器症状によるものであった。
2019年06月14日(金) 担当:松尾 純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk Factors Associated With Atrioventricular Block.
Author:
Kerola T
DATA:
JAMA Netw Open. 2019 May 3;2(5):e194176. doi: 10.1001/jamanetworkopen.2019.4176.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31125096
Discussion:
降圧療法や血糖管理が房室ブロックを予防するための有用なストラテジーである可能性が示された。
2019年06月13日(木) 担当:橋本 晴子(初期研修医)
Reference:
Title:
Importance of Treatment Status in Links Between Type 2 Diabetes and Alzheimer's Disease.
Author:
McIntosh EC
DATA:
Diabetes Care. 2019 May;42(5):972-979. doi: 10.2337/dc18-1399. Epub 2019 Mar 4.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30833374
Discussion:
高齢の糖尿病未治療群は、正常血糖、前糖尿病、糖尿病薬物療法群に比べ、脳脊髄液中のp-tau高値を認めた。また、糖尿病未治療群は正常血糖、前糖尿病、糖尿薬物療法群に比べ、アルツハイマー病の診断に至る速度が速かった。一方、糖尿病薬物療法群では糖尿病の罹病期間はp-tau検出量と正の相関があり、慢性的高血糖はtau蛋白の機能不全をおこすことが示唆された。以上より、2型糖尿病の薬物療法はアルツハイマー病の発症リスクを軽減することが示唆された。