モーニングレクチャー

2015年07月

2015年07月30日(木) 担当:福嶋はるみ(講師)
Reference:
Title:
Interventions for Diabetic Retinopathy in Type 1 Diabetes: Systematic Review and Meta-Analysis.
Author:
Virk SA
DATA:
Am J Ophthalmol. 2015 Jul 22. pii: S0002-9394(15)00448-1. doi: 10.1016/j.ajo.2015.07.024.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26210869
Discussion:

強化インスリン療法、特に持続皮下インスリン注入療法は、糖尿病網膜症の発症も進展も阻止する。高血圧治療薬の一部、膵島移植も糖尿病網膜症の進展阻止効果がある。

Category:
2015年07月29日(水) 担当:村上(前期研修医)
Reference:
Title:
Ezetimibe Added to Statin Therapy after Acute Coronary Syndromes.
Author:
Cannon CP
DATA:
N Engl J Med. 2015 Jun 18;372(25):2387-97. doi: 10.1056/NEJMoa1410489. Epub 2015 Jun 3.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26039521
Discussion:
スタチンにエゼチミブを加えることにより、さらにLDL-C値が下がり、心血管イベントが減少する。
Category:
2015年07月28日(火) 担当:矢納和香子(後期研修医)
Reference:
Title:
Exposure to parental smoking in childhood is associated with increased risk of carotid atherosclerotic plaque in adulthood: the Cardiovascular Risk in Young Finns Study.
Author:
West HW
DATA:
Circulation. 2015 Apr 7;131(14):1239-46. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.114.013485. Epub 2015 Mar 23.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25802269
Discussion:
成人期の頸動脈プラークは小児期の受動喫煙に影響を受けるが、親が喫煙マナーを守っている場合は頸動脈プラークのリスクが抑制される。
Category:
2015年07月27日(月) 担当:三浦順之助(講師)
Reference:
Title:
Microneedle-array patches loaded with hypoxia-sensitive vesicles provide fast glucose-responsive insulin delivery.
Author:
Yu J
DATA:
Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 Jul 7;112(27):8260-5. doi: 10.1073/pnas.1505405112. Epub 2015 Jun 22.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26100900
Discussion:

インスリン、2-nitroimidazoleヒアルロン酸、グルコースオキシダーゼを使用して化学的に作成したブドウ糖応答性の分泌顆粒は、マイクロニードルパッチによるインスリン皮下投与により、低血糖を避けながら有効な血糖降下作用を有し、今後一つclosed-loopとしての使用が期待される。

Category:
2015年07月25日(土) 担当:岡征児(後期研修医)
Reference:
Title:
Borderline ankle-brachial index is associated with increased prevalence of micro- and macrovascular complications in type 2 diabetes: A cross-sectional analysis of 12,772 patients from the Joint Asia Diabetes Evaluation Program.
Author:
Yan BP
DATA:
Diab Vasc Dis Res. 2015 Jul 3. pii: 1479164115590559.
Abstract:
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26141965
Discussion:
MD患者では、B群はP群の2倍の患者がおり、B群でもN群と比べると細小血管障害、大血管障害は20-30%増加する。B群の患者をインスリンやRAS阻害薬、スタチンなどを用いて積極的に治療することで、大血管病変や腎合併症を減らせる可能性がある。
Category: