モーニングレクチャー

2018年04月

2018年04月12日(木) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年04月11日(水) 担当:
Reference:
Title:
本日はありません
Author:
DATA:
Abstract:
Discussion:
Category:
2018年04月10日(火) 担当:山下真平(後期研修医・大学院生)
Reference:
Title:
Regression of albuminuria and its association with incident cardiovascular outcomes and mortality in type 1 diabetes: the FinnDiane Study.
Author:
Jansson FJ
DATA:
Diabetologia. 2018 May;61(5):1203-1211. doi: 10.1007/s00125-018-4564-8. Epub 2018 Feb 8.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29423580
Discussion:
糖尿病腎症の進行は心血管疾患リスクや死亡リスクを高めるが、腎症を寛解させることは、腎症を進行させずにその寛解後の腎症ステージを維持させる場合と同程度に心血管疾患リスクや死亡率を下げることが示唆された。
2018年04月09日(月) 担当:佐藤麻子(教授)
Reference:
Title:
Change in Overweight from Childhood to Early Adulthood and Risk of Type 2 Diabetes.
Author:
Bjerregaard LG
DATA:
N Engl J Med. 2018 Apr 5;378(14):1302-1312. doi: 10.1056/NEJMoa1713231.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29617589
Discussion:

7 歳での小児過体重は、それが思春期またはそれ以降の年齢まで続いた場合にのみ、成人2 型糖尿病のリスク増加と関連していた。

Category:
2型糖尿病肥満
2018年04月07日(土) 担当:井出理沙(助教)
Reference:
Title:
Comparison of Ipragliflozin and Pioglitazone Effects on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Patients With Type 2 Diabetes: A Randomized, 24-Week, Open-Label, Active-Controlled Trial.
Author:
Ito D
DATA:
Diabetes Care. 2017 Oct;40(10):1364-1372. doi: 10.2337/dc17-0518. Epub 2017 Jul 27.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28751548
Discussion:
イプラグリフロジンはNAFLD合併T2DMにおいて、 ピオグリタゾンと同等の効果があり、さらにVFA減少効果が見られた。
カテゴリー別アーカイブ
月別アーカイブ