モーニングレクチャー

2019年03月

2019年03月30日(土) 担当:東 晴名(後期研修医)
Reference:
Title:
Association of Statin Therapy With Prevention of Vision-Threatening Diabetic Retinopathy.
Author:
Kang EY
DATA:
JAMA Ophthalmol. 2019 Jan 10. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2018.6399. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30629109
Discussion:
スタチン治療により、脂質異常症を合併した2型糖尿病患者において、網膜症の進行を抑えることが出来る。
2019年03月29日(金) 担当:前田 有貴子(前期研修医)
Reference:
Title:
Risk factors for developing dementia in type 2 diabetes mellitus patients with mild cognitive impairment.
Author:
Albai O
DATA:
Neuropsychiatr Dis Treat. 2019 Jan 3;15:167-175. doi: 10.2147/NDT.S189905. eCollection 2019.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30655669
Discussion:
2型糖尿病患者のうち軽度認知機能低下は認知症になりやすく、定期的に認知機能を評価されるべきである。MMSEを定期的に行うことで軽度認知機能低下の早期発見が可能となる。また認知機能低下を予防するには血糖コントロールと糖尿病の管理全般が大切だ。
2019年03月28日(木) 担当:鬼澤 英俊(前期研修医)
Reference:
Title:
Impact of Early Diaetic Ketoacidosis on the Developing Brain.
Author:
Aye T
DATA:
Diabetes Care. 2019 Mar;42(3):443-449. doi: 10.2337/dc18-1405. Epub 2018 Dec 20.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30573652
Discussion:
  • 診断時の幼児における中等度 / 重度の DKA の単一エピソードは、認知スコアの低下と脳の成長の変化に関連している。
  • 1 型糖尿病の早期診断および DKA の予防が、発生中の脳に対するケトアシドーシスの長期的影響を軽減するかどうかを評価するためには、さらなる研究が必要である。
Category:
その他合併症
2019年03月27日(水) 担当:三浦順之助(准教授)
Reference:
Title:
Treatment of type 1 diabetes with teplizumab: clinical and immunological follow-up after 7 years from diagnosis.
Author:
Perdigoto AL
DATA:
Diabetologia. 2019 Apr;62(4):655-664. doi: 10.1007/s00125-018-4786-9. Epub 2018 Dec 19.
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30569273
Discussion:
以前行われたAbATEAutoimmunity-Blocking Antibody for Tolerance trial)の7年後のフォローアップ解析を行った。7年後では、コントロール群、non-responder群、responder群間でインスリン使用量、HbA1c、重症低血糖の頻度に有意差はなくなっていた。しかし、 CD8+central memory T  cellexhausted CD8+T cellanergy CD8+T cellanergy CD4+T cellが増加しており、これらのT細胞のサブセットの違いが内因性インスリン分泌能の残存に関与している可能性が示唆された。
2019年03月26日(火) 担当:小林浩子(講師)
Reference:
Title:
Excess Burden of Mental Illness and Hospitalization in Young-Onset Type 2 Diabetes: A Population-Based Cohort Study.
Author:
Ke C
DATA:
Ann Intern Med. 2019 Jan 15. doi: 10.7326/M18-1900. [Epub ahead of print]
Abstract:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30641547
Discussion:

40歳未満で2型糖尿病と診断された患者は、その後就業可能な全年齢を通じて、成人期早期には精神的な重荷などから、そして中期以降は心血管疾患や腎合併症により、入院を要することが多い。

 YOD患者のこうした現状を行政、雇用者、医療者が把握し、これらの患者の身体・心理面含めたQOL改善のための、より統合されたヘルスケアシステムの構築が急務である。

Category:
その他