モーニングレクチャー
1型糖尿病
2018年02月16日(金) 担当:保科早里(助教)
Reference:
Title:
Dulaglutide Treatment Results in Effective Glycemic Control in Latent Autoimmune Diabetes in Adults (LADA): A Post-Hoc Analysis of the AWARD-2, -4, and -5 Trials.
Author:
Pozzilli P
DATA:
Diabetes Obes Metab. 2018 Jan 27. doi: 10.1111/dom.13237. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29377522
Discussion:
LADA にデュラグルチドを投与した際の血糖コントロール変化を 1 年間調査し、T2DM と比較検討する。インスリン分泌がある程度保持されている LADA であれば、T2DM と同様に少なくとも 1 年間は HbA1c を低下させ、HOMA-β も増加させた。GAD 抗体が 200 IU / ml 以上の高抗体価の場合は、低抗体価群に比べて HbA1c の低下がやや少なかった(有意差なし)。また、シタグリプチンに比べるとデュラグルチド併用群の方が HbA1c は有意に低下した。
Category:
1型糖尿病
2018年02月03日(土) 担当:髙木聡(助教)
Reference:
Title:
Effects of Preceding Ethanol Intake on Glucose Response to Low-Dose Glucagon in Individuals With Type 1 Diabetes: A Randomized, Placebo-Controlled, Crossover Study.
Author:
Ranjan A
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan 22. pii: dc171458. doi: 10.2337/dc17-1458. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29358493
Discussion:
グルカゴンに対する血糖上昇の効果は、エタノール摂取 8 - 9 時間後に低下する傾向があることがわかった。
2018年02月02日(金) 担当:内田明宏(後期研修医)
Reference:
Title:
Maternal obesity as a risk factor for early childhood type 1 diabetes: a nationwide, prospective, population-based case-control study.
Author:
Lindell N
DATA:
Diabetologia. 2018 Jan;61(1):130-137. doi: 10.1007/s00125-017-4481-2. Epub 2017 Nov 2.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29098322
Discussion:
母親の肥満は、母親の非糖尿病の場合、子供の 1 型糖尿病の危険因子であり、また 1 型糖尿病の発症年齢に影響を及ぼす。 1 型糖尿病の発症率を滞在的に低下させるために、正常な母体 BMI が重要である。
Category:
1型糖尿病妊娠
2018年02月01日(木) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Low-grade Inflammatory Marker Profile May Help to Differentiate Patients With LADA, Classic Adult-Onset Type 1 and Type 2 Diabetes.
Author:
Castelblanco E
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan 22. pii: dc171662. doi: 10.2337/dc17-1662. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29358494
Discussion:
成人病発症の 1 型糖尿病、LADA 、2 型糖尿病間で、炎症性バイオマーカ―の差を検討した。1 つのバイオマーカのみで、3 群間の病型の判別は困難であったが、従来のリスクファクターを組み合わせるとより病型を区別しやすくなると考えられた。 
2018年01月23日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Association Between Inflammatory Markers and Progression to Kidney Dysfunction: Examining Different Assessment Windows in Patients With Type 1 Diabetes.
Author:
Baker NL
DATA:
Diabetes Care. 2018 Jan;41(1):128-135. doi: 10.2337/dc17-0867. Epub 2017 Nov 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29118060
Discussion:
1 型糖尿病患者の血中 sTNFR-1/2、sE-selectin、fibrinogen、PAI-1 は、短期の観察期間でも長期の観察期間でも腎機能低下と関連することが示唆された。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ