モーニングレクチャー

2016年05月

2016年05月31日(火) 担当:田中紗代子(後期研修医)
Reference:
Title:
Adrenal Insufficiency in Corticosteroids Use: Systematic Review and Meta-Analysis.
Author:
Broersen LH
DATA:
J Clin Endocrinol Metab. 2015 Jun;100(6):2171-80. doi: 10.1210/jc.2015-1218. Epub 2015 Apr 6.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25844620
Discussion:
ステロイド減量あるいは中断による副腎機能不全は用量依存性、内服期間依存性に発症する。服用手段に関しては関節注射、経口内服での発症が多かった。基礎疾患が重症であるほど、副腎機能不全発症頻度は高い。しかし副腎機能不全のリスクが低いとされる吸入や外用患者でも副腎機能不全発症のリスクはあり、短期使用者でもストレス時はステロイドカバー(2~3倍量)を行うことが大切である。
Category:
2016年05月30日(月) 担当:亀田裕介(助教)
Reference:
Title:
Five-year visual acuity outcomes and injection patterns in patients with pro-re-nata treatments for AMD, DME, RVO and myopic CNV.
Author:
Wecker T
DATA:
Br J Ophthalmol. 2016 May 23. pii: bjophthalmol-2016-308668. doi: 10.1136/bjophthalmol-2016-308668.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27215744
Discussion:

AMD,DME,RVO,myopic CNVに対する抗VEGF薬のpro-re-nata投与方法での視力および投与回数の5年成績

現在、抗VEGF硝子体注射は加齢黄斑変性症(AMD)、糖尿病黄斑浮腫(DME)、網膜静脈閉塞症(RVO)、近視性脈絡膜新生血管(myopic CNV)などの網膜疾患に対して広く臨床応用されている。また投与方法については病状に応じて投与の要否をその都度、判断するpro-re-nata投与が実臨床に即していると考えられる。そこで本研究では、単一施設での各疾患に対する抗VEGF硝子体注射のpro-re-nata投与による視力および投与回数などの5年成績を明らかにした。結論としてAMD1年目までの最高獲得文字数は5.2文字であったが、これが維持されず、既に1年経過時点より視力は低下しており、かつ注射回数も減少しなかった。一方で、DMERVOは5年経過時点で約80%の症例が視力維持または15文字以上の視力改善を達成しており、注射回数も経時的に減少していた。

Category:
2016年05月28日(土) 担当:望月翔太(後期研修医)
Reference:
Title:
Sodium-Glucose Linked Cotransporter-2 Inhibition Does Not Attenuate Disease Progression in the Rat Remnant Kidney Model of Chronic Kidney Disease.
Author:
Zhang Y
DATA:
PLoS One. 2016 Jan 7;11(1):e0144640. doi: 10.1371/journal.pone.0144640. eCollection 2016.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26741142
Discussion:
SGLT2阻害薬のCKDに対する腎保護作用を検討したが、本研究では示せなかった。しかし、 SGLT2阻害薬のTGF機構を介し、糸球体過ろ過を改善させる働きへ向かわせることも可能であるとされ、今後、DMモデルなど、さらなる研究が必要である。
Category:
2016年05月27日(金) 担当:田中伸枝(助教)
Reference:
Title:
Blood-Pressure and Cholesterol Lowering in Persons without Cardiovascular Disease.
Author:
Yusuf S
DATA:
N Engl J Med. 2016 May 26;374(21):2032-2043. Epub 2016 Apr 2.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27039945
Discussion:
ロスバスタチンとカンデサルタン+HCTZの併療は、中等度リスク患者において有意に心血管イベントの発症リスクを低下させた。
Category:
2016年05月26日(木) 担当:杉本哲理(後期研修医)
Reference:
Title:
Lanosterol reverses protein aggregation in cataracts.
Author:
Zhao L
DATA:
Nature. 2015 Jul 30;523(7562):607-11. doi: 10.1038/nature14650. Epub 2015 Jul 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26200341
Discussion:
ラノステロールが培養培地、ウサギ、イヌの実験で再透明化、ないし軽減させた。
Category: