モーニングレクチャー

2018年04月

2018年04月06日(金) 担当:加藤ゆか(助教)
Reference:
Title:
Risk of Infection in Type 1 and Type 2 Diabetes Compared With the General Population: A Matched Cohort Study.
Author:
Carey IM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Mar;41(3):513-521. doi: 10.2337/dc17-2131. Epub 2018 Jan 12.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29330152
Discussion:
       大規模の英国でのプライマリーケアデータベースで、糖尿病患者は一般の非糖尿病患者と 比較して、ほぼ全て感染症の罹患リスクが増加することがわかった。
       糖尿病関連の感染症罹患率は、細菌感染(肺炎、敗血症、心内膜炎、皮膚感染、骨・関節の感染等)、真菌感染(真菌症)共に、1型糖尿病(T1DM)・2型糖尿病(T2DM)両方で明らかに増加している。
       特にその中で、感染罹患率は、T1DMで一貫して高値である。
       糖尿病患者の中で、最も感染リスクが高く、予後が悪い(入院・死亡)のは、特に、高齢者(70歳以上)、病的肥満者(BMI 40 kg/㎡)、喫煙者、長期の糖尿病罹患歴のある患者(T2DM)、深刻な併存疾患を持つ患者、より貧困格差のある地域に住んでいる患者であった。
      今後、重症な感染症、感染症に対する治療不足による重症化を防ぐような、さらなる治療戦略および教育の調査と開発が必要と考えられた。
Category:
その他
2018年04月05日(木) 担当:飛松唯(後期研修医)
Reference:
Title:
Vitreous IL-8 and VEGF levels in diabetic macular edema with or without subretinal fluid.
Author:
Yenihayat F
DATA:
Int Ophthalmol. 2018 Mar 9. doi: 10.1007/s10792-018-0874-6. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29524030
Discussion:
硝子体中 IL-8 濃度は SRF を含まない DME 患者よりも SRF を含む DME 患者で高く、炎症が DM 患者の SRF 形成の進行における重要な要因であることを示唆している。
Category:
眼合併症
2018年04月04日(水) 担当:鈴木智子(後期研修医)
Reference:
Title:
Precision Medicine in Type 2 Diabetes: Clinical Markers of Insulin Resistance Are Associated With Altered Short- and Long-term Glycemic Response to DPP-4 Inhibitor Therapy.
Author:
Dennis JM
DATA:
Diabetes Care. 2018 Apr;41(4):705-712. doi: 10.2337/dc17-1827. Epub 2018 Jan 31.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29386249
Discussion:
・インスリン抵抗性のマーカーが高いことは、DPP4 阻害薬の血糖への影響が低下してしまうことと関連があった。

・2 型糖尿病患者に対する DPP4 阻害薬治療への適応を検討する際に重要であると考えられた。
2018年04月03日(火) 担当:井倉和紀(助教)
Reference:
Title:
Low-Density Lipoprotein Cholesterol Lowering With Evolocumab and Outcomes in Patients With Peripheral Artery Disease: Insights From the FOURIER Trial (Further Cardiovascular Outcomes Research With PCSK9 Inhibition in Subjects With Elevated Risk).
Author:
Bonaca MP
DATA:
Circulation. 2018 Jan 23;137(4):338-350. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.032235. Epub 2017 Nov 13.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29133605
Discussion:
スタチン治療と PCSK 9 阻害薬エブロクマブを併用し、LDL-C を厳格にコントロールすることで、PAD 患者においても心血管イベントを抑制する可能性がある。

2018年04月02日(月) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ