モーニングレクチャー
1型糖尿病
2017年10月04日(水) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Follow Up of Value of the Intrarenal Resistivity Indices and Different Renal Biomarkers for Early Identification of Diabetic Nephropathy in Type 1 Diabetic Patients.
Author:
Dayem SAE
DATA:
Open Access Maced J Med Sci. 2017 Mar 20;5(2):188-192. doi: 10.3889/oamjms.2017.034. eCollection 2017 Apr 15.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28507626
Discussion:
腎血管抵抗指数( RI )、NGAL、L-FABP、KIM-1 の高値は青年期1型糖尿病の腎症の早期診断のためのバイオマーカ―となる可能性があり、アルブミン尿と独立して腎症の進展と関連する可能性が示唆された。
2017年09月13日(水) 担当:松尾純治(後期研修医)
Reference:
Title:
Exercise Training Improves but Does Not Normalize Left Ventricular Systolic and Diastolic Function in Adolescents With Type 1 Diabetes.
Author:
Gusso S
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1264-1272. doi: 10.2337/dc16-2347. Epub 2017 Jul 18.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28720592
Discussion:
青年期 1 型糖尿病において、20週間の通常強度の運動により、左室機能、有酸素能力の有意な改善を認めた。
Category:
1型糖尿病
2017年09月05日(火) 担当:小林浩子(助教)
Reference:
Title:
Diabetic Ketoacidosis at Diagnosis of Type 1 Diabetes Predicts Poor Long-term Glycemic Control.
Author:
Duca LM
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1249-1255. doi: 10.2337/dc17-0558. Epub 2017 Jun 30.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28667128
Discussion:
1型糖尿病発症時に DKA + であるとその後15年に渡り HbA1c が高い。
それは人種や性別、社会経済状況とは独立している。

Category:
1型糖尿病
2017年08月31日(木) 担当:松浦篤人(前期研修医)
Reference:
Title:
Prevalence of and Risk Factors for Diabetic Peripheral Neuropathy in Youth With Type 1 and Type 2 Diabetes: SEARCH for Diabetes in Youth Study.
Author:
Jaiswal M
DATA:
Diabetes Care. 2017 Sep;40(9):1226-1232. doi: 10.2337/dc17-0179. Epub 2017 Jul 3.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28674076
Discussion:
・糖尿病の若者の間で DPN の割合は高く、早期スクリーニングとより良いリスク要因管理の必要性が ある
・血糖コントロール不良および脂質異常の若者への介入は、神経障害合併症を予防・遅延させる可能性がある
2017年08月26日(土) 担当:麻沼卓弥(後期研修医)
Reference:
Title:
Risk of Severe Hypoglycemia in Type 1 Diabetes Over 30 Years of Follow-up in the DCCT/EDIC Study.
Author:
Gubitosi-Klug RA
DATA:
Diabetes Care. 2017 Aug;40(8):1010-1016. doi: 10.2337/dc16-2723. Epub 2017 May 26.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28550194
Discussion:
DCCT期間中、強化療法群では3倍の重症低血糖( Sever hypoglycemia;SH )を増加させた。その後の EDIC により 20 ~ 30 年間経過を follow up したところ、SH は低下もしくは横ばいであった。SH の主要なリスクとしては、HbA1c 値の低下及び、SH の既往のある患者群であった。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ